キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【北海道・札幌】コブクロ、豚丸、笛ガラミ。珍しい部位の塩ホルモンでビールが進む『炭焼き塩ホルモン専門店 打鐘』!

 今回は、地下鉄南北線・麻生駅から徒歩10分ほど、兵珠空港通り沿いにある『炭焼き塩ホルモン専門店 打鐘(ジャン)』に取材にうかがいました。
 こちらのお店でいただける塩ホルモンは、“コブクロ”、“豚丸”、“笛ガラミ”など、なかなかお目にかかれない珍しい部位ばかり。“普通は捨てちゃうんだけど、実はおいしいよ!”とコッソリ教えてくれるお肉のプロから、余すことなく仕入れているのだとか。ひとつ試せば他の部位も試したくなる、ホルモン好きの冒険心が燃え上がるお店です。

大好きな競輪を引退…そして焼肉屋さんとして再スタート

 『炭焼き塩ホルモン専門店 打鐘』がオープンしたのは、2018年3月5日のこと。店長の佐々木さんはそれまで、北海道で名の知れた競輪選手として20年以上活躍してきました。
 「飲食関係の仕事をしている友人が多いんですよ。競輪を引退して、これからどうしようかな…と思ってたら、知り合いが“いいお肉が手に入るルートを知ってるから、紹介するよ。お店を出してみたら?”って背中を押してくれたんです。」

 ちなみに“打鐘(ジャン)”とは、競輪で残り1周半を知らせる鐘のこと。店内には、佐々木店長が選手時代をともにしたレーサーが飾られています。熱いフィールドの風が蘇ってきそうです。
 佐々木店長は、飲食店の傍ら、ゴルフ用品店の経営もおこなっています。昼間はそちらで働き、日が暮れると『打鐘』に足を運んで仕込みに取りかかるのだとか。忙しい日々を過ごしながらも決してお客様に疲れは見せず、毎日厨房に立っているのですね。

まずは壁を見よ!気になったものをオーダーすべし

 『打鐘』には、メニューブックはありません。壁にずらりと貼られたメニューを見てオーダーする、昔ながらのスタイルです。お肉は牛、豚、鶏、羊の定番から希少部位まで、種類はさまざま。気になったものを片っ端から試してみるのが楽しいですよ。
 同店のお肉は1人前の量が多く、コストパフォーマンスがよいのも魅力です。「おひとり様3,000円くらいで、かなりお腹いっぱいになれますよ!」と佐々木店長。〆は、鶏ガラスープの味わいが優しい“熊本ラーメン”(480円)で決まりです。

お肉のプロがコッソリ教える、実はおいしい希少部位


▲和牛カルビ(780円)

 同店では、信頼のおけるお肉のプロからホルモンを仕入れています。通常は捨てられてしまう部位でもおいしくいただけるのは、鮮度抜群であることに加え、お店で丁寧に下処理をしているからです。
 「“こういう部位もあるよ”とか、“他のお店には卸してないんだけど、実はおいしいんだよ”って、取引先からいろいろ教えてもらえるのが面白いですね。」
 他のお店が見逃しがちな希少部位の魅力は無限大。牛、豚、鶏、羊の旨味が詰まったホルモンを余すことなく仕入れ、お客様の舌に新しい発見をもたらします。


▲笛ガラミ(380円)

 こちらの“笛ガラミ”は豚の気管で、ほとんどが軟骨でできています。コリコリとした食感を楽しむホルモンとして人気の一皿なのだとか。
 笛ガラミと似ているのが、のどの軟骨“豚ウルテ”(380円)。パリパリになるまでよく焼くと、ビールによく合う最高の肴になりますよ。


▲豚コブクロ(480円)

 さっぱりした味わいの“コブクロ”は若い牝豚の子宮で、歯切れのよい食感が魅力です。脂肪が少なくたんぱく質が豊富なので、とてもヘルシーですよ。


▲豚タン(480円)

 特におすすめの部位は、“豚丸”(450円)です。豚の盲腸をくるりと裏返して脂肪を内側にしたもので、“マルチョウ”(小腸)に似ています。ぷりっと弾力のある食感とこくのある脂の味わいが癖になりますよ。ちなみに“豚丸”という名前は、佐々木店長のオリジナル。北海道に焼肉店は数あれど、ここでしか食べられない同店ならではの逸品です。

“本当においしい、新鮮なホルモンだけを”

 『打鐘』のある麻生で生まれ育った佐々木店長は、“お店を開くなら、慣れ親しんだこの街で”と決めていました。しかし、焼肉店の開業には煙や臭いの問題がつきもので、契約を断られることも多かったそうです。こちらの場所に巡り合ったのは、物件を探し始めて1年が経ったころでした。
 「背中合わせの場所に老舗の焼肉屋さんがあるから、最初は出店をためらったんですけどね(笑)。でも、うちならではの“炭火”と“珍しいホルモン”にこだわっていけば、差別化はできるんじゃないか思って。この並びには色々なお店があるから、それなりに人通りもありますしね。」

 駅から離れているため、飛び込みの来店には期待しすぎず、じっくりとリピーターを育てることに力を注いでいるのだとか。オープン後たったの数か月で、10回以上通ってくださったお客様もいるそうです。
 「アクセスのいい場所じゃないから、少しでも“おいしくない”って思われたら再来店はないと思うんです。だから、“本当においしくて、新鮮なお肉だけを出す”ことに、何より気をつけていますね。ちょっとでも鮮度や風味が落ちていたら、もったいないけどはねのけます。お客様の口に入るものに、妥協はしたくないですからね。」

老若男女が通う理由は、おいしいお肉と正直なお店づくり

 食べ比べが楽しい新鮮な塩ホルモンと、佐々木店長のまっすぐな人柄がファンの心をつかみ、お店はいつも大賑わい。仕事帰りのサラリーマン、若者のグループ、親子連れ、年配の方など、幅広い世代が来店するそうです。
 「ホルモンには常にこだわりを持って仕入れています。日によってはホタテとかタコとか、海鮮も用意していますよ。」と笑顔の佐々木店長。事前に連絡をいただければ、早めにお店を開けるなどの対応ができるとのこと。

 他の焼肉店ではなかなか食べられない珍しいホルモンを、リーズナブルにいただける『炭焼き塩ホルモン専門店 打鐘』。宝探しをするような気持ちで、まだ知らない希少部位のおいしさに出会ってみてくださいね。

店舗名 炭焼き塩ホルモン専門店 打鐘
住所 北海道札幌市東区北24条東2-3-1
電話番号 011-712-5029
アクセス 札幌市営地下鉄南北線麻生駅から徒歩10分
営業時間 17:00~22:00(LO)
定休日 無休
ホームページ https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010202/1058250/
店舗詳細はこちら