キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【沖縄・うるま】星空を背景に撮影しながらツアーをおこなう『小さな島のフォトスタジオ』で伊計島の魅力を満喫!

 迫力満点の闘牛や伝統的なエイサー発祥地として有名なうるま市。うるま市内にある伊計島は、沖縄本島の中でも星がきれいなスポットであることをご存知でしょうか?旅の想い出に、うつくしい星空を背景に幻想的な写真を撮るスタジオがあります。それが2017年にオープンした『小さな島のフォトスタジオ』です。

 撮影のこだわりについて、星景写真家でオーナーの新垣さんにお話をうかがってきました。

うるま市を知ってもらえるきっかけの場所にしたい

 20代のころに内地のIT系企業に勤めていた新垣さんは、30歳を迎えたのを機に地元・うるま市に戻ることを決意します。地元で同じような職に就くことに、つまらなさを感じていた新垣さん。帰郷して1ヶ月間は、現地で釣りやドライブをしながら今後について考えていたそうです。

――カメラマンになって、スタジオを構えた理由は、どのようなものだったのでしょう?

 「夜に市内をドライブをしていて、星がすごくきれいなことに気づいたんです。それで、うるま市の面白さを改めて確認して、この地域をPRする仕事をしたいと思ったことがスタートです。星のうつくしさを利用して、地元を盛り上げたり観光で訪れた人に喜んでもられることができればいいなと思って。調べると、市内の伊計島が、一番星をきれいに見ることができる場所だと知ったんです。昔カメラをちょっとだけ触っていたので、観光客をうるま市に呼んで、星と一緒に一緒に撮ってあげようと考えました。それで、星空ツアーもおこなうスタジオを構えようと決めたんです。」

 新垣さんはこうして、“星に詳しいカメラマン”として『小さな島のフォトスタジオ』の営業をスタートしました。活動していくために、一からカメラや星の勉強をし直したといいます。

歴史のある古民家を利用したスタジオ

 “星空ロケーションスタジオ”とも呼ばれている同店。撮影するときには、まずは拠点となる古民家に集合します。しかし、戸内には一般的なスタジオにある受付や機材といった設備がありません。

――ここで撮影はおこなっていないのでしょうか?

 「『小さな島のフォトスタジオ』はあくまでもロケーションスタジオになります。なので、ここは休憩場所というか。まずここに集合していただいて、伊計島のさまざまなスポットに向かいます。なので、プロフィール写真や七五三といった節目の撮影はおこなっていません。この場所に一回集合して、遊びにいきましょうっていう感じですね。」

幻想的な写真を撮影

 特に魅力的なプランは、“星空フォトツアー”。“星のソムリエ”の肩書きも持つ新垣さんのガイドのもと、星観光をしながら撮影をおこなっていきます。
 ただ星空を背景にするだけではなく、ペンライトやイルミネーションといった小道具を使って、アートな写真を残していくのだとか。

――撮影時のこだわりを教えてください。

 「やっぱり、うるま市で撮っているので、それが生きている写真作りです。そうなると、星がきれいに見えることに重きを置くんですけど、夜からの撮影になるんですね。基本的に、20時、22時、0時、2時のコマで出発します。そこで気をつけていることが、安全面。僕は撮影の2時間前からロケハンしています。」

――深夜の野外撮影になるので安全面に対して不安がよぎりますが、ロケハン済みと聞くとその不安はなくなりますね。

 「昼間は知っているビーチだけど夜は来たことがないってなると、僕自身も不安になるので全部チェックしてからお客さんを迎えに行きます。雲の動きや潮の満ち引きのほか、ビーチはきれいか、駐車場は埋まっていないか。往き来する道が草むらになっていたら、草を刈って道を作ることもありますよ。」

 そして、星座の位置も調べてから撮影をスタートする新垣さん。ちなみに、家族や女子旅などの大人数、星が好きな方には、“プレミアムプラン(1組・24,000円)”がおすすめです。これにはペンライトアートやイルミネーションも含まれています。

星のうつくしさを発信していくプロジェクト

 県民の中には、うるま市の星がうつくしいことを知らない人も多いそう。そんな状況の中で、新垣さんは星のうつくしさを発信していくプロジェクトを立ち上げました。

――星や地域の認知度を高めるために立ち上げた“うるま星空プロジェクト”について教えてください。

 「星空フォトコンテストや流星群の撮影会や観望会をおこなっています。日食の撮影会をしたこともありますよ。中部で星を見るのであれば、読谷村とか恩納村の名前が挙がると思うんですけど、ほかのスポットに比べてどれだけインパクトを与えられるかがポイントだと思ってます。最近は星空ナイトヨガっていうのもはじめました。ヨガの先生が月に3、4回くるんですけど、そのタイミングで夜空の下でおこなうイベントです。」

 プロジェクトには一般のお客さまがうるまの星空のうつくしさを満喫できるイベントが盛りだくさん!ぜひこちらのHPもチェックしてみてくださいね。

地元を盛り上げていく拠点に

 はじめてうるま市を訪れた方に「星ってこんなにきれいなんだね!」「うるま市、おもしろそうだから、昼間も遊びにきます!」と言っていただけたときには大きなやりがいを感じると新垣さんは話します。

 「うるま市って沖縄の東側に位置しているんです。月や星座は、すべて東側から昇ってきます。なので、例えば天の川が海上から立ち上がってきたりだとか、一番最初にそれを見ることができるのはこの地域なんです。僕が、こうして星の解説もできるので、撮影以外の星の楽しみ方も一緒にお話しさせていただきます。」

 うるま市のおもしろさを発信する『小さな島のフォトスタジオ』。皆さんも家族や友だち、恋人と沖縄を訪れたときには、ぜひ幻想的な星空をバックに、記念の一枚を残してみてはいかがでしょうか。

店舗名 小さな島のフォトスタジオ
住所 沖縄県うるま市与那城屋平4 あやはし館前 駐車場(集合場所)
電話番号 090-5938-3857
アクセス 沖縄バス JA与那城前バス停留所から徒歩34分
営業時間 10:00~19:00
定休日 なし
ホームページ https://chiiphoto.localinfo.jp/
SNS
店舗詳細はこちら