キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・神楽坂】落ち着いた和の空間で味わう創作料理に虜になる『今彩』で過ごす上質な時間

 東西線・神楽坂駅の近くにある『今彩(コンサイ)』は、和食とフレンチのテイストを融合させた個性豊かな創作料理が味わえるお店です。ほんのり柔らかな明りが灯る店内には、契約農家から仕入れる色とりどりの季節野菜が並びます。“フレンチジャパニーズ”をコンセプトにした多彩な料理で、デートや大切な記念日、接待などでお客様をもてなしています。今回は、代表の熊谷さんにお話を伺いました。

しっとり大人の空間にお邪魔します…

 神楽坂の路地裏に佇む、一軒家のような外観。門をくぐった先では、夜になると趣の増す奥ゆかしい玄関が迎えてくれます。通り過ぎてしまいそうなさりげなさでそこにある『今彩』は、“ちょっと隠れ過ぎていますね…”と店主も微笑む隠れ家的なお店です。

 店内は木を配した上質な和の空間が広がり、柔らかな照明のもとでゆったりと食事を楽しめます。オープンカウンターに並ぶ野菜は、埼玉や千葉などの契約農家から仕入れる、採れたてで甘みが強いものばかりです。暗めの落ち着いた雰囲気は、ディナーデートにもぴったりですね。

日本人だからこそ、“和”へのこだわりを

 熊谷さんが料理の世界に飛び込んだきっかけは、サーフィン好きが高じて、海辺にレストランを出すという夢を抱いたことでした。“料理をやるなら、頂点のレベルを知ってからでなければ”という思いを胸に一流レストランで修業を始め、フレンチのシェフとして腕を磨いてきたそうです。

 そんなある日、熊谷さんはふと考えます。“日本人として、和食の素晴らしさこそ見直すべきなのでは”と。「海外に勉強に行ったときに、全米トップ3のレストランで“和っぽい”料理の出し方をしていたんです。遠く離れた外国で、和食の繊細な魅力に改めて気付かされて。“日本人として、自分にしかできないものは何か?”と考えた時、和をベースにフレンチの技術を取り入れた、オリジナルの料理を作ってみたいと思ったんです。」

 フランス人学校や日仏学院があり、古くからフランスと親交の深い神楽坂は“東京の小さなパリ”とも呼ばれ、お洒落なレストランやチーズ専門店も軒を連ねています。日仏の文化が融合したこの街に、2006年8月、『今彩』をオープンしました。
 実は以前火災に見舞われ、レシピを全て失ってしまった苦い思い出を持つ同店。打ちひしがれる中でも、温かく励ましてくれるお客様や取引先の声を支えに、ゼロからレシピを書きおこしたのだそうです。

目に美しい、そして美味しい多彩な料理


▲子羊背肉 スイートチリ風味(1,730円)

 「家族が揃った時に、お子様からお年寄りまで幅広い世代が楽しめる料理を提供すること」を心がけている同店は、和の中にフレンチのテイストを融合させた創作料理が自慢です。どの料理にも野菜がたっぷり添えられ、見て美しく、そして味わって大満足の一皿が揃います。寒い時期には、魚介の旨味が染みだした“オリジナルブイヤベース鍋 今彩風”、“今日届いた野菜の煮込みポトフ”など、栄養たっぷりの料理で温まりましょう。みちのくの大地が育んだ“清流鶏のビッグチキンカツレツ”は期間限定、力をつけたい時に食べたいジューシーな逸品です。


▲いろいろ野菜の鉄板焼き マルドングリスタルソルトで(2,100円)

 農家が手塩にかけて育てた野菜は、火を通すと甘みがグッと引き出され、野菜の常識を変える美味しさが味わえます。つるんとしたトマト、香ばしい焼き目とねっとり食感の対比が楽しいオクラ、ほくほくのかぼちゃなど、食感の違いも楽しいですね。
 瑞々しい葉物野菜やシャキシャキの根菜、新鮮な魚介にナッツの食感が加わった“今彩サラダ メリメロ”は、20種類もの具材が楽しめる具だくさんサラダです。

お好みで選べる嬉しいコースメニュー

 軽めに召し上がりたい方に嬉しい“味彩(あじさい)”、野菜中心のヘルシーコース“彩彩(さいさい)”など、お好みに合わせたコースは4種類。野菜や肉、魚介がまんべんなく楽しめる“色彩(しきさい)”には、お重に入ったお楽しみのデザートが付いてきます。また、シェフおまかせのコース“今彩(こんさい)”では、お客様のリクエストに応じた料理を用意することも可能とのこと。大切な日のお食事も、『今彩』におまかせしてみてはいかがでしょうか。

“日常だけど非日常”

 親しみ深い“日常”の食材を、日常から奥まった“非日常”の空間でしっとり味わえる『今彩』。その屋号には、美味しい料理で“今という時間を彩る”こと、“根菜”、“彩り豊かな野菜”と色々な意味が込められています。

 「良い素材を使っているのはアピールすることじゃなくて、どのお店も普通にすべきことなんです。だから、それ以外の面でお客様に“来てよかったな”と思っていただくために、これからも邁進していきたいと思います。」と熊谷さんは熱く語ってくれました。

 訪れる人を魅了してやまない“フレンチジャパニーズ”が彩る上質な空間。その魅力を確かめに、『今彩』に足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗名 今彩(コンサイ)
住所 東京都新宿区神楽坂6-26-8
電話番号 03-5261-2841
アクセス 東京メトロ東西線神楽坂駅1番出口から徒歩1分
営業時間 18:00~24:00(LO23:00)
定休日 元旦(その他不定休ですが、ご予約の場合は営業いたします。)
ホームページ https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13037142/
店舗詳細はこちら