キーワード・エリア
店舗検索
業種を選択
場所を選択

※距離から探す場合は、位置情報を許可してください

キーワードの入力
  • で検索する
特集

【利用者向け】GoToEatポイントと各種サービス券の併用は可能?

各種GoToキャンペーンが開催され、外出自粛ムードもだんだんと薄れてきた昨今、年末に向けて旅行を計画されている方や、忘年会の実施を検討されている方も少なくないでしょう。

この、GoToキャンペーンにおいて、一般利用者が飲食店利用時に適用されるサービスは、

①GoToEatポイントの付与

②プレミアム付きお食事券の利用

③地域共通クーポンの利用

の3つがあげられます。

1回のお食事でこれらがそれぞれ併用できれば、非常にオトクにお食事を楽しむことができるわけですが、実際それは可能なのかという点について解説していきます。

飲食店利用時に適用されるGoToキャンペーン

冒頭にも申し上げた通り、一般利用者が飲食店利用時に適用できるGoToキャンペーンのサービスは、3つあり、

1つが、GoToEat対象店舗をグルメサイトを通して予約し、来店した場合に1人に付き1000ポイント付与されるサービス。

2つ目が、それぞれの都道府県ごとに、都道府県限定で利用できる25%のプレミアムをつけたお食事券を購入でき、それを利用してお食事ができるサービス。

3つ目は、旅行予約サイトを通して旅行をし、その旅行代金の15%分のクーポンが発券されるサービスです。

3つ目のGoToトラベル利用時に発券されるクーポンについては、実際の旅行代金の15%にあたる額分が付与される仕組みとお考えいただければ分かりやすいでしょう。これは飲食店に限らずお土産ショップやガソリンスタンド、その他小売店など、『地域共通クーポン利用可能店舗』で利用することができるもので、GoToEatの枠組みというよりは、GoToトラベルでの取り組みになります。

お得に外食を楽しめるGoToEatキャンペーンがスタート!

GoToEatポイントと各種サービス券の併用について

では、ここからはGoToEatポイントと各種サービス券の併用について詳しく解説していきます。

GoToEatで加算されるポイントの仕組み

まず、GoToEatでポイントが加算される仕組みですが、流れとしては下記の流れになります。

①食べログやレッティ、ホットペッパーなど、グルメサイトに登録をする

②GoToEat対象の店舗を、グルメサイト上で来店予約をする

③予約した日次で来店する

④来店から1~2週間でポイント付与

ポイントはランチが1人につき500ポイント、ディナーの場合1人1000ポイントが加算され、現状では赤ちゃんなども1人と数えられるそうです。

ただし、飲食店によっては飲食をしない赤ちゃんはポイント付与の対象にならなかったり、一定の金額分の食事をしなければ対象外になる可能性もありますので、予約の際にしっかりと注意事項を読むようにしましょう。

GoToEatキャンペーンの仕組みについて

無事に来店が完了すると、1~2週間を開けて1人最大1000円分のポイントが予約サイト上に付与されます。

GoToトラベルでは予約サイト上で宿泊施設等を予約した時点で、直接割引がされる仕組みになっているのは皆さま御存知でしょう。GoToEatキャンペーンの場合は、GoToトラベルのように予約時の直接的な割引ではなく、次回来店時に利用できるポイントを付与されるということです。

そして次回来店時にそのポイントを利用して食事をすることができます。

GoToEatで獲得したポイントとプレミアム付きお食事券の併用

GoToEatでは、予約サイト上へのポイント付与のほかに、各都道府県限定で利用できるプレミアム付きお食事券の発券ができるというキャンペーンもあります。

そこで気になるのは、GoToEat対象店舗を予約サイトを通して予約した場合、その飲食店での会計はプレミアム付きお食事券で支払いができるのかという点です。

例えば、1回目のGoToEat利用時に4000ポイントを獲得したとして、2回目の来店が5000円の予算のお店であった場合、4000円分をポイントで支払い、1000円分をお食事券でまかなうことができるのかということです。

これについては、結論から言いますと事務局や運営側では制限がありません。そのため、飲食店の判断にゆだねられるとお考えいただいて問題ないでしょう。もし例のような利用方法で、ポイントとお食事券を併用を希望されているのであれば、一度飲食店側に確認を撮ってから来店するとトラブルを防ぐことができます。

GoToEatポイントと地域共通クーポンの併用

また、プレミアム付きお食事券のほかに、今回のGoToキャンペーンにおいて飲食店で利用できる金券として、『地域共通クーポン』があります。前述にもあるように、地域共通クーポンは、GoToトラベル利用時に旅行代金の15%分が発券されるもので、利用可能場所は飲食店だけでなく、小売店やガソリンスタンドなどもあげられます。

GoToトラベルを利用した旅行を計画されている方は、旅行までにGoToEatポイントが加算されていた場合、これらが併用できるかどうか気になるところでしょう。

こちらについても、事務局、運営側では制限がありませんので、あくまでも飲食店側の判断次第になります。

ただ、この地域共通クーポンは、旅行先(予約した宿泊施設)周辺の都道府県のみで利用でき、旅行の期間中しか利用することができませんので、旅行前にグルメサイトを通して飲食店を予約する必要があったり、電話などで併用が可能か聞いておく必要がありますので注意が必要です。

まとめ

本記事では、GoToEatポイントとその他の各種サービス券との併用が可能かどうかという点について解説いたしました。まとめると、事務局側では制限がされていないため、ルール上では可能になっているが、飲食店個々で個別のルールを設けている場合があるので事前に飲食店側に確認が必要ということになります。

各種GoToキャンペーンが開始され、少しずつ外出自粛ムードも収まってきたことで、旅行や外食をする方が増えてきたのではないでしょうか。国が行っているGoToキャンペーンの他にも、大阪等では独自のキャンペーンを行っていたりと盛り上がりつつあります。

是非、ルールを守りながらオトクなこの期間に地元での外食はもちろん、旅行先でのグルメも堪能していきたいところですよね!

開店オンラインでは利用者様向けに、お得な情報やおすすめの飲食店などをピックアップしてご紹介させていただいております。是非お食事に行かれる際、旅行に行かれる際などは情報をリサーチしてみてください!

>>>店舗様による特集記事のご依頼はこちらから<<<

関連するタグ: