キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
沖縄

【沖縄・牧志】サクッと軽くて、毎日食べたい!『北のドーナツ』手づくりドーナツのお店が待望の店舗をオープン♪

 牧志にある『北のドーナツ』は、2019年2月にオープンした人気のドーナツ屋さん。
 同店のドーナツは、子どものころのおやつを思い出すなつかしい味。油で揚げているのにさっくり軽くて、毎日食べても飽きません。ご近所のマダムをはじめ、老若男女に愛されてやまない同店の魅力をご紹介します。

北の大地で出会ったドーナツを、沖縄へ

 鈴木オーナーとドーナツの出会いは、仕事で訪れた北海道でのことでした。
 「そのときは僕、別の商品を売っていたんですよ。毎朝、となりに出店してたドーナツ屋さんのできたてドーナツを食べてて。それがもうおいしくて、惚れこんでしまったんです。」

 そんな鈴木オーナーを見たドーナツ屋さんはとても喜び、「教えてあげるから、よかったらこのドーナツを作ってみないかい?」と素敵な提案をしてくれました。
 鈴木オーナー自身も、生まれは北海道。ゆかりのある地のおいしいドーナツを、たくさんの人に食べてもらえたら…と、ドーナツづくりの技術を学ぶことにしたのだそう。

 しばらくは店舗を持たずに、商業施設のイベントやお祭りなどでドーナツを販売していた『北のドーナツ』。沖縄の奥武山公園への出店が、転機となりました。

 「福岡に戻ったら、“問い合わせがたくさん来てるよ”って電話があって。“ポップサーカスのときにも、テントで販売しませんか?”って誘われたんです。ちょうど花粉症がツラい時期だったから、沖縄に避難するのもいいなと思って(笑)。その間にもいろんなところから出店の依頼が来てたのがきっかけで、本格的に沖縄で商売をはじめようと思いました。」

近所の人たちに愛されてやまないドーナツ屋さん

 鈴木オーナーにドーナツづくりの技を伝えたのは、札幌にあった『北のドーナツ 花』でした。『北のドーナツ』という屋号は、師匠のお店からいただいたもののようです。

 「ここは隣のお店の倉庫だったんですが、タイミングよくご紹介いただいて。スペース的にも十分だし、国際通りにも近いし、目の前にはホテルがあるし、申し分ない場所だなぁと思って決めました。」

 店舗をかまえるにあたって、同店はイベント時とはスタイルを一新。お客さま自身がトングを持って、好きなドーナツを選べるようになりました。

 「おかげさまで、売上も順調ですよ。よく買いに来てくれるのは、近所の方かな。“今日はお客さんが来るから”って。自分のおやつだけじゃなくて、おもてなしのお菓子にも使ってもらえるのはうれしいですね。」

 『北のドーナツ』には、近所の常連さんを中心に、老若男女問わないお客さまが訪れます。地域のマダムたちも、お茶会の手土産によくドーナツを買っていくのだとか。

3歳の子どもも夢中!優しい甘さのさっくりドーナツ


▲チョコレート、アールグレイ

 「ドーナツってふつう、食べても週に1回とかですよね。でも僕のドーナツは油っこくなくて軽いから、毎日でも食べていただけると思います。さすがに、毎日食べたら飽きるかもしれませんけどね(笑)。」

 お店には、プレーン、チョコレート、抹茶、シナモン、アールグレイなど、定番のフレーバーが並びます。13種類のメニューはほぼ固定ですが、これからは1~2種類ずつ、月替わりのドーナツを出すことも検討中だそうです。

 お店の顔は、こちらの“とうもろこし”。ホワイトチョコを塗ったドーナツの上に、たっぷりのコーンフレークを振りかけました。サクサクッと軽い食感で、ついふたつ目に手が伸びるおいしさです。

  “シークワーサー”は、甘酸っぱいシークワーサーのグレーズをかけたドーナツです。沖縄の甘塩を使った“マース”と並んで、ご当地らしいさわやかな味が楽しめます。

 “キャラメリゼ”は、最近の人気メニュー。香ばしくほろ苦い焦がし砂糖が、ちょっぴり大人の味わいです。コーヒーや紅茶を淹れて、午後のティータイムにいかがでしょうか。

 「すごくいい小麦粉を使うとか、そういうこだわりはないですね。一般的な材料を使うけど、技術面にはとことんこだわっています。」と鈴木オーナー。ドーナツ生地をつくるときは、その日の気温や湿度を自分の肌で感じて、水の量を調節しているのだそう。機械に通さず、こねるときもしっかり手でおこないます。

 「僕もここに行き着くまで、かなりの年月がかかりました。今、自分の中での満足度は90%くらいかな?自信を持って出せるドーナツになりました。」
 3歳の子どものお母さんからは、「子どもが、ここのドーナツしか食べたくないって言うんです!」とうれしい問い合わせが。ちいさな子どもにも違いがわかる、まじりっ気のないおいしさです。


▲お見事!パーティーにぴったりのドーナツタワー(要予約)

ドーナツがつないでくれた人との縁

 「向かいのマンションの営業さんが僕のドーナツを食べて、すごく気に入ってくれたんですよ。そしたら後日、入居が決まった人に、わざわざ買って行っておすすめしてくれて。あのときはすごくうれしかったですね。」

 鈴木オーナーは、ドーナツを作り続けてはや10年。お店のFacebookを通し、どんどん新しいお客さまと繋がっています。
 『北のドーナツ』に来たお客さまが、「おいしかったよ」とネットでお店を紹介し、それを見たお客さまがドーナツを買いに来てくれる。そんな風に、大切にしたい人たちとの絆が増えていくことが、なにより幸せなのだそうです。


▲イベントでも大人気!

 「このドーナツを、もっと皆さんに知ってもらいたいです。油で揚げてもこんなに軽いんだよ、って。夏になったら、冷やしドーナツをやろうと思ってます。冷凍庫で冷やしてアイスみたいにして…。お土産屋さんとかで扱ってもらえたら、おもしろいですよね。」
 お店のこれからを語る鈴木オーナーの瞳は、ドーナツをほおばる子どものようにキラキラしていました。

 幼い日のおやつを思い出す、素朴なドーナツに出会える『北のドーナツ』。ずっと変わらずにいてほしい、ティータイムに幸せを届けるドーナツ屋さんです。

店舗名 北のドーナツ
住所 沖縄県那覇市牧志2-13-14 比嘉アパート1F
電話番号 080-1724-7082
アクセス ゆいレール牧志駅・美栄橋駅から徒歩8分
営業時間 11:00~18:00
定休日 水曜日
ホームページ https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47023857/
SNS
店舗詳細はこちら