キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・上高井戸】煮干、節、魚介にこだわった『麺処 しろくろ』で至極の一杯を堪能しよう

 京王線八幡山駅から歩いてすぐのところに、2019年12月11日にオープンしたばかりの『麺処 しろくろ』があります。
 煮干しや節、魚介にこだわり、ここでしか味わえない絶品のラーメンを提供している同店。地域の方やラーメン好きを中心に、今、人気を集めています。

カウンター6席のみ 心地良い店内

 店内は、カウンター6席のみのこぢんまりとした空間となっています。各席にはランチョンマットが敷いてあり、ちょっとおしゃれな雰囲気。
 調理から接客まで店主ひとりでおこなっていますが、てきぱきとした動きと丁寧な接客で待ち時間もあまりなく、居心地良く過ごせます。どの席からも調理している姿が見えるので、待ち時間も退屈せずに過ごせますよ。

 営業時間は、11:30~14:30のお昼の部と、17:30~21:30の夜の部にわかれています。特にお昼どきには満席になってしまうこともあるほどの人気ぶり!早めの時間に訪れるか、ピークの時間帯を外して行くのがおすすめです。

食材へのこだわりも抜かりなし


▲鯛煮干とエソ煮干の塩そば(※現在は販売していません。)

 ラーメンづくりのなかで特に重要な食材となる麺は、業務用麺の製造をおこなっている三河屋製麺から仕入れています。
 通常、製粉作業をおこなうさい、表面についた汚れをとるために、小麦を磨く作業をおこないます。同店では、北海道産の小麦粉「春よ恋」を、通常よりもさらに磨いて使用。もちもちとしたコシのある食感が特徴で、小麦粉の良い香りも楽しめます。

 かえしに使う塩にもこだわりがあります。使用しているのは、淡路島産の自凝雫塩(おのころしずくしお)。ほかに余分なものは一切入れず、原材料は淡路島の海水のみです。海水を鉄釜で約40時間ほど煮てつくりだすのだそう。手間をかけているぶん、塩辛さだけでなく、甘みや苦みを感じられる塩に仕上がります。

味変や〆まで楽しめる自慢のラインナップ

 メニューはどれも、納得がいくまで試行錯誤を重ねて完成した自信作ばかり!こだわりをもって一杯一杯丁寧につくっているからこそ、ここでしか味わえないラーメンを楽しめます。

煮干し醤油そば

 メニュー名の通り、煮干しをふんだんにつかった、煮干し好きにはたまらない一杯です。スープに使用しているのは、伊吹産の白口煮干や、平子煮干、鰺煮干、さんま煮干しの4種類の煮干しのみ。それぞれの甘みやあっさりとした味わい、コクを活かしつつも、バランスが良くなるように組み合わせを調整しています。


▲焦がし玉ネギオイル

 煮干し醤油そばには、「焦がし玉ネギオイル」がセットでついてきます。そのままでもおいしいですが、こちらを入れることで玉ネギやオイルの風味が加わって、また違ったおいしさになります。味変を楽しみたい方はぜひ入れてみてください。

浅蜊とムール貝の汐そば

 「浅蜊とムール貝の汐そば」のスープは、国産の浅蜊のみを使用。浅蜊の旨みがギュッと凝縮されています。口に入れると最初にムール貝の香りがふわっと広がり、その後、徐々に浅蜊の香りが広がっていきます。もちろん、香りだけでなく味わいもしっかりと堪能できますよ。

 麺や具を食べ終わったら、同メニューの〆用に提供している「ガリバタ飯」も注文してみてください。バターを混ぜたご飯に、残りのスープをかけていただきます。バターと貝の旨みが絶妙にマッチして絶品。〆にぴったりだと、お客さまからも好評です。

節そば(ぶしそば)

 鰹節や鮪節、宗田鰹節、鯖節、ムロアジ節、さんま節の6種類の節をつかった「節そば」。上品であっさりした味わいがくせになります。

のどぐろ煮干の白醤油そば

 2020年2月26日から提供が開始されるのが「のどぐろ煮干の白醤油そば」です。スープは2種類の醤油をブレンドし、トッピングには炙りのどぐろの昆布締めやからすみ、いくらなどをのせた贅沢な一杯とのこと!一日25食前後と数量限定のため、気になる方は早めの時間帯での来店がおすすめです。

 どのメニューもスープがなくなり次第終了です。営業終了時間前に売り切れてしまうことも少なくありません。

 ちなみに、トッピングメニューは、煮豚チャーシューや豚低温チャーシュー、合鴨の低温調理、半熟味玉。ご飯ものは「きぬむすめ」という品種のお米をつかった、浅蜊の浜めしや不定期限定めしなどをそろえています。アルコールもいくつか用意しているので、ゆっくりと飲みながらでも食事を楽しめますよ。

『麺処 しろくろ』のこだわり

 自信をもっておいしいといえる一杯を提供するため、一切妥協することなく、こだわりを貫いたラーメンづくりをしている『麺処 しろくろ』。納得のいくスープができなかったときには営業をお休みすることもあるほどです。そんなこだわりのラーメンを味わいに、近くへお立ち寄りのさいは一度訪れてみてはいかがでしょうか。

店舗名 麺処 しろくろ
住所 東京都杉並区上高井戸1-1-7
アクセス 京王線八幡山駅から徒歩約1分
営業時間 11:30~15:00 / 17:30~22:00
定休日 不定休
ホームページ https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131809/13242508/
SNS
店舗詳細はこちら