【宮城・仙台】絵画に囲まれて上質なダッチコーヒーを楽しむ大人の時間『Cafe & Bar Logic』

 今回は、絵画に囲まれた落ち着いた空間で本物のアイスコーヒーが楽しめるお店をご紹介します。
 仙台市営地下鉄東西線青葉通り一番町駅から、サンモール一番町商店街を抜け、北目町通の方角へ進むと柳町大日如来があります。そのほど近くのビルに2018年5月1日、お洒落なカフェがオープンしました。じっくり時間をかけて抽出したダッチコーヒー(水出しコーヒー)が自慢の『Cafe & Bar Logic(カフェアンドバー ロジック)』です。ついつい長居してしまうお店の魅力について、お聞きしてきました。

幼馴染と共同出資してオープンしたカフェ

 オーナーの鈴木さんは、以前は東京のカフェで働いていました。その東京で中学校時代の幼馴染と再会し、二人でカフェ経営をしようという話が持ち上がったそうです。そこで二人の故郷・仙台で店を出すことにしたのです。現在の場所に物件が見つかり工事に入ったところで、鈴木さんは本格的にお酒の勉強も始めました。専門的な勉強をすることで、本格的なカクテルの作り方や、オリジナルカクテルの開発に成功。カフェで働いていた経験にプラスして、新たにお酒の知識を身に付け『Cafe & Bar Logic』をスタートさせました。

壁一面の絵画が鑑賞できるお洒落なカフェ

 『Logic』を一言で表すなら“絵画カフェ”という言葉が似合うでしょう。壁一面に掛けられた絵画が、なんとも優雅な気分にさせてくれます。鈴木さんは以前から絵画がお好きで、自身のコレクションをお店のコンセプトの一つとして取り入れたのです。コーヒーを楽しみながらちょっと席を立ち、額縁の向こうの世界に思いを馳せるのも贅沢な時間ですね。
 カウンターには全席にコンセントが設置されているので、電源カフェとしての利用ができるのも嬉しいポイントです。パソコンを持ち込んで仕事をしたり、携帯の充電をしながらお友達とゆっくりおしゃべりしたり、リラックスして長居できる空間となっています。カウンターの他に窓際にテーブル席があり、大きな窓からの眺めを楽しみながらゆったりした時間を過ごせます。席数は全部で13席。ひとりでも気兼ねすることなく立ち寄れる雰囲気とサイズ感が魅力的ですね。

一晩かけて抽出するダッチコーヒー

 同店の看板メニューは何といっても自慢のコーヒーマシンで抽出する、ダッチコーヒーでしょう。ダッチコーヒーの起源は諸説あります。ダッチとは“オランダの”という意味で、戦前のオランダ領だったインドネシアで生まれたとも言われており、水でゆっくり時間をかけてコーヒーを抽出するという、古くからおこなわれていた伝統的な方法で抽出する“水出しコーヒー”のことです。しかも同店のダッチコーヒーは通常の3倍の時間をかけてじっくり抽出するので、とても濃厚な一杯ができます。なんと1秒に1滴ずつ一晩かけてコーヒーを抽出しているのだとか。

 そのアイスコーヒーはそのままではとても濃いので、上質な牛乳を使用してアイスカフェオレにすると得も言われぬおいしさになるのです。どうして一晩もかけて水出しにこだわるのかというと、アイスコーヒーはお湯で抽出したものを冷やすと香りが飛んでしまって水っぽくなってしまうのです。しかし水出しコーヒーは香りを閉じ込めて逃さずじっくり抽出するので、薫り高いアイスコーヒーになるのです。他店では味わえない、同店ならではの濃厚なダッチコーヒーをぜひ味わってみてください。

深夜もゆっくりバータイム

 バータイムは24時ラストオーダーで、深夜1時まで営業しているので、ゆっくりとした時間が過ごせます。おすすめは、種類豊富なカクテルです。同店でしか味わえないオリジナルカクテルや、ジントニックなどの定番カクテルも鈴木さんこだわりの方法で作っているとのこと。カウンターで鈴木さんとのおしゃべりを楽しみながら、カクテルが出来上がる様子も見逃さないでくださいね。

 繁華街から離れた静かな街の片隅で、アートに触れ合う大人のカフェ&バー『Logic』。おいしいコーヒーにこだわるなら一度は行ってみたいお店です。一番町で飲んだ帰りにちょっとアイスコーヒーで酔い覚ましをしたい時には、夜風にあたりながら同店まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 Cafe & Bar Logic(ロジック)
住所 宮城県仙台市青葉区一番町1-12-39 旭開発第二ビル2F
電話番号 080-5734-5053
アクセス 仙台市営地下鉄東西線 青葉通り一番町駅から徒歩7分
営業時間 12:00~24:00  
定休日 木曜、不定休 
URL https://ta1s700.gorp.jp/