キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・台東区】主役は手間暇かけた自家製パン!フレンチベースの創作料理が小麦の旨みを更に引き立てる『Cise』

 日本の食卓で、米と並ぶほどに食べられているパン。近年はパンブームが再燃していて、行列のできるベーカリーもあるほどですよね。

 今回紹介する東京・台東区にある2019年4月11日にオープンした『Cise(チセ)』は、自家製パンをメインにしたレストランです。

 オーナーシェフの宮武さんがこだわった自家製パンと、それに合わせた創作フレンチ料理をいただける同店の魅力に迫ります!

第二の家のようなくつろぎの空間

 『Cise』は、根津駅から徒歩5分ほどの、上野動物園の裏にある動物園通りに面した場所に店舗を構えています。下町の風情が残っているこの場所に決めたきっかけは、ずばり「街の雰囲気が気に入ったから」だと宮武さんは言います。

 店名の“Cise”はアイヌ語で家を意味しており、家にいるようなくつろげる空間でゆったりと食事やワインを楽しんでほしいという想いから名付けたのだとか。今後はさらに地域に根付いたお店にしたいと思っているとのことで、『Cise』が地域の人たちの第二の家のようなくつろぎの空間になることでしょう。

主役は自家製パン!

 前店でパンを担当したことからパン作りに魅せられて、『Cise』は自家製パンをメインに展開している宮武さん。出身地である北海道の小麦粉を使用している自家製パンは、焼きたてが常時店頭に並んでいます。

 宮武さんが作るパンは非常に手間暇がかかっており、愛情込めて作った分だけおいしさが詰まっています。

 同店の高加水パンは水分を多めに配合しているため通常は成形しにくいのですが、それを丁寧に手ごねで成形。加えて、レーズン種やヨーグルトと全粒粉をブレンドした酵母も手作りしています。

 それほどまでに手間暇をかけたパンはふんわり・もっちりとした食感が特長で、シンプルな味わいながらも、噛めば噛むほど小麦と酵母の風味や旨みが感じられます。料理との相性もバツグンで、料理とパンそれぞれの良さを引き立てて食事が更においしくなりますよ。

 一番人気なのは、北海道産小麦の“春よ恋”を100%使用した食パン。ふんわりとした食感で、小麦とバターの風味が格別の逸品です。

フレンチベースの創作料理

 そんなこだわりの自家製パンを合わせて楽しみたいのが、パン同様にこだわっているフレンチベースの創作料理の数々。

 前店の創作野菜料理店で腕を磨いた宮武さんだからこそ、オリジナリティあふれる彩り豊かな一皿を提供してくれます。料理にも出身地である北海道の食材を多く使用しており、大自然の旨みをたっぷりと堪能できます。

 ランチは魚料理、肉料理、ペンネから選ぶことができ、パン盛り合わせとサラダが付いています。パンの盛り合わせは日替わりなので、その日ごとの出来たてパンを味わうことができるのも楽しみのひとつですね。

 ディナーでおすすめなのはおまかせコース。季節のスープ、前菜、サラダ、魚料理、肉料理、デザートなどのフルコースを4,500円で楽しむことができます。ワインをメインにしたいという方には、軽い料理のみの3,800円のコースがおすすめです。

地域の皆さんに喜んでもらえる店作りを

 今までで印象に残っているエピソードをうかがったところ、このように答えてくださいました。

 「オープンから一ヵ月で5回も来てくれたお客さまがいました。また、前店からの常連さんも顔を出してくれています。リピーターさんが多いので、当店の味を認めていただけて嬉しいですね。今後も、地域に根付いた店作りをして、地域の皆さんに喜んでいただきたい。」

 ご自身が気に入った街で、多くの人を癒すお店になることでしょう。自慢の自家製パンと創作料理の数々で、根津に新しい風を吹かせる『Cise』。ハイクオリティな料理だけでなく、アットホームなサービスで贅沢なひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか。

店舗名 Cise(チセ)
住所 東京都台東区池之端3-4-19 池之端店舗ビル1F
電話番号 03-6884-1989
アクセス 根津駅から徒歩5分
営業時間 12:00~14:30/18:00~22:30
定休日 不定休
ホームページ https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13233711/
SNS
店舗詳細はこちら

関連する記事