経営支援

飲食店が導入すべきレジはこれ!軽減税率対策は大丈夫?

開店ポータル編集部
2019/06/10
(※この記事は2020年1月7日に更新されています)

 2019年10月から消費税率が10%に引き上げられましたが、外食や酒類を除く食料品(生鮮食品、加工食品など)に関しては、税率を8%のままとする“軽減税率”が適用されます。

 多くの飲食店経営者は、「外食」にあたるのだから、増税後は、単に税率10%で会計をすればいいだろうと思いがちです。確かにイートインの場合は外食とみなされ、10%の税率がかかります。しかし、テイクアウトやデリバリーの商品は加工食品の購入とみなされ、軽減税率が適用されます。
 つまり営業スタイルによっては、10%と8%の2つの税率を使い分けて、会計や売上計算をする必要があるのです。

軽減税率対策をおこなわないと、どうなる?

 飲食店において、次のような商品には軽減税率が適用されます。

①お弁当やお惣菜、ドリンクなどのテイクアウト商品
②ラーメン、そば、ピザなどのデリバリー商品
③屋台で提供される料理(イートイン設備がないもの)
④寿司店のお土産


 イートインの他にテイクアウトやデリバリーをおこなうお店では、消費税率10%と8%の両方に対応したレジや会計システムが必要となります。増税にともなう軽減税率の導入に、しっかり備えておかなければなりません。スタッフやお客様を混乱させたり、売上計算を間違えたり、それらによって生まれたミスがクレームに発展したりと、さまざまなトラブルが予想されるからです。

軽減税率対策補助金を使ってかしこくレジの買い替えを

         
 軽減税率に対応したレジに買い替えたいけれど、お金に余裕がない…とお悩みの方も、心配はいりません。
 新しいレジの導入を手助けする、軽減税率対策補助金の交付を受けることができます。

 導入する機器の内容や金額によって補助率が以下のように変わるため、申請のさいは注意しましょう。

タブレットなどの汎用端末
補助率1/2

レジ1台+付属機器(合計額30,000円未満)
補助率3/4

レジ2台以上またはレジ1台のみ+付属機器(合計額30,000円以上)
補助率2/3

 上記のすべてにおいて、補助金の上限額はレジ1台あたり20万円です。
 お店の状況に合わせて導入機器を決め、補助金の申請をおこないましょう。

■補助対象期間
2016年3月29日~2019年9月30日
※上記期間中に複数税率対応レジおよびレジシステムの導入、または改修を終え、支払いを完了する必要があります
※すでに導入を済ませている場合も、2016年3月29日以降に購入・契約開始していれば補助の対象となります

「機能性・利便性・スマート」が揃うblaynレジ


 軽減税率対応のレジを導入するなら、ブレイン株式会社が提供するPOSレジblayn(ブレイン)がおすすめです。
 レジ本体となるタブレットやオーダーエントリーシステム・ハンディで構成され、スマートなデザインがあらゆるお店の雰囲気になじみます。
 もちろん、スマートなのは見た目だけではありません。

 以下に、同レジの魅力をまとめました。

①誰でも簡単に操作できる

 blaynのオーダーシステムはとても簡単。ハンディで商品ボタンをタップするだけでオーダーを入力でき、注文ボタンをスライドすれば、キッチンとレジの両方に会計情報が送られます。
 従来のように手書きで伝票を作り、オーダーをキッチンに伝え、お会計も一から打ち込むという手間がかかりません。スマートフォンのように操作できるため、機械に慣れていない方や新人スタッフでもすぐに使い方をマスターできます。

②店内状況や売上をリアルタイムでチェックできる

 blaynでは、いつでもどこでも、PCやスマートフォンから売上をチェックできます。商品別、部門別、テーブル別の“ABC分析”、曜日や時間帯、月日に分けた売上分析が一台でおこなえます。売上目標の設定に役立ちますね。
 また、店内の稼働状況をリアルタイムでチェックできるため、テーブルごとの客数や会計額も一目で確認できます。スタッフの目が行き届きにくい2階建て、3階建てのお店でも、店内の状況が把握できるのはうれしいポイントです。

③業務を効率化する機能が盛りだくさん

 業務を効率化するさまざまな機能も充実しています。カレー店なら、ルーの辛さやご飯の量、トッピングの種類を。そして居酒屋なら、ストレート、水割り、ソーダ割りといった飲み方を商品詳細に登録できるので、オーダー入力がスムーズになります。タイマー機能を使えば、飲み放題の時間を計ることも可能です。
 レジ本体となるタブレットには、レシート用紙や周辺機器のオンライン注文ができる機能も。管理画面からは、レシートデザインのカスタマイズが簡単におこなえます。

④分かりやすい料金体系

 サービス利用料が月額0円の無料版と、月額9,800円のプレミアム版が選べるblayn。料金体系はレジ本体+周辺機器+月額利用料、と大変分かりやすいのが魅力です。
 無料版の周辺機器はキャッシュドロアー(8,650円)のみですが、プレミアム版では他にも、ハンディ(21,800円)、キッチンプリンター(48,200円)、WiFiルーター(16,000円)などを追加購入できます。設置や操作方法のレクチャーをしてもらえたり、夜遅くまでつながる電話サポートを受けられたりと、アフターサービスも至れり尽くせりです。
 

【動画】40秒でわかる!blaynレジのメリット

 ※音量にご注意ください

新しいレジの導入で、早めの対策を

 軽減税率対策は、難しいものではありません。補助金の申請をおこない、かしこく軽減税率対応のレジを導入しましょう。

 本記事で紹介したblaynなら、操作が簡単でストレスフリーに使えるため、新人スタッフの教育にも時間はかかりません。増税にともなう集客の落ち込み対策、そして、会計時や売上計算で慌てないための軽減税率対策に、さっそく取りかかりましょう。

 開店ポータルBizでは、POSレジ、軽減税率対策についてのご相談を無料で承っております。インフラまわりのコスト削減のほか、賃料適正化サービスなどのご提案もしておりますので、店舗運営にまつわるお悩みごとがある方は、お気軽に下記のフォームよりご連絡ください。

開店ポータルBizへ無料相談する

開店・開業に関するお悩みなどお気軽に相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2019/06/10