キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【北海道・東区】店内はまるで南国の雰囲気!『FAT BAMBOO』こだわりのスープカレーはクセになるおいしさ

 北海道ですっかり定番の人気グルメとなったスープカレー。専門店が続々と出店し、さまざまなスパイスや具材を使い趣向を凝らした、お店独自のスープカレーが登場しています。『FAT BAMBOO』は、スープカレー屋が密集する札幌市内にオープンして、2018年で12年目を迎えます。カレー屋にしては珍しい、南国の雰囲気を感じられるお店です。自信を持っておすすめできるカレーを作ることにこだわり、ここでしか食べられない味を提供しています。

好きが高じてお店をオープン

 以前から自分でお店を開くことに興味があったオーナーの田湯さん。何のお店を開こうか考えていた時に出会ったのが、スープカレーです。驚きのおいしさにすっかり虜となり、スープカレー店巡りをしながら友人が経営するお店で3年間修業をしました。独立のために物件を探していたタイミングで、当時田湯さんが大好きだったお店が閉店することに。知人の紹介を通して場所を譲り受け、スープカレー屋『FAT BAMBOO』をオープンしました。

カレー屋とは思えない南国の雰囲気

 店内は『FAT BAMBOO』の由来にもなっている竹をメインに使い、ハワイのバーをイメージした内装にしています。まるで南国にいるような雰囲気で、思わずカレー屋であることを忘れてしまいそうな空間です。
 同店では田湯さんがひとりでカレーを作っているため、時には少しお待たせしてしまうことも。そんな時のためにお店にはマンガが置いてあります。自由に読みながら、リラックスして待ち時間を過ごすことができますよ。

自信を持っておすすめできる特製のカレー

 せっかくお店を開いたなら、自分の好きなカレーを提供しないと意味がないと考えた田湯さん。流行りに影響されず、自信をもっておいしいと思える味を追求しました。スープカレーと聞くとさらっとしたカレーを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、同店はどろっとしたルーが特徴的です。そのとろみの正体はたっぷりと使った玉ねぎにあります。食感がほのかに残るくらいまで炒めてじっくり煮込んでいるので、玉ねぎの甘味が溶け込んだこってりとした味わいのルーになっています。ほかでは食べられない味だとお客様からも好評とのこと。同店に訪れる方のほとんどがリピーターで、一度食べるとクセになり、ついまた食べたくなってしまうそうですよ。

具材たっぷりで食べごたえも抜群

 全メニュー共通で、卵やかぼちゃ、レンコン、オクラなど8種類の具材が入っています。そこに、さらに自分で選んだメインの具材が追加されるのです。一番のおすすめは“チキン”。じっくりと煮込んだチキンレッグは、スープが染み込んでほろほろと崩れるくらいの柔らかさです。お客様のほとんどが頼むほど安定した人気があります。そして“チキン”に次ぐ人気メニューが“フィッシュ”です。白身魚のフライが入ったカレーで、サクサクの衣ととろみのあるルーの組み合わせが絶妙です。
 ディナー限定で“具材オーダーメイド”のメニューもあります。決められた品数分だけ好きな具材が選べるので、自分だけのオリジナルカレーを食べることができますよ。

 値段を気にすることなく自分の好きなように食べてほしいという田湯さんの思いから、辛さ増しによる追加料金は一切かかりません。激辛好きの人にはとても嬉しいサービスですね。
 贅沢な具材にも関わらずスープカレー自体の料金もお手頃。これはリピーターになって通い続けたくなりますよね。

旬の野菜を使っているが故の苦労

 具材を一緒に煮込むことで旨味が溶け込んでおいしくなるカレー。そのため、野菜の味が少し違うとカレーの味にも変化が出ます。同店で扱う野菜は季節ものなので、味が時期によって変わることも。特にカレーのポイントとなっている玉ねぎは、新玉ねぎと通常のものでは水分量が全く違ってきます。季節にあわせて切り方や炒め方を変えていますが、それでも安定した味を出すのは難しいのだとか。しかしこれも旬の野菜を使っているからこそ生まれる悩み。その時期でしか味わえない特別感を楽しんで食べてみてください。

こだわりのカレーをより多くの人に

 「『FAT BAMBOO』の営業をずっと続けていきながら、もう二号店を郊外に増やせたらと考えています。ここでしか味わえないこだわりのカレーを是非一度食べにいらしてください。」
 とにかく諦めずに続けることを貫く姿勢を大事にしている田湯さん。その姿勢を持ちながら、今後も同店を盛り上げていくそうです。
 札幌でスープカレーが食べたくなったときは『FAT BAMBOO』に足を運んでみてください。一度食べたらきっとハマってしまいますよ。

店舗名 FAT BAMBOO
住所 北海道札幌市東区北21条東16丁目2-8
電話番号 080-3231-3104
アクセス 地下鉄東豊線元町駅から徒歩5分
営業時間 ランチ 11:30~15:00(L.O 14:30) ディナー 17:30~21:00(L.O 20:30)
定休日 火曜日
ホームページ http://fatbamboo.webcrow.jp/
店舗詳細はこちら

関連するタグ: