【北海道・札幌】かわいすぎて食べるのがもったいない!おいしくてかわいいキャラパンを食べられる『うちは、ぱんや。』

 今回お邪魔したのは、札幌市の川沿にある『うちは、ぱんや。』。このインパクトのある店名が、ひときわ目を引くパン屋さんです。「英語が並んでいる店名より、このくらいハッキリした店名のほうが、小学生でもパン屋だと分かるでしょ?」とにこやかに話すのは、オーナーの中沢さんです。その中澤さんに、2018年7月3日にオープンした同店について、取材させていただきました。

インパクト大の店名!その思惑とは

 『うちは、ぱんや。』という、何を売っているお店なのか、一目で分かる店名が特徴的な同店。もちろん、パンを売っているお店です。なぜこの店名にしたかと言うと、周辺の環境が影響しているのだそうです。
 「このあたりは高齢者がとても多いエリア。更に、当店は小学校や中学校がとても近い場所にあります。“ベーカリー○○”などのように難しい店名だと、お子さまや高齢者はどんなお店なのか分かりにくかったり、敷居が高くて気軽に入れなかったりするのではないかと思いました。」
 思惑通り、小学生や中学生が学校帰りに立ち寄ったり、年配の方が毎日のように買いに来てくれるお店となったそうです。

看板メニューは、かわいいキャラパン!

 中沢さんは10年ほど他のパン屋さんで修業を積んだそうですが、その時にキャラパン(キャラクターパン)を作ったことがきっかけで、キャラパン作りの楽しさに目覚めたのだとか。「キャラパンを作っている時が、一番楽しかったし一番活き活きしていましたね。」と当時を振り返ります。その経験から、同店の看板メニューもキャラパン。かわいらしい顔がついたパンがずらりと並び、見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれます。一つひとつ表情が違うので、お気に入りの子を見つける楽しみもありますね!
 自慢のキャラパンは全部で6種類。人気のあざらし塩パンは、ほのかな塩気があってふんわりとした食感です。かわいいあざらしの顔に癒されながら召し上がってください。猫の顔が付いた木の実パンも人気商品だそうです。生地には、ハチミツ漬けのクルミを練りこんでいます。中身のジャムは、イチジク、レーズン、クランベリーを赤ワインと一緒に煮詰めたもの。意外とお酒との相性もいいので、大人の男性にもおすすめなのだとか。
 また、取材に伺ったタイミングで新商品も出ていました。その名も“食パンワン”!プレーンとチョコクリームの二種類をラインナップしています。犬のような耳まで付いていて、食べるのがもったいなくなりそうです。

野菜の旨味たっぷりの野菜パン

 以前レストランで働いた際に、オーブンでじっくりと野菜を焼いて、野菜の甘味や旨味を引き出す方法を習得したという中沢さん。野菜をオーブンで焼き、焦げた表面の皮を取り除くと、中身はとろっとやわらかくなってとてもおいしいのだそうです。
その知識を活かして作っているのが野菜パン。ごぼう、長ネギ、じゃがいも、にんじんなど、さまざまな野菜を使ったパンを開発しています。
 長ねぎブレッドには、焼いてとろとろになった長ネギが包まれています。生地には生コショウが練りこまれているので、ちょっと大人な味を楽しめますよ。また、オニオンブレッドは、やわらかく焼かれた玉ねぎを巻き込んだパンにチーズが乗っています。皆さまご存知の通り、チーズと玉ねぎの相性はバツグンなので、リピーターさんも多い逸品なのだそうです。

移動販売でも『うちは、ぱんや。』のパンを!

 「今後は、移動販売にもっと力を入れていきたいです。車を増やしたり、販売車の内装にもっとコストをかけたり。周辺の方だけでなく、いろいろな地域の方に当店のパンを召し上がっていただきたいですね。」と、熱く話してくれました。今後は移動販売でも、キャラパンや野菜パンを楽しめることになりそうですね!
 選ぶ楽しさを感じられるパンを提供してくれる『うちは、ぱんや。』。しかし、おいしさも追求し続け、よりおいしいパンを開発することに燃えています。同店のこだわりのパンを一度味わってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店名 うちは、ぱんや。
住所 北海道札幌市南区川沿6条2-2-37 ヒラマ不動産ビル1階
電話番号 011-522-7955
アクセス 真駒内駅から徒歩45分
営業時間 10:00~17:00
定休日 月曜日
URL https://minne.com/@kati3