キーワード・エリア
検索条件選択
キーワードの入力
  • で検索する
エリアの選択
市区町村
店舗ジャンル
何も選択されていません
開店日の選択
/市区町村の選択
ジャンル

【沖縄・うるま】ノーマルな沖縄そばだけじゃない!『沖縄そば 笑家』オリジナルの変わり種そばをお試しあれ

 うつくしいエメラルド色の海を渡って離島へ行ける、沖縄の観光名所・海中道路。『沖縄そば 笑家(わらや)』は、そんな海中道路の出発点・うるま市にある食堂です。

 同店で味わえるのは、三枚肉や軟骨ソーキがのった定番の沖縄そばだけではありません。あさりそば、鶏ハムそばなどのオリジナルメニューが、冒険心をくすぐります。
 笑顔の接客と味を武器にお店を切り盛りする、オーナーの小橋川(こばしかわ)さんにインタビューしてきました。

父の夢を受け継いで、沖縄そばのお店をオープン

 沖縄そばのお店を出すことは、小橋川オーナーのお父さまの夢でした。「近所の人も観光客も、みんなが笑顔になるおいしい沖縄そばを」と、20年もの間味の研究を続けてきたのだとか。

 ところが、年齢や体力の問題から、お父さまは夢なかばで開業を断念してしまいます。そんなお父さまの一生懸命な背中を見ていた小橋川オーナーは、その夢を引き継ぎ、かたちにすることを決意。2017年12月、父から息子へ受け継がれる味をたずさえ、『沖縄そば 笑家』が誕生しました。

 「僕、飲食店でいちばん大事なのは“笑顔”だと思ってるんです。だから、“笑”という字を必ず入れたいと思っていました。」
 お客さまが自分のそばを食べて、「おいしかったよ」と笑顔で帰ってくれたら…。そんな想いを込め、お店に『笑家』と名づけたそうです。

地元民、観光客、あらゆる世代に愛されるお店

 お店は県道沿いにあり、駐車場も広め。ドライブや観光の合間にお腹がすいたら、ふらっと立ち寄ることができますよ。

 内装はあたたかみのある木目が基調で、居心地のよい雰囲気。小さなカウンターとテーブル席、こぢんまりした小上がり席が用意されています。

 「地元の人も観光客も、気軽に来られる場所がいいなと思って物件を探しました。」と小橋川オーナー。いちばんの宝物は、「おいしかったよ」「ありがとう」とお客さまがくれる笑顔です。お客さまに喜んでもらうには、どうしたらいいか。お店づくりの基準となっているのは、いつもその気持ちだといいます。

 店内には、手づくりの観光案内板も。とれたての農産物が並ぶマルシェ、子どもと一緒に楽しめる動物園や科学館、世界遺産など、観光スポットへのアクセスがまるわかりです。しっかりお腹を満たしたら、次のスポットに向けて出発しましょう!

 「壁にかけてある飾りは、僕の母のハンドメイドです。販売もしてるので、気に入ったものがあれば声をかけてくださいね。」
 ハンドメイドだけあって、一つとして同じ表情のものはありません。お母さまのあたたかな人柄が伝わってきますね。料理を待ちながら、ゆっくり小物を眺めるのも楽しいですよ。

食べればふふっと笑みがこぼれる沖縄そば

 『笑家』の魅力は、初めての方も常連さんも楽しめる豊富なメニューです。変わった具材をのせた沖縄そばやオリジナル餃子など、定番にとらわれない自由なメニューづくりをしています。

 沖縄そばは大が650円、小が550円。+100円で白いご飯またはジューシー(沖縄風炊き込みご飯)を追加できるのも、粋なサービスです。
 あっさりした透明なスープは、豚骨やカツオのだしが奏でる優しい味。長時間煮込んで雑味をとばし、最後の一滴まで飲み干したい上品な味に仕上げています。

 “軟骨ソーキそば”は、ほろほろに煮込まれたソーキ(骨付きあばら肉)がのった沖縄そば。王道の“三枚肉そば”とともに、不動の人気です。
 数量限定の“あぶり軟骨ソーキそば”(780円)は仕込みに3日かかるため、いつ出会えるかわからないレアメニューです。

 お店に来たら、まずは“あさりそば”を食べてみてください。上品なスープに貝ダシの深みが加わり、ホッとする味わいです。「笑家に来たらあさりそば!」と、常連さんの支持も熱い一杯です。

 “ゆず香る鶏ハムそば”も、お店ならではのオリジナル。しっとり柔らかい自家製鶏ハムが、スープと相性抜群です。ゆずは別添えで出てくるので、お好みで。さわやかな香りを楽しみましょう。

 今日は贅沢するぞ!という気分のときは、全部のせ一択です!“笑家そば”(大780円、小730円)は、軟骨ソーキ、三枚肉、鶏ハムがドドンとのった豪華な一杯。+50円であさりを追加できますよ。
 三枚肉丼セット(1,000円)、手づくり餃子セット(餃子とジューシーつき1,050円)、スペシャルセット(餃子と三枚肉丼つき1,100円)など、満腹必至のお得なセットもあります。

 季節限定の“春そば”は、ピンク色の桜えびやみずみずしい菜の花が春らしさ満点です。青ネギや紅しょうが、錦糸卵の彩りもかわいらしいですね。女性に好評のこちらのメニュー、人気のあまり期間を延長して提供しているのだとか。


▲ネギマヨ&エビマヨ餃子

 もちもちで肉汁たっぷりのオリジナル餃子は、オープン以来改良を繰り返し、さらにおいしくなりました。ノーマルな餃子はもちろん、エビマヨ餃子もおすすめ。エビを餡に入れず、上にトッピングしているのが斬新ですね。

 「ネギマヨ餃子もファンが多くて、毎回これしか食べないお客さんもいます(笑)。キッチンまで聞こえる声で“めっちゃおいしい!”って喜んでくれた人もいて、そのときは本当にうれしかったですね。」

次は何を食べる?あなたも常連の仲間入り!

 メニューに続く、同店のもうひとつの魅力は、「次はこれを食べよう」と楽しみにしながら、何度も足を運べるところ。お財布にも優しいので、全メニュー制覇したくなりますね!

 「ほかのお店では食べられないオリジナルそばもあるから、いろんな人に楽しんでもらえると思います。沖縄そばのお店は数えきれないほどあるけど、その中でうちを選んでくれたお客さんを、これからも大切に営業していきたいです。」

 小橋川オーナーの次なる目標は、店舗展開。オープンしてからまだ1年半ほどですが、これからのビジョンはくっきりと思い描いています。
 笑顔のおもてなしが、たくさんのお客さまの心をあたためる『沖縄そば 笑家』。うるま市にお越しの際は、こだわりの沖縄そばと餃子をぜひ味わいに来てくださいね。

店舗名 沖縄そば 笑家(わらや)
住所 沖縄県うるま市田場1061-1 山根店舗
電話番号 098-973-0650
アクセス ゆいレール首里駅から車で約34分
営業時間 11:00~17:00
定休日 木曜日
ホームページ https://www.facebook.com/1719174561474751/

関連するタグ: