キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル
東京

【東京・代々木】体のために飲むコーヒー『最強のバターコーヒー』へ行ってきた!

代々木駅のすぐ駅前に開店した『最強のバターコーヒー』。健康効果が期待されているバターコーヒーとバター紅茶の、テイクアウト専門店です。同店で扱っている商品は全て、「これ以上のものはない」というほど良質な食材が使われています。

バターコーヒーとは?

最強のバターコーヒー

『最強のバターコーヒー』で提供しているのは、バターコーヒーとバター紅茶。店のバターコーヒーは、バターとMCT(中鎖脂肪酸)オイル、コーヒーの3つの素材から作られます。味はクリーミーでカプチーノのような味わい。一般的に飲まれるコーヒーは嗜好性が強いのに対して、バターコーヒーは健康への効果から飲まれる傾向にあるそうです。

バターコーヒーの健康効果については、バターの風味や油分が満腹感を持続させるほか、中鎖脂肪酸は体内で早く消化吸収され体に溜まりにくく、脂肪燃焼を促進すると言われています。

最強のバターコーヒー

『最強のバターコーヒー』のオーナーの坂上さんは、以前からバターコーヒーを継続して飲んでいたところ体重の減少と体調の改善が見られたということで、このバターコーヒーを多くの人に知ってもらいたいと、この店をオープンさせました。

食材は全て“最強”のもの

最強のバターコーヒー

店名からもわかるように、店では「これ以上のものはない」という最強の品質のバターコーヒーを提供することにこだわっています。
プレミアムメニューで使用しているバターは北海道産の有機JAS認証バターと呼ばれるものであり、乳牛に与えらている飼料は自社で有機栽培されているコーンや飼料米。化学肥料や農薬・防腐剤・遺伝子組み換え・抗生物質の影響は受けていない最強のものです。

最強のバターコーヒー

コーヒーは、アラビカ種のストレートコーヒーを浅煎りで焙煎した豆を使用しています。浅煎りの豆を使用することにより、カフェインとコーヒーポリフェノールをより効果的に摂取できるとのこと。浅煎りなので酸味が強くなりますが、バターの風味でまろやかに感じられるようになります。また店では、コーヒーが苦手という人のために、農薬などを使わない有機栽培の紅茶も用意しています。

管理栄養士が入れるコーヒー

最強のバターコーヒー

同店では、管理栄養士の資格を持つスタッフが働いています。これはバターコーヒーの栄養の効果について、確かな情報をきちんとお客さんに説明したいという店の方針によるものです。どんな栄養素が含まれているのか、どんなタイミングで飲むのがいいのか・・・などを管理栄養士のスタッフが詳しく教えてくれます。上記写真の黒い制服のスタッフの方は、全員管理栄養士資格保持者のため、気になることがあればぜひ、質問してみてはいかがでしょうか。

管理栄養士のMOMOKOさんとANNAさんは「糖質量の多いものと一緒に飲んでしまうと、バターコーヒーの効果が失われます。バターコーヒーについての正しい情報を多くの人に知ってもらいたい。驚きの効果を感じていただく為にも、毎日続けて飲んでもらえたら嬉しいです。」と話していました。

以前は、安眠の観点から夜にカフェインを摂取することを推奨せず、閉店時間を早くしていましたが、現在は、カフェインレスのメニューも開発されたため、平日は19時まで営業しています。

店舗名 最強のバターコーヒー
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-38-6
電話番号 03-3320-3194
アクセス JR代々木駅から徒歩約30秒
営業時間 平日 8:00~19:00 (土日祝 10:00~18:00)
定休日 年中無休
ホームページ http://www.buttercoffee.shop/
店舗詳細はこちら

関連する記事