キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
福岡

【福岡・笹丘】これが福岡の塩ラーメン!丹精込めたスープが自慢の「らぁめん 高砂家」

福岡では豚骨ラーメンだけしか食べられないと思っていませんか?実は最近、塩ラーメンや味噌ラーメンが食べられるお店も増えつつあるんです。2017年3月にオープンした「らぁめん 高砂家」もその1つ。豚骨以外で勝負する店主の安藤さんにじっくりとお話を伺いました!

夢を実現したお店

――このお店の前はどんなお仕事をされていたんですか?

この店の前は高砂焼鳥で、週末限定で豚骨ラーメンを出したりしてました。もともとラーメンが好きで、大学卒業後しばらくは、ラーメンスタジアムに出店していた横浜家系ラーメンの六角屋さんで修行してたんです。その時からラーメン屋になりたかったんですよね。

――横浜のラーメンの経験がおありなんですね。家系って良く聞くんですけど、どんなラーメンなんですか?

豚骨醤油のスープと太麺が特徴のラーメンです。福岡の豚骨ラーメンとはまた違いますね。

――お話の感じだと豚骨スープには縁もゆかりもあるそうなのに、このお店のメニューには豚骨ラーメンが見当たりませんね。

高砂焼鳥でラーメンを出していたときに、塩ラーメンとか、そういうのも食べてみたいというお客さんがいらっしゃって。塩ラーメンはやったことなかったんで、とりあえず作ってみたんですけど、やっぱり自分の中でうまくいかなくて、逆に悔しかったんですよね。それで試行錯誤しているうちに、塩ラーメンの方が楽しくなってきちゃって。(笑)

イチオシはやっぱり塩!

――塩ラーメンは、何をベースに作られているんですか?

ベースは鶏です。鶏のガラと豚のゲンコツっていう骨なんかを少し加えて、清湯(チンタン)スープっていう透明なスープを使ってます。福岡でも最近増えてる味噌ラーメンのお店なんかだと豚骨ベースが多いと思うんで、他に比べるとあっさり食べられると思います。

――福岡って豚骨が主流なので、塩ラーメンのお店が本当に少ないですよね。教えてくれるところもないでしょうし、作るのは大変だったんじゃないですか。

そうですね。自分で食べる分にはいいんですけど、お金をいただいて、商売するっていうようなレベルではなかったんで。自分が納得できる味に到達するまでには1年くらいかかりましたね。

――相当研究を重ねられたんですね。他にも醤油ラーメンと味噌ラーメンがありますね。

その2つもスープのベースは同じで、タレを変えることでバリエーションをつけています。豚バラのチャーシューと鶏のモモ肉のチャーシュー、それに水菜と白ネギとメンマが乗ります。

――具材も彩りが良くておいしそうですね!安藤さんのオススメのメニューはありますか?

塩ラーメンに味玉のトッピングはおすすめですね。味玉は一晩寝かせて、しっかり味を染み込ませています。あとは塩ラーメンと半チャーハンの組み合わせも良く出ますね。

――半チャーハンは180円!安いですね。

うちは半チャーハンでも結構量があるので、お得だと思います。あえて玉ねぎにあまり火を通さず、シャキシャキ感を残しているのが特徴です。味付けは塩コショウにしょうゆだれを少しかけるシンプルなスタイルです。

手づくりシューマイも見逃せない!

――ラーメン屋さんのサイドメニューと言うと餃子を思い浮かべるんですが、高砂屋さんはシューマイなんですね。

機材の都合で餃子を焼くことができないので、何か代わりになるものをと考えて、シューマイをご用意しています。全部手作りで、お出しするのに少し時間がかかるので、16時からのメニューになってます。ほかにも味噌煮込みやチャーシューも店で手作りです。うちにも1歳の子どもがいるので、小さいお子さんにも安心して食べていただけるように作っています。

――このお店は小上がりがあるので、お子様連れでもくつろいで食事ができますね。

小さい子どもがいると、他のお客さんに迷惑になるのが心配で、なかなか外食ができないですよね。この辺りは子育て世代が多く住んでいて、うちの子と同じくらいの子どもがいるお客さんも多いので、テーブル席よりもこういうところで靴を脱いで、落ち着いて食事をてもらいたくて。

――子連れを歓迎してもらえるお店って探すのが大変なので、パパやママには嬉しいですね!オープンして半年以上経ちましたが、何か嬉しかったエピソードはありますか?

旅行でいらした韓国の方が、1週間、毎日店に来てくださったことがありました。日本語を勉強されてたんでしょうけど、最後にいらした日に「明日韓国に帰る」と言って、手紙をいただいたのは嬉しかったですね。自分のやってることは間違ってなかったと、ちょっと自信になりました。

――直接お客さんの声を聞く機会ってなかなかないですし、外国の方が気に入ってくださったなら、なおさら嬉しいですよね。今後このお店をどんなふうにしていきたいとお考えですか?

福岡はやっぱり豚骨ラーメンが主流なので、「塩ラーメンか・・・」と思っていらっしゃる方にこそ食べていただいて、福岡のおいしいラーメンは豚骨だけじゃないってことを知っていただきたいですね。期待を裏切らない自信はあります。是非一度食べに来てください!

店舗名 らぁめん 高砂家
住所 福岡県福岡市中央区笹丘1-31-3
電話番号 092-752-4400
アクセス 茶山駅から1,137m
営業時間 11:00~23:00
定休日 不定休
ホームページ https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400202/40045315/