キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
沖縄

【沖縄・浦添】サーロインが1,000円!?おいしくてリーズナブルな『01ステーキ』でお腹も心も満たされて♪

 お肉の旨味をダイレクトに味わうなら、やはりステーキですよね。しかしながら、おいしいお肉は100gで何千円というお値段。敷居が高く感じて、なかなかステーキハウスに足が向かない方も多いのではないでしょうか。
 そこでご紹介するお店が、屋富祖大通りにある『01(ゼロワン)ステーキ』。王道のサーロインが100g1,000円、200g1,700円、300g2,350円というリーズナブルなお値段でいただけます。しかも、サラダ、スープ、ライスは食べ放題!地元の肉好きを虜にしてやまない同店の魅力を取材してきました。

昼間はバイク、夜はステーキ!

 オーナーの松島さんは、『01ステーキ』がお店をかまえる屋富祖の出身。“この街をおいしいお肉で盛り上げたい”との想いで、2018年8月1日に同店をオープンしました。
 松島オーナーは、昼間は市内のバイクショップ『FIRST01』、夜は『01ステーキ』のオーナーとして2つのお店を経営しています。バイクショップが3年目を迎え、経営が落ち着いたことから、ずっとやってみたかった飲食店を開くことにしたのだとか。
 「沖縄にはステーキのお店が多いけど、屋富祖大通りにはなくて。だから、1店舗目はここに開こうって決めていました。どうして飲食店をやりたかったの?って聞かれたら、きっと僕が、人と話したり笑ったり、つながりを持つのが好きだからなんですよね。」

お客さまとのつながりに感じるうれしさ

 出店が決まってからお店が完成するまでは、長くかかりませんでした。松島オーナーはすでに、コンセプトや内装、メニューなど、お店の姿をくっきりと思い描いていたのです。

 ネオンが輝く店内は、アメリカンでおしゃれな雰囲気。レトロな革の椅子に座れば、まるで昔のアメリカのバーにいるかのようです。訪れるお客さまは20代から70代まで幅広く、そのときの客層に合わせてBGMを変えています。店内から聞こえてくる音楽に誘われ、ふらりとやってくるご新規さんも多いそうですよ。

 「昼はバイクショップにいて、夜になるとこっちに来て朝方まで…って生活だから、ゆっくり寝られないのが悩みですね。でも、常連さんがまた別のお客さまを連れてきて、人の輪が広がっていくのがうれしいし、やってて良かったなぁって思います。週に4回以上来てくださる方も多いんですよ。」
 どんなに多忙でも、ステーキや自分との会話を楽しみに来てくれるお客さまの存在が、頑張りの素になっているそうです。

 さて、そんな『01ステーキ』は、可愛くておいしいタピオカドリンクも販売しています。タピオカドリンクのお店としての屋号も持っていて、お祭りに出店することもあるのだとか。味は、ミルクチョコレート、マンゴー、ミルクティーなど8種類。もちもちのタピオカがたっぷり入った、甘いひとときをくれるドリンクです。

参りました!驚くほどリーズナブルかつ美味なステーキ

 同店のいちばんの魅力は、通いつめたくなる太っ腹なお値段と、それを感じさせないクオリティの高いステーキです。ステーキをオーダーすると、サラダ、スープ、ライスが食べ放題に。これは憎いサービスですね。

 王道のサーロインは、3種類あるステーキの中で断トツの人気です。なんと、100g1,000円でいただけます。ちなみに、倍の200gは1,700円。300gなら2,350円、400gでも2,990円と、たっぷり食べても「こんなに安くていいの!?」というリーズナブルさ。
 サーロインの醍醐味は、適度に入ったサシと柔らかな肉質。ナイフを入れるとジュワッとあふれる肉汁と香りがたまりませんね。


▲ランプ(200g1,000円、300g1,500円、400g2,000円)

 赤身の好きな方やヘルシー志向の方には、ランプがおすすめです。ももからお尻にかけての部分で、お肉はきめ細かく引き締まっています。脂肪が少ないのに柔らかく、噛めば噛むほど旨味が広がります。あっさりしていながら「お肉を食べてる!」と実感できる、食べ応え抜群のステーキです。


▲リブロース(200g1,700円、300g2,350円、400g2,990円)

 牛の肩から腰にかけての部位をロースといいますが、リブロースはその中でも上級のお肉です。細かくサシが入った柔らかい肉質はステーキにぴったり。熱を加えると溶けだす脂が、口の中でとろけるような食感を作ります。たっぷり400g食べても3,000円足らずというお値段には、頭が下がります。
 「その日さばいたお肉は、その日のうちにしか出しません。新鮮でおいしい状態のうちに食べてほしいから、大変だけどここは妥協できないですね。」と松島オーナー。

 『01ステーキ』では、ステーキの味付けをお客さまにおまかせしています。今日はにんにく醤油で和風に、今日は岩塩でさっぱりと…と選べる自由さがいいですね。
 ぜひ試してほしいのが、沖縄のステーキハウスには必ず置いてあるという“A1ソース”。野菜や果物、醸造酢を使ったパンチのある味わいが癖になります。

 一押しのドリンクは、オランダビールのハイネケンです。こちらは強めの炭酸が爽やかな、苦みとキレのあるビール。コロナビールはアルコールが強くなく、さらりとしていて飲みやすいのが特徴です。どちらも口の中をさっぱりさせてくれるので、ジューシーなステーキのおともにぴったりですよ。

うれしい気持ちで帰れるステーキ屋さんになりたい

 アメリカの影響もあり、沖縄では、観光地を中心にたくさんのステーキハウスがお店をかまえています。県民の皆さんは、「お酒の〆にもステーキ!」というほどステーキが大好き。『01ステーキ』にも、〆のステーキを求めて多くのお客さまが足を運びます。
 「お腹いっぱい食べて幸せになって、“また来たい”って思ってもらえるような…食べて飲んで、うれしい気持ちで帰れるステーキ屋さんを目指したいです。近いうちに2店舗目を出すのが、今の目標ですね!」
 大変だけれど日々幸せを感じる飲食の仕事が大好きな松島オーナー。目を輝かせながら、意気込みを語ってくださいました。

 おいしくてお財布に優しいステーキを浦添で味わうなら、『01ステーキ』で決まりです!

店舗名 01ステーキ(ゼロワンステーキ)
住所 沖縄県浦添市屋富祖3-7-12 プラザ88 1F
電話番号 080-3377-2901
アクセス ゆいレール古島駅から車で12分
営業時間 【月~木】19:00~翌2:00【金・土】19:00~翌6:00
定休日 日曜日
ホームページ https://fbhu300.gorp.jp/
店舗詳細はこちら