【東京・都立大学】昼も夜も満喫♪スペシャルティコーヒーが自慢のカフェ&バー『CafeBar&Art KiKi Tokyo』

 東京都目黒区柿の木坂。都立大学駅から道なりにまっすぐ進んで4分のところに、赤と緑が印象的な小さなカフェがあります。2017年4月11日オープンの『CafeBar&Art KiKi Tokyo』です。今回は店長の大里さんにお話を伺ってきました。コーヒーの豆にこだわったエスプレッソが自慢のイタリア風カフェです。

オーナーと店長は旧知の仲

 店長の大里さんとオーナーさんは、元はサラリーマン時代の上司と部下という関係だったそうです。やがて大里さんは料理の道を志し、会社を辞めて居酒屋・焼鳥・洋食・和食など、様々な業態の飲食店を渡り歩きます。そんな中、昔の上司であるオーナーさんから「店をオープンする。」との知らせをもらい大里さんも合流し、夜のバータイムで腕を振るうことに。やがて昼のカフェタイムのスタッフも管理することになり、今に至るそうです。オープンからスタッフの入れ替わりも激しく、一筋縄ではいかなかったと振り返ります。

イタリアのカフェを意識した大人の雰囲気

 オーナーさんが開店時に意識したポイントは、“イタリア風のカフェバー”という点。好きな音楽を流して、大人の雰囲気を演出したかったそうです。その象徴が入り口の鮮やかな赤と緑のカラーリング。イタリア風の色使いで、遠目からも見つけやすい外観です。店内はクラシカルで落ち着いた雰囲気となっており、昼下がりのカフェタイムも夜のバータイムもちょっと大人の雰囲気を楽しむことができます。

スペシャルティコーヒーをエスプレッソで

 同店の最大の魅力は何と言ってもスペシャルティ―コーヒーを使用したエスプレッソやカプチーノ。酸味と苦みとコクのバランスがいい薫り高いコーヒーです。カップを彩るラテアートもお洒落ですね。

 フードメニューのカレーは、マイルドで食べやすい辛さとなっており、+300円でサラダとドリンクが付くランチセットがおすすめです。また、コーヒーに欠かせないスイーツは、全てスタッフの手作りというこだわりも。カフェタイムは、女子会やママ友会に是非ご利用いただきたいとのこと。お洒落な雰囲気の中、ゆったりとした時間が過ごせます。

 夜のバータイムではドリンクメニューも種類豊富に取り揃えており、同店でしか味わえない希少なお酒もあるそうです。その中でも一番のおすすめは生ビールとのこと。その道の経験豊富な大里さんが注いだ、最高の状態の一杯をお出ししているのだとか。フードメニューもお酒のお供にぴったりなメニューが揃っているので、おひとり様はもちろん、恋人同士や仲間との様々なシーンでご利用できます。ぜひ昼も夜も違った楽しみ方で『CafeBar&Art KiKi Tokyo』を堪能してみてください。

  “ひとりひとりのお客様にコーヒーを丁寧にお届けし、コーヒーの魅力を豊かに表現することで穏やかな気持ちになっていただき、喜びに溢れるお店でありたい。”そんな想いを込めて『KiKi Tokyo』と名付けたそうです。
 今後は駒沢大学や、東京芸大の方面にも店舗展開を考えているとのこと。同店の静かで落ち着いた雰囲気は、街の喧騒や日々の疲れを忘れさせてくれますよ。お近くにお立ち寄りの際は赤と緑の入口を見つけてください。こだわりのコーヒーで、ホッと一息つけるお店です。

店舗情報

店名 CafeBar&Art KiKi Tokyo
住所 東京都目黒区柿の木坂1-32-16 都立大マンション 101
電話番号 03-6421-4189
アクセス 東急東横線 都立大学駅から徒歩4分
営業時間 月〜金11:00~18:00(L.O.17:30)18:00~23:00(L.O.22:30)日・祝11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日 火曜日
URL http://kikitokyo.info/