経営支援

飲食店経営の味方 返済不要の支援金 「助成金」とは

開店ポータル編集部
2018/05/07
 事業を経営するにあたり、ついてまわるお金の悩み。開業時はもちろん、開業後にもさまざまな費用が発生し、資金繰りや資金調達に頭を抱えている経営者も多いのではないでしょうか。その悩みを解決する手助けをしてくれるのが、助成金制度です。

 
返済不要の支援金として受給できる、知らないともったいない制度です。本記事では助成金について簡単に説明していきます。まだ利用していない経営者のみなさまは是非参考にしてみてください。

助成金とは事業者向けの支援金


 助成金とは、厚生労働省や経済産業省、外郭団体によって事業者向けに支給される支援金です。「借りる」のではなく、「もらえるお金」なので、返済義務がありません。使い道も決められていないため、機材調達や借金の返済などにもあてることができます。

 一言で助成金といっても、その種類は豊富です。それぞれ支給条件や支給額が異なりますが、支給条件を満たしていれば交付されやすいのが助成金の特徴です。資金調達の強い味方ではありますが、申請をしてからすぐに受け取れるものではないという点に注意しましょう。

意外と知らない助成金の種類


 助成金にはさまざまな種類があります。各助成金は、従業員の雇用労働環境の整備スキルアップ研修などの取り組みにわかれています。

 どのような取り組みが、どの助成金の支給対象となるのでしょうか。5つをピックアップして見てみましょう。
 なお、以下の助成金は全て、2018年4月現在に募集している内容となります。

①雇用調整助成金

 さまざまな経済上の理由で、事業の継続を現状維持するのが難しくなった場合に、従業員の雇用状態を保つために雇用調整をすると支給される助成金です。雇用調整には休業、教育訓練、出向が含まれます。

 この助成金には、支給条件がいくつかあり、その全てを満たしている場合に支給対象となります。例えば、雇用保険に加入していることや、売上高や雇用数が前年比で一定以上減少していること、雇用調整の取り組み内容が規定をクリアしていることなどが挙げられます。条件を満たしているかどうか、一つひとつ確認してから申し込みを進めましょう。

②特定求職者雇用開発助成金

 高齢者や障がい者、就職不安定者など就職困難者の雇用に関する助成金です。コースは以下の7つがあります。
特定就職困難者コース
生涯現役コース
発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース
三年以内既卒者等採用定着コース
障害者初回雇用コース
長期不安定雇用者雇用開発コース
生活保護受給者等雇用開発コース


 上記のほとんどは、ハローワークや職業紹介事業者などからの紹介による雇用が支給対象となります。障がいの種類や初回の雇用かどうかでコースが異なるので、どれに該当するのかは確認が必要です。

 また、不安定な就職状況が続いている方や、3年以内に学校を卒業、中退した方を初めて雇用した場合に対象となるコースもあります。

③人材開発支援助成金 

 研修や教育に関する助成金です。訓練内容によって7つのコースにわかれます。
特定訓練コース
一般訓練コース
教育訓練休暇付与コース
特別育成訓練コース
建設労働者認定訓練コース
建設労働者技能実習コース
障害者職業能力開発コース


 若い世代や非正規社員向けの訓練から、海外関連の事業、建設関連など各事業に特化した訓練などさまざまです。従業員が専門知識や技術を得るための取り組みをおこなうことで交付されます。障がい者のための訓練施設を設置して、訓練環境を整えることも支給の対象として認められるようです。

④キャリアアップ助成金

 非正規雇用者のキャリアアップに関する助成金です。コースは以下の7つです。
正社員化コース
賃金規定等改定コース
健康診断制度コース
賃金規定等共通化コース
諸手当制度共通化コース
選択的適用拡大導入時処遇改善コース
短時間労働者労働時間延長コース


 非正規社員のキャリアアップのために、労働を続けやすい環境を整える取り組みが該当します。例えば、正社員として雇用したり、正社員と共通の賃金規定の設けて適用する、などがあります。飲食店ではパートやアルバイトを雇う機会が多いので、覚えておくと良いでしょう。

⑤両立支援等助成金

 介護や育児による休職や、仕事との両立に関する助成金で、5つのコースがあります。
・出生時両立支援コース 
・介護離職防止支援コース
・育児休業等支援コース
・再雇用者評価処遇コース
・女性活躍加速化コース


 女性の管理職や主夫が増えている現代で、男性の育児休暇取得を推進したり、休職後に復帰しやすい職場環境を整える取り組みをおこなった際に支給されます。育児だけでなく、介護との両立女性が働きやすい職場環境の整備も対象となります。

プロのサポートで手続きを簡単に


 助成金に興味があっても、お店の経営が忙しくて、申請書類の作成にあてる時間がなく後回しにしてしまい申し込みにふみ切れない場合も。そのような時にサポートしてくれるのがTRIPORT株式会社です。

 適用可能な助成金を探して受給額の見積もりを出してくれたり、申込み書類の作成や、申請までを代行してくれるサービスをおこなっています。
TRIPORT株式会社 HP:https://triport.co.jp/


助成金を活用して、かしこく資金調達を


 資金面で経営を支援してくれる助成金ですが、ただ闇雲に適用させるのではなく、店舗や従業員にとっても有益となる取り組みを選択しましょう。助成金を受給したいけれど、どの助成金に申請すべきかわからない場合は、従業員に現場の問題点や要望を聞いて、それに該当するものを選ぶのも一つの手です。そうすることで助成金を活用しながら、従業員の満足度や業務効率をアップさせることもできますよね。
 助成金には、申込みが一定数を超えると募集を終了してしまうものもあります。検討しているものがある場合は、はやめに申込むようにしましょう。

 開店ポータルでは、助成金の無料診断をご案内しています。気になる方はぜひこちらからお気軽にご連絡ください。
 
開店ポータル編集部
2018/05/07