キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【北海道・札幌】上質な抹茶で作る“贅沢抹茶ラテ”の『SHIRAYUKI』 日本の心を世界へ発信

札幌中央区・大通公園からほど近い場所にある『SHIRAYUKI』は、抹茶ラテが看板メニューのドリンクスタンドです。お店の自慢は、京都の契約農家から直接仕入れる、一番茶のみで作る“上質な抹茶”。茶葉本来の甘みと苦味を堪能できる同店の抹茶ラテは、眠っていた日本の心を呼び覚ますようなハッと息をのむ美味しさですよ。今回は、代表の吉田さんに開店秘話や今後の展望などを伺いました。

札幌から日本の良さを世界へ

2016年7月に開店した『SHIRAYUKI』は、札幌市営地下鉄東西線・大通駅、札幌市電・西4丁目駅のいずれからも徒歩3分ほどと、好アクセスの場所にお店を構えています。札幌有数の観光名所も近く、毎年国内外から多くの旅行客が訪れる人気の場所です。
開店のきっかけは、北海道ブランドの“ミルク”を世界中の方に知ってもらいたいとの強い思いでした。スタート時より世界を視野に入れていた同店では、日本の良さをより印象付けるため、北海道の武器であるミルクと日本の伝統の味・抹茶を看板した商品を開発することに決めたそうです。

抹茶へのこだわりは御膳上等

お店のこだわりは“抹茶”にあります。一般的な飲食店で提供される抹茶のドリンクには、グリーンティーと呼ばれる甘さを加えて調理しやすくした原料が使われる場合が多いのだとか。しかし、同店では伝統的な茶道で用いられるのと同様の“本物の抹茶”を使用することにこだわったといいます。仕入れているのは、日本屈指のお茶の街・京田辺の契約農家さんです。京田辺は、数々のお茶の品評会で好成績を残している“日本一の玉露の産地”として知られ、天皇家にお茶を献上していた歴史もあるそうです。開店を前に、同店のスタッフがこの京田辺に1ヶ月ほど住み込み、農家さんと直接交渉し、やっとの思いで独自の仕入れルートを開拓に成功したとの苦労談も教えていただきました。

日光を遮り、摘み取った茶葉を蒸したのちに揉んで水分を蒸発させていく“玉露”は、手間がかかるためお茶の中でも高級で、飲んで親しまれるのが多い種類。この玉露を粉砕して抹茶にするとは、お茶に詳しい人なら驚くほどの“贅沢さ”です。

さらに同店の抹茶は、その年に最初に生育した新芽のみで作る“一番茶”のみを使用していることも特徴です。苦味成分が少なく、旨味と甘みが豊富に含まれている一番茶は、爽やかで清々しい香りを楽しめます。京田辺で育った一番茶の玉露で出来上がる同店の抹茶は、“抹茶界の最高峰”と言ってもいい品質の高さです。

季節にぴったりのドリンク

看板メニューの“抹茶ラテ”が一番の売れ筋だという同店。夏はアイスで、冬はホットでいただけるのが嬉しいですよね。風味豊かな抹茶の茶葉本来の味わいがまろやかなミルクと一体になった至極の一杯は、これまで抹茶に苦手意識があった方でも飲みやすいと好評です。
また、これからの季節におすすめのドリンクが、“玉露 cold”と“Gold Sparklingハニージンジャー”です。“玉露 cold”は、玉露の抹茶を冷たいお店で溶いた商品で、玉露の味をよりダイレクトに堪能できる夏にぴったりのドリンクです。もう一方の、生姜と蜂蜜の自家製シロップを強めの炭酸で割った“Gold Sparklingハニージンジャー”は、爽快感と程よい甘さが楽しめる一品。季節ごとにおすすめの商品が登場するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

和と洋のお洒落な空間

お店の空間は、和と洋のバランスが絶妙で、スタイリッシュな雰囲気が漂います。商品に日本っぽさが全面に出ている分、空間はお洒落に、海外の方や若者にも親しみやすいよう心がけたそうです。
代表の吉田さんは「空間作りは“ギャップ”を意識しました。お店の中にいかにギャップを作り出せるか…楽しみながら内装を仕上げました。」と微笑みます。

ジューススタンドは手軽にドリンクを買えるのが魅力ですが、時にはゆったりと休憩したい方のために、同じビルの7階にゆったりとくつろげるカフェスペースも用意しています。ドリンク片手に街中の観光へ、ほっと一息休憩に…好みの利用方法ができ便利です。

“札幌に根ざしたお店へ”

「今後は、もっと多くの方に知っていただけるよう、新しいヒット商品を出して行きたいですね。海外への発信も大事ですが、地元の方が普段使いできるよう、札幌に根ざしていく事も大切にしています。」と吉田代表。
贅沢な抹茶で一杯一杯丁寧に仕上げる『SHIRAYUKI』の“抹茶ラテ”を、皆さんもご自身の舌で味わってみてくださいね。

店舗名 SHIRAYUKI
住所 〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西5丁目 愛生舘 1F
電話番号 080-3239-0462
アクセス 札幌市営地下鉄東西線・大通駅から徒歩3分、札幌市電・西4丁目駅から徒歩3分
営業時間 12:30~19:00
定休日 不定休
ホームページ http://shirayuki-hokkaido.jp/
店舗詳細はこちら

関連する記事