【群馬・吉岡町】地元食材にこだわった『中華 ももじろう』は居酒屋のように使える中華料理屋!

 今回取材にお邪魔したのは、2018年4月1日に群馬・吉岡町にオープンした中華料理屋『中華 ももじろう』。
 なつかしさを感じるシンプルなラーメンをはじめ、地元食材にこだわったねぎみそラーメンがおいしいと評判のお店です。開店からまだ一年足らずですが、すでに地元の方をはじめ、多くの方から愛されています。店主の小澤さんに、お話をうかがってきました!
 

おばあちゃんのために

 小さい頃から料理が好きで、おばあちゃんと一緒にうどんを打っていたという店主の小澤さん。“おばあちゃんに喜んでもらえる料理をだすお店を持ちたい”という想いが、料理人を志したきっかけとなりました。
 そう決心してからは料理学校へ進学。洋食や和食など、さまざまな道がありましたが、自身が一番向いていると感じた中華の道へ進むことを決めました。

 卒業後は中華料理屋やホテルで料理人としての修業を経たのち、店長として経営を学び、独立。
 「資金繰りが大変でしたが、妻に支えられて無事オープンすることができました。初日にはお祝いの花輪がたくさん届いて本当にうれしかったです。おばあちゃんにも喜んでもらえましたし、この道を選んでよかったと思っています!」と話します。

 お店のコンセプトは“庶民的で、気軽に食事ができ、お酒も飲める中華料理屋”。居酒屋のように使ってほしいからと、お酒のボトルキープもおこなっており、棚にはたくさんのボトルが並んでいます。

 店内は明るく清潔感があり、アットホームな雰囲気。一人で訪れるお客さまや、女性客も多いそうです。

安くておいしい料理を楽しめる

 料理はすべてオリジナル。同店でしか味わえない一皿がメニューに並びます。
 看板メニューはお店の名前がついた“ももじろうラーメン”(880円)。上に唐揚げがのっているのが特徴で、味は醤油か味噌から選べます。食事のメインとしてはもちろん、お酒を飲んだあとのシメの一品としても人気なのだそう。

 ラーメンと一緒にほとんどのお客さまが注文するのが、“ももじろう餃子”(500円)。こちらもお店の名前がついた小澤さんの自信作です。

 単品メニューで人気なのは、“レバニラ炒め”(650円)と“麻婆豆腐”(600円)です。ご飯のおかずにもお酒のつまみにもなると大好評。おいしいだけでなく、安くて量があるのが、うれしいですね。

 このほか、会社の飲み会にちょうどいいコースメニュー、同窓会や打ち上げにもぴったりな宴会メニューも。さまざまなシーンで利用できるのも同店の魅力です。

こだわりの地元食材


 料理には、おもに群馬産の食材を使用しており、なかでもこだわっているのが“ねぎ”。
 上野村の飲食店に勤めているときに出会った下仁田ねぎ農家さんから直接仕入れたもので、ほかのものは一切使用していないそう。

 「焼かずにそのまま食べられるほど、甘くておいしいんですよ!」と小澤さん
 ラーメンに追加トッピングできるだけでなく、メイン食材としてたっぷり使用した“ねぎらーめん”(850円)や“ねぎみそらーめん”(850円)もあるので、ねぎ好きは要チェックです!

 下仁田ねぎ以外にも、周りには野菜農家さんがたくさんあるそう。ただ、それらを買える場所がないので、お店の横に直売所を作る計画を立てているのだとか。食事を楽しんだあとに、新鮮な野菜を買って帰ることができるのはうれしいですよね。

この店だけの味をぜひ

 最後に小澤さんから、開店ポータルをご覧の方にメッセージをいただきました。
 「田舎にある庶民的な中華料理屋です。お近くにお越しのさいはぜひ寄ってください!おいしい中華を用意して、お待ちしています。」
 お店としての目標は、店舗拡大とチェーン展開。群馬以外でも、ももじろうの味を楽しむことができる日が来るかもしれません。

 開店から間もないですが、すでに数名の芸能人が評判を聞きつけ訪れたそう。これからさらに人気が出そうですよね。
 皆さんも、群馬へ訪れたさいは『中華 ももじろう』で、小澤さんのつくる本格中華料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 中華 ももじろう
住所 群馬県北群馬郡吉岡町上野田3366
電話番号 0279-55-5667
アクセス JR上越線渋川駅から、群馬バス 渋川駅−箕郷・箕郷行で17分。バス停 上野田四ツ角で下車後徒歩3分
営業時間 ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30) ディナー 17:00~21:00(L.O.20:30)
定休日 火曜日
URL http://momojiro0401.jp/