キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
北海道

【北海道・北15条】ワンコインで食べる本格カレー!腹ペコ北大生ご用達の『カレー パンドラ』

 新時代の幕開けとなった令和元年5月1日、北15条に『カレー パンドラ』がオープンしました。安くておいしい、本格スパイスカレーが楽しめるお店です。

 同店の魅力は、トマトチキンカレー500円、チーズチキンカレー600円という手ごろなお値段。北海道大学の近くということもあり、お腹をすかせた学生さんも足しげく通います。

 ふらりと来られる価格帯と、それを裏切るハイクオリティな味が強みのカレーショップを取材してきました。

早くも話題沸騰!街で愛されるカレーショップ

 「パンドラ」とは、ヒンディー語で15を意味します。北15条にお店を開くにあたり、「地域に根差したカレー屋さんにしたい」とオーナーが名づけました。

 「あと、呼びやすくて語感がいいですしね(笑)。ギリシャ神話のパンドラとは違いますよ。」と、オーナーの森下さん。

 森下オーナーが飲食店をはじめようと思ったのは、大学を卒業し、アルバイトをしていたときでした。

 「知り合いに、スパイス業者がいるんですよ。僕もお店をやってみたいと思っていたし、その人から“じゃあ、うちのスパイスどうですか?”って話があって。その流れで、カレー屋さんという業態を選びました。」

ひとりでも過ごしやすい居心地のいい店内

 『カレー パンドラ』があるのは、地下鉄南北線・北18条駅から徒歩3分ほどのところ。北海道大学の近く、西5丁目通り沿いにあるお店です。

 「北18条駅の近くでも探したんですけど、ここが一番人通りが多くて、立ち寄ってもらいやすいかなと思って。内装にこだわるよりも、看板やのぼりを立てたりして、外から目につきやすくしました。」

 お店のロゴは、デザイナーの知人にお願いして描いてもらったのだとか。シンプルにまとめながら、カレー屋さんであることをしっかり伝えたいと森下オーナーは話します。

 店内には8名がけのカウンターと、2名がけのテーブルがふたつあります。飾り立てない空間は、ひとりで訪れても過ごしやすそうです。

 「6対4くらいで男性のお客さまが多いですね。土日は割とバラけるんですが、平日だと12時台に固まります。曜日を問わずたくさんの方に来てもらえるのが、本当にありがたいです。」

 森下オーナーは、基本的にひとりでお店に立っています。お客さまがいつ来るか読めず、一気に席が埋まると大変に感じることもあったのだとか。
 それでも、お客さまを待たせず、一人ひとりに親切に対応したい…。その一心で、どうすればオペレーションがスムーズになるか、試行錯誤してきたそうです。

リーズナブルでおいしいスパイスカレーに夢中

 「やっぱり、お客さまの“おいしい”っていう言葉が一番うれしいです。」と、笑顔で話す森下オーナー。心をこめて仕込むカレーを、さっそく紹介していきましょう。


▲トマトチキンカレー(500円)

 札幌の名物グルメといえばスープカレーですが、どのお店で食べても1,000円前後と高めです。
 そこで『カレー パンドラ』は、「学生さんがランチで気軽に食べられるようなカレーを」と、リーズナブルさで勝負に出ました。2日に一回通うヘビーユーザーもいるそうですよ。

 看板メニューは、ワンコインで楽しめる“トマトチキンカレー”。トマトが効いたさっぱりめのルーなので重くなく、ぺろりと食べられます。お肉はやわらかく煮込まれてほろほろ。芳醇なスパイスの香りがたまりません。


▲チーズチキンカレー(600円)

 人気ナンバー1の“チーズチキンカレー”は、トマトチキンカレーにたっぷりのチーズをのせたひと皿です。濃厚なチーズとスパイシーなカレーは、間違いなしの組み合わせ。スプーンが止まらないおいしさに、誰もがうなります。

 「大もとのカレーの作り方は知り合いに教わって、僕自身で細かいアレンジを加えました。トッピングは温玉とバターを用意してますが、今後もジャガイモとか、北海道らしいものをいろいろ出していきたいです。」


▲豆とチキンの盛り合わせカレー(750円)

 “豆とチキンの盛り合わせカレー”は、なんともお得なメニュー。トマトチキンカレーと、豆と玉ねぎを使ったベジタリアンカレーの2種類が一度に楽しめます。
 カレーはすべて、辛口は無料、激辛は+100円でチリパウダーを追加できます。辛党さんはチャレンジしてみてくださいね。

5月~10月までのプレミアムなカレーを見逃すな!

 「少し大きな目標になりますけど、道内にフランチャイズの形でお店を展開していきたいです。“ランチに行くならパンドラのカレーにしよう!”って言ってもらえるような…。そんなお店になりたいですね。」と笑顔の森下オーナー。


▲夏の新商品・野菜盛りカレー(700円)

 『カレー パンドラ』が営業するのは、毎年5月から10月の間だけ。11月から4月は、『まんでがん外伝』といううどん屋さんがこちらで営業します。

 「雪に埋もれちゃう地域のお店だから、冬の間だけ札幌に来るんですよ。夏はこの場所が空くので、貸していただいてます。」

 手ごろなお値段と本格的な味、そして半年間しか食べられないプレミアム感が、カレー好きの心をつかんでいるのですね。

 会社やお家の近くにあったら、ついつい通ってしまいそうな『カレー パンドラ』。市民が夢中になる本格スパイスカレーを、あなたも味わいに来てください。

店舗名 カレー パンドラ
住所 北海道札幌市北区北15条西5丁目1-7 ほくせいビル1F
電話番号 080-1977-7397
アクセス 札幌市営地下鉄南北線北18条駅から徒歩3分
営業時間 毎年5月~10月 11:00~15:00/17:00~20:00
定休日 木曜日
ホームページ https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010201/1061457/
SNS
店舗詳細はこちら