キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
北海道

【北海道・札幌】大通駅から徒歩3分のところにあるスープカレーのお店『傾奇』に行ってきた。

札幌市営地下鉄大通駅から徒歩3分のところにあるスープカレーのお店『傾奇(カブキ)』は、4月5日にオープンしました。お客様が『今まで食べたことがない位あっさりしている』と言う程、サラサラであっさりとしたこだわりの絶品スープカレーが楽しめます。

試行錯誤を重ねようやくたどり着いた自慢のカレースープ

今回は担当の杉山さんに話を伺いました。自慢のスープカレーは、試行錯誤を重ねやっと自信の持てる味にすることができたのだそう。納得のいくスープが完成したところで、スープカレーの需要が高いといわれる札幌に出店を決められました。開店してからもチラシなどの広告を使わず営業していたのだそうですが、SNSなどでその美味しさが広まり、スープが途中で売り切れてしまったこともあるとのこと!「自信を持って提供します!」と杉山さんは仰います。是非皆様にも味わっていただきたいですね。

一度で二種類楽しめる!

傾奇(カブキ)のスープカレーは一度で2種類の味が楽しめるというのがアピールポイント!ベースとなるスープを3種類の中から選んだあとに、スパイスを4種類選べるようになっています。ベースは傾奇(カブキ)オリジナルのスープと特性海老、スパイシーハーブがあり、10時間煮込んで作っているスープは杉山さんのこだわり。スパイスも和風のものからピリ辛系など全く違う味が揃っています。

スパイスは別で出てくるので途中で味を変えながら楽しむことができます。杉山さんイチオシの組み合わせはシーフードと日本スパイス!様々な組み合わせで楽しんでみてください。

食材にもこだわりが

スープカレーにまるごと入っているお野菜にも杉山さんのこだわりが詰まっています。北海道産のものだけを使い、一つ一つ下処理をして味付けしています。野菜ひとつで味全体の印象も変わってしまうので決して手は抜けないと、全てに気を配られています。

辛さを軽減してくれるラッシーも美味しくて、見た目もかわいいと大人気です♪(桜、プレーン、抹茶味)

店内は“和”なイメージがあり、どんな客層の方でも入りやすい雰囲気。テーブル席からお一人でも寛げるようなお席まで人数に合わせたお席も用意してあります。

「傾奇(カブキ)」という名前には、好きなものをより極めていきたいという意味と、数あるお店の中でも何か変わったことをやっていきたいという想いが込められています。スープが二種類楽しめるなど、オリジナリティ溢れた傾奇(カブキ)でスープカレーを食べてみてはいかがでしょうか。

店舗名 傾奇(カブキ)
住所 北海道札幌市中央区南1条西3丁目8-11札石ビルB1
電話番号 011‐215‐1185
アクセス 札幌市電西4丁目駅から122m
営業時間 11:00~15:00、17:00~~22:00、土日祝11:00~22:00
定休日 不定休
ホームページ https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1055331/