IT・ネット環境 一覧

  • 法人・個人に人気の光回線15選!【ご相談無料】
     インターネットを利用するのに欠かせない光回線。さまざまな会社が似たりよったりのサービスを提供しているため、どれを選んだら良いかわからないと頭を悩ませている方も多いでしょう。  おすすめの光回線は、ユーザーが住む地域や物件のタイプ、所有の携帯電話のキャリアなどによって変わります。本記事では15のサービスに絞り、それぞれの主な特徴についてご説明します。光回線の契約にお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。 光回線とは?   光回線とは、インターネット回線のうちの一つです。最大の特長は、モバイル回線やケーブル回線、ADSL回線といったほかの回線と比べて、通信速度が速いことにあります。通信制限がなく無制限で利用できるため、インターネットをたくさん利用したい方にはぴったりです。  また、オプションとしてひかり電話やひかりTVの利用が可能になるというメリットもあります。たとえば飲食店の場合、出前や予約受付で必要となる電話も一緒に申し込みも可能です。 個人契約と法人契約の違いとは?  光回線のサービスによっては、個人向けのプランを法人名義で契約できるものもあれば、法人専用のプランを提供しているものがあります。  基本的には、個人で契約しても法人で契約しても大まかなサービス内容は変わりません。法人名義で契約した場合は、固定IPアドレスが取得できること、一度に接続できるパソコンの台数が増えること、領収書の発行が可能などというサービスを受けられることが多いです。  しかし特に必要なければ、個人名義での契約で十分に利用できます。法人プランだと料金が上がる場合もあるので、小規模な事業所やパソコン利用がほとんどない飲食店などは、希望の利用環境を考慮したうえで契約をしましょう。 おすすめの光回線サービス15選   本記事でご説明するのは以下の15の光回線です。  ・フレッツ光 ・SoftBank光 ・So-net光 ・Docomo光 ・ぷらら光 ・nifty光 ・楽天コミュニケーションズ光 ・Drive光 ・auひかり ・Biglobe光 ・OCN光 ・NURO ・コミュファ光 ・BBIQ ・メガエッグ  それぞれ特徴が異なるので、一つずつ順にご説明していきます。 法人・個人での契約が可能なもの  法人名義と個人名義で契約内容が変わらず、同じクオリティーのサービスを受けることができます。 ・フレッツ光 NTT西日本 フレッツ光 HP:https://flets-w.com/  フレッツ光は、NTT東日本と西日本が提供する光回線です。最大1Gbpsの速度で、快適にインターネットを利用できます。契約プランは主に、定額制のフレッツ光ネクストと、利用量に応じて料金が決まるフレッツ光ネクストの2種類。インターネットの利用頻度が高い場合やWi-Fiを利用するのであれば、フレッツ光ネクストがおすすめです。  東日本と西日本で料金や契約プランが異なるため、利用を検討している物件がどちらにあたるのか確認しておきましょう。  戸建ての場合の料金体系は一つのみですが、集合住宅やビルの場合は、プランミニ、プラン1、プラン2があります。それぞれの物件によって定められているため、自由に選ぶことはできません。   ・SoftBank光 Sofrbank光 HP: https://www.softbank.jp/ybb/special/sbhikari-01/  SofrBank光は、光コラボレーションサービスの一つです。既にフレッツ光を利用している方であれば、転用というかたちになり工事なしで切り替えられます。転用する場合も新規で申し込む場合も月額の基本料金は変わりません。  個人名義での申し込みの場合、SoftBankやYモバイルの携帯電話を持っていれば、セット割引が適用されます。契約内容に応じて携帯料金が安くなるためおすすめです。  また、SoftBank光では割引や工事費用実質無料や、他社からの乗り換えで解約金キャッシュバックなど、お得なキャンペーンを随時おこなっています。   ・So-net 光 So-net光 HP: https://www.so-net.ne.jp/access/hikari/collabo/  So-netが提供する光コラボレーションサービスです。工事費用実費無料のキャンペーンをおこなっているため、新規で契約するのもお得です。  auひかりと同様に、auの携帯電話を利用していれば、携帯電話の料金の割引が適用されます。   ・ドコモ光 ドコモ光 HP:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/  ドコモ光はドコモが提供する光コラボレーションです。通常の光コラボレーションはプロバイダーが定められていますが、ドコモ光は24種類のうちから選択可能。選ぶものによって月額料金が変わります。  SoftBank光と同じように、ドコモの携帯をお持ちであればセット割が適用になり、よりお得にインターネットを利用できます。  dポイントプレゼントや工事費用が無料になるお得なキャンペーンを実施しているのでそちらの要チェックです。   ・ぷらら光 ぷらら光 HP:https://www.plala.or.jp/p-hikari/  ぷららが提供する光コラボレーションサービスです。最低利用期間や解約金はなく、工事費の残債がある方のみ解約時の請求が発生する仕組みです。ただし、ひかりTVは利用期間に応じて解約金がかかるため注意してください。  光回線と一緒に、アンテナ不要のひかりTVを申し込めるプランもあります。別々で申し込むよりもお得になるため、ひかりTVの導入を考えている方におすすめです。   ・@nifty光 @nifty光 HP:https://setsuzoku.nifty.com/niftyhikari/  niftyが提供する光コラボレーションです。2年契約と3年契約の料金プランがあり、3年契約の方が、月額料金は安くなります。また、東西をまたがない移転の場合は、工事費用が無料になるキャンペーンもおこなっています。  ひかりTVのほか、@nifty光を利用した光テレビや光電話が利用できるメリットがあります。   ・楽天ひかり 楽天ひかり HP:https://hikari.rakuten.co.jp/  楽天が提供する光コラボレーションのサービスです。電話や訪問での設定サポートやルーターのレンタル、セキュリティなど無料のオプションが充実しています。   月額料金が抑えられるだけでなく、楽天のスーパーポイントが毎月200ポイントもらえるお得な特典もあります。   ・Drive光 Drive光 HP:http://drive-net.jp/  Driveが提供する光コラボレーションです。新規、転用共に料金プランが複数あるのが特徴となっています。プランによって回線の速度や安定性がかわるため、安さをとるか快適性をとるか、希望の利用スタイルにあわせて選べます。  また、定額制のものに加えて、使用量に応じて金額が変動する通信量制のプランも用意しています。   ・auひかり auひかり HP:https://www.au.com/internet/  KDDIが提供する光回線です。ISPは7社の中から選択可能。どれを選んでも月額料金は変わりません。工事費用や移転費用が実質無料のため、お得に利用できるうえ、継続しやすくなっています。  通話料が安く、電話とファックスなど、2回線利用することも可能なため、法人契約にもぴったりです。auの携帯電話を契約していれば、携帯電話の料金が安くなる割引が適用されます。しかし法人名義での申し込みや契約内容によっては、適用されない場合もあります。 法人(オフィス)向けのプランがあるサービス  個人向けのサービスとは別に、オフィスなどの企業向けの契約を提供しているサービスもあります。 ・Biglobe光 Biglobe光 HP:https://join.biglobe.ne.jp/ftth/hikari/  Biglobeが提供する光コラボレーションサービスです。法人向けビッグローブ光は料金がお得になるだけでなく、IPv6接続という接続方式によってより快適にインターネットを利用できるようになります。  法人専用窓口があるため、導入や利用するうえで困ったことがあればしっかりとサポートしてもらえます。もしも個人名義で申し込む場合、auの携帯電話を利用していれば携帯電話や回線料金の割引が適用されます。   ・OCN光 OCN光 HP: https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari.html  OCNが提供する光コラボレーションサービスで、法人向けのサービスがあります。IPoEという新たな通信方式に対応したルーターを利用できるパッケージも揃えており、より快適にインターネットを利用することができます。  PC内部を守るものやWebサイトからの被害を防ぐもの、LAN内を守るものといったセキュリティサービスを用意しています。   ・NURO光 NURO光 HP:https://www.nuro.jp/  So-netが提供する光回線のサービスです。関東を中心に、関西や中部、九州と利用可能エリアが拡大しています。最大2Gbpsの通信速度で、快適にインターネットを利用できるのが大きなメリットです。  法人、SOHO、個人事業主向けにはNURO Bizを提供しています。そのなかでスタンダード、プレミアム、エントリー、NEXT 10Gの4つのプランがあるため、自社にあったものを選べます。  個人名義でNURO光を契約する場合は、携帯電話がSoftBankであれば携帯電話の料金が割引になるためよりお得に利用できます。   ・コミュファ光 コミュファ光 HP:https://www.commufa.jp/  中部テレコミュニケーションが提供する光回線のサービスで、一部地域を除く、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県、長野県中部地方で利用可能です。  法人向けタイプとして、ビジネスコミュファ光があります。光回線や光電話、光テレビをまとめて契約することでお得にインターネットを利用できます。サポート体制が整っており、複数拠点ある法人用のサービスも用意しています。  個人名義で通常プランを申し込んだ場合、携帯電話がauであれば携帯電話料金の割引が適用されます。   ・BBIQ BBIQ HP:https://www.bbiq.jp/  QTnetが提供する光回線で、九州エリアで利用できるサービスです。最大1Gbpsの通信速度で、プロバイダー料込みのお得な料金で利用できます。  法人向けのタイプとして、BBIQプラスとグレードアップしたBBIQオフィスを用意しています。月額料金やパソコンの接続可能台数、固定IPアドレスの有無、通信量、故障対応時間などが変わります。  なお、通常の個人向けのプランでも、法人名義での契約は可能です。   ・ メガ・エッグ メガ・エッグ HP:https://www.megaegg.jp/  中国電力グループが提供する光回線のサービスで、中国地方で利用できます。法人用にメガ・エッグビジネスというプランを用意しています。お得な料金と快適な通信速度で利用できるだけでなく、セキュリティの装備や24時間365日態勢の故障対応オプションで、安心して利用を続けられます。  通常の個人向けのプランでも、法人名義での契約が可能です。 携帯割引があるサービス  ご利用の携帯電話のキャリアや契約内容によっては、セット割が適用されるサービスがあります。今回ご説明しているものであれば、SoftBank光やドコモ光、So-net光にBiglobe光、au光やNURO光、コミュファ光が該当します。 【おうち割】 SoftBank光、NURO光  SoftBank光をご利用でSoftBank携帯かYモバイルをお持ちの場合、NURO光をご利用でSoftBank携帯をお持ちの場合が対象となる割引サービスです。割引額は携帯電話の契約プランによって異なります。 【ドコモ光セット割】 ドコモ光  ドコモ光をご利用で、ドコモの携帯電話をお持ちの際に適用される割引です。パケットプランなど、契約内容に応じて携帯電話の料金が割引になります。 【スマートバリュー】 So-net光、Biglobe光、auひかり、コミュファ光  So-net光、Biglobe光、auひかり、コミュファ光のいずれかをご利用で、auの携帯電話をお持ちの際に適用される割引です。契約してるプランによって割引額が変わります。 【AUセット割】 Biglobe光  Biglobe光をご利用で、携帯電話がauの場合に、回線料金が割引されるものです。割引額は契約プランによって異なります。また、スマートバリューとの併用はできないので注意しましょう。  ただし、法人名義での申し込みや契約内容によっては、割引が適用とならないケースもあります。あらかじめ確認しておきましょう。 利用環境をもとに回線を選ぼう  法人名義でも利用できる光回線のサービスをご紹介しました。    光回線を選ぶときには、プロバイダーの種類(既にインターネットを利用している場合)や携帯電話のキャリアを参考に選んでみてはいかがでしょうか。もし現在使っているものにこだわりがなければ、乗り換えることでよりお得に利用できるようになるかもしれません。  開店ポータルBizでは、光回線各サービスの「提供エリアの判定」や「料金の見積もり」を無料で承っております。お気軽に下記のフォームからご連絡ください。
    開店ポータル編集部
    2019/11/05
  • 必見!フリーWi-Fiを導入するならこれ!おすすめ3選!!
     スマホが普及したいま、入るお店を決めるさいに、自由に使えるWi-Fiの有無がその決定打となることがあります。また、東京オリンピックの開催に向けて海外からの旅行者の増加も見込めますが、彼らのインターネットへの接続にもまたWi-Fiが使用されています。    そのため店内にWi-Fiを導入している店舗としていない店舗では、集客には大きな差が生まれることも。今回はオススメのフリーWi-Fiを3つご紹介します。 フリーWi-Fiを導入するメリット ・店舗の魅力度が上がり集客UP ・有線LANとは違い、コードの絡まりもなく見栄えも綺麗 ・お客様の待ち時間やスタッフの休憩時も快適 ・採用活動が有利になる  やはり一番のメリットは集客です。「Wi-Fiが使えるかどうか」という条件は、グルメサイトでも記載されるほど重視されています。また、スタッフのWi-Fi利用が可能かどうかでアルバイト先を選ぶ人も増えてきています。 「タウンWiFi」株式会社タウンWiFi 出典:http://townwifi.jp/ 「タウンWiFi」とは  街中のフリーWi-Fiに自動的に接続できるアプリです。通常はバラバラで提供されているWi-Fiスポットに自動接続を設定できます。またアプリ内に表示されるWi-Fiを登録すれば、アプリがそのWi-Fiを検索し、自動的に接続・認証してくれます。 「タウンWiFi」メリット Wi-Fiに自動接続  接続可能なWi-Fiをアプリが探して、接続してくれます。対象スポットは50万件以上です。 Wi-Fiに自動ログイン  アプリが自動で会員登録・ログインをしてくれます。 Wi-Fi設置のリクエスト  アプリ内からWi-Fiを設置して欲しいお店を検索して、リクエストも可能です。 お店側のメリット  「タウンWiFi」を取り入れることでお店側にもこんなメリットがあります。 ・認知度のUP ・地図上でのアピール ・海外からの旅行者の集客も期待できる ・PASSを開示する必要がない ・店舗利用分析のツールとして ・来店時のリアルタイム通知が可能 「ギガらくWi-Fi」東日本電信電話株式会社(NTT東日本) 出典:https://flets.com/ 「ギガらくWi-Fi」とは  オフィスや店舗で役立つ機能に加えて、導入から運用までプロによるサポートが付いた、安心・簡単ですぐに使えるWi-Fiサービスです。 「ギガらくWi-Fi」メリット 安心・安全・快適  高速無料通信規格IEEE802.11acに対応し、来訪者によるアクセス制限や定期的なパスワード変更などWi-Fiを安心・安全に利用できます。 簡単にすぐ使える  Wi-Fiアクセスポイント装置に電源コードとLANケーブルを挿すだけで使用可能です。また、現在の社内ネットワークや社内システムの設置変更は不要です。 ビジネスに役立つ機能が満載  1台のWi-Fiアクセスポイントで、多くの端末が接続可能となっており、来訪者向けにもインターネット接続環境を提供できます。 365日サポート  トラブル時にも遠隔でサポートしてくれます。 設置までの流れ Step1:初期設定済みのWi-Fiアクセスポイント装置をお届け Step2:Wi-Fiアクセスポイント装置を設置 Step3:装置に電源コードとLANケーブルを挿す 「Drive Wi-Fi」株式会社Twelve(トゥエルブ) 出典:http://drive-net.jp/ 「Drive Wi-Fi」メリット 最新無線LAN規格対応  高速無料通信規格IEEE802.11acに対応しています。 簡単接続  利用規約に同意後、ワンタップするだけで簡単に接続できます。 多言語対応  日本語、英語、中国語、韓国語、タイ語などの合計6言語使用できます。 専用SSIDで安心  SSIDを分けることで、社内システムへのアクセス制限ができるので安心してご利用いただけます。 設置までの流れ Step1:電話にて申し込み Step2:Wi-Fi機器発送・到着 Step3:ご利用開始 1~2週間程度でご利用可能です。 まとめ  Wi-Fiにもたくさんの種類があり、それぞれ異なったメリット・デメリットがあります。  まずはWi-Fiに対して、「何を一番求めているのか」しっかりと考えを整理しておくと導入する際に絞りやすいかもしれません。  今回ご紹介したフリーWi-Fiは、開店ポータルでも取り扱っております。少しでもお悩みの方がいらっしゃいましたら、まずはご相談ください。 →Wi-Fiに関するお問い合わせはこちらをクリック!←  
    開店ポータル編集部
    2019/07/24
  • 飲食店における防犯カメラ設置のメリットとは
     生活の中でよく目にする「防犯カメラ」。店舗経営者の方は、犯罪防止のために設置するケースが多いですよね。  防犯カメラは、防犯対策に留まらず様々な役割を果たすことをご存知でしょうか。    今回は、防犯カメラの活用方法、飲食店におすすめしたい防犯カメラをお伝えします。設置している方もまだしていない方も、必見です! 飲食店で起こり得る犯罪とは  まずはじめに、飲食店で起こる犯罪とはどのようなものがあるのでしょうか。  飲食店は、一般家庭やオフィスに比べて窃盗犯に狙われやすい傾向にあります。定休日や閉店後に窓ガラスを破って侵入される被害が最も多く、人通りが少なくなる深夜ほど多発しています。  客になりすまして営業時間内に「下見」を済ませているケースも多く、なかには店内の様子をよく知っている従業員による犯行も少なくありません。こうした犯罪は年々増加しており、店舗の大小を問わず防犯体制の強化が求められています。 飲食店に防犯カメラを設置する必要性 ① 様々な犯罪を未然に防ぐため  レジの金銭のずれは身近な問題です。従業員との信頼や、お客様との信頼関係を築くために設置することが重要です。  また、飲食店内で犯罪が起きればお店の評判は落ち、そして大量の金銭が盗まれれば経営に重大な支障をきたします。そうすると、安定した店舗経営が難しくなる場合もあります。  防犯という本来の役割を考えると、防犯カメラを設置する必要性は非常に高いです。 ② 従業員の監視  従業員が不正を働かないためにも一定の監視は必要ですが、それ以外にも従業員の監視にはメリットがあります。それが、業務の改善や教育につなげられるということ。  しっかりとマニュアル通りに動けているのか、あるいは何かしらのトラブルが起きていないかなどの監視をすることができるようになるのです。また、経営者や店長がいない間、しっかりと誠意を持って働いているかなどを確認する手段にもなります。 ③ 衛生管理  開店前、閉店後、消費者の目が厳しくなっているからこそ、どこでもチェックできる体制が必要になってきます。  犯罪や不正を未然に防ぐという本来の役割も大事ですが、店内に設置するのであれば、経営にも活かさない手はありません。  本来の防犯という役割からカメラを設置する必要性もかなり高いものですが、設置したカメラを経営に役立てることも可能なのです。 飲食店における防犯カメラの活用方法 ① お客様の入り状況の確認  店舗の従業員とお客様の多さが適合しているか。といった点を確認し、適正な人員での運営ができます。  また、レジでの対応などを見直し、良い対応があれば従業員と共有するなど、人材育成にも生かすことができます。 ② 食品の安全性  食品への異物混入が話題になった時期もあり、飲食店内での防止策、安全性の証明が求められています。お客様から、指摘があった場合に映像を確認したり「防犯カメラでしっかり撮影しています」と告知することが、安全性へのアピールにもつながります。 ③ レジでの金銭授受のトラブル防止  お釣りの受け渡し間違いや、クレジットカードの返却漏れ、お客様の勘違いなど、様々なトラブルが起こるのがレジ周辺です。防犯カメラを設置することで映像が残り、事実の究明を迅速に行うことができ、またマイクも併用することで、より確実性の高いデータを残すことが可能です。 ④ お店駐車場などでのトラブル防止  食事中は車から離れる一定の時間があることが予想しやすいため、夜間などは特に車上荒らしの被害に遭いやすいポイントでもあります。防犯カメラがあることで、車上荒らしを遠ざける効果も期待できます。 ⑤ 複数店舗の様子をパソコンやスマートフォンからチェック  遠隔監視をすることで、現地に行く手間を省き移動コストも削減できます。そして、忙しい時間帯の店舗の様子も随時チェックができるように。  映像をもとに時間別の来店客層や家族構成などを確認し、マーケティング戦略に役立てるというような使い方もできます。 飲食店におすすめなのはドーム型カメラ  飲食店では、圧迫感が出ないドーム型のスタイリッシュなカメラが人気です。  ドーム型は、撮られているということをあまり意識させることなく使用できます。撮影されていることに居心地の悪さを感じる人もいるので、お客様あっての飲食店ではこのような配慮も必要になってきます。 ≪おすすめ≫■RD-CA211 AHDドームカメラ  RD-CA211 AHDドームカメラの最大の特徴はなんといっても、フルハイビジョン画質を実現しているところ。  220万画素の超高画質のため、レジ付近に設置した場合、ズームをしても手元まではっきりと判別可能です。 株式会社アルコムHP:https://www.arucom.ne.jp/store/g/g250-011411/   AHDとは、“Analog High Definition”の略で、HD映像に対応したアナログ映像を伝送できる新技術のこと。AHDレコーダーは既存の配線と繋げるため、これまで使用していたアナログカメラとの接続も可能となります。  従来の監視システムを残したまま、新たにレジ周りだけAHDカメラによるハイビジョン監視映像システムを導入できます。 まとめ  防犯対策はもちろんのこと、スタッフの教育やマーケティング戦略にも役立つ防犯カメラ。とくにおすすめなのが、ドーム型タイプです。  導入がお済みでない方は、ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。 →防犯カメラに関するお問い合わせはこちらをクリック!←  
    開店ポータル編集部
    2019/07/20
  • デザインも機能もスマート!キャッシュレス決済端末「Square」
     数あるキャッシュレス決済のなかでも、一番身近なクレジットカード。現在では学生にも利用されています。  所有者の増加にともない、クレジットカード決済ができるお店は多いですが、個人経営店や露店などでは未導入のケースも珍しくありません。  現金での支払いしかできないために、せっかっくのお客様を逃してしまうのは、もったいないですよね。今回は簡単に、すばやく導入可能なクレジットカート決済サービス「Square(スクエア)」をご紹介します。 Square(スクエア)とは 出典:https://squareup.com/jp  スマホやタブレットでカード決済ができるPOSレジです。ポケットサイズで、イヤホンジャックに挿すだけで使用可能なので、接続設定などの手間は不要です。またiPhone、iPad、Android端末、ICチップ、磁気テープにも対応しております。 ■導入メリット■ 最短、翌日入金  三井住友銀行、みずほ銀行は翌営業日に入金可能。そのほか金融機関は毎週金曜日に自動で振り込まれます。 決済手数料のみ  月額料金などの費用はかかりません。決済手数料は、JCBで3.95%、そのほか5つのブランドは3.25%です。 最短、申し込み当日から利用可能  カード決済のお申し込みは、オンラインからおこなうことができ、数分程度で可能です。イベント時や営業開始直前のお申し込みでも間に合う可能性があります。 カード情報を手入力でも決済可能  電話やメールでの注文にも支払い対応できます。決済手数料は3.75%かかりますが、別途申し込みは必要ありません。また、磁気テープやICチップの破損時にも手入力で対応できます。 Squareの決済方法 出典:https://squareup.com/jp ①アプリを起動して、「ICカードリーダー」を端末のイヤホンジャックに挿す ②画面上に表示されるオレンジ色のバーが黒色に変わるまで待つ ③金額を入力する ④クレジットカードを挿し込む、もしくはスライドして読み取る ⑤お客さまにサインをもらう ⑥電子レシートの有無を選択する 導入までの流れ  「Square」のお申し込みは、開店ポータルBizでも承っております! Step①無料アカウントを作成 「メールアドレス」、「登録者情報」、「事業内容」、「入金先口座情報」を入力後に審査が開始されます。 Step②カード決済の有効化 通常は3~5営業日で、登録したメールアドレスに審査結果が届きます。 Step③アプリをダウンロード  「App Store」、「Google Play」から「Square POSレジ」をダウンロードしてください。 Step④ICカードリーダーのお届け  約1週間ほどでお届けします。 ※リーダー端末無料は、開店ポータルBizでの申込限定特典となります。通常は購入が必要です。 そのほかの機能 出典:https://squareup.com/jp ■POSレジ  現金受付、売上分析、在庫管理、複数店舗の管理などができます ■請求書、継続課金  Square請求書を使えば毎月の自動請求も、遠方からのお支払いにも対応可能です ■連携サービス  会計や在庫管理など、様々なサービスと連携ができます まとめ  Squareはデザインもスマート。通常のクレジットカード決済端末を置きたくないとお考えの店舗にもおすすめです。また接続の線も必要ないので、野外でも利用できます。イベントなどの野外出店やデリバリーの際にも最適です。  開店ポータルBizでは、Squeareを取り扱っております。ご相談無料となっておりますので、詳しい内容や料金については下記問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください!    
    開店ポータル編集部
    2019/03/26
  • 機能性に溢れた防犯・監視カメラ!「QBiC CLOUD CC-2」の実力とは
     お店や街中で見かける防犯・監視カメラは、私たちの生活に安心と安全を与えてくれます。  そんな防犯・監視カメラも時代と共に進化を遂げ、現在ではクラウドを利用したクラウドカメラが登場し、インターネット環境があればどこからでもパソコンやスマートフォンで、映像を確認することができるようになりました。  今回は数あるクラウドカメラの中でも、特に機能性に溢れている「QBiC CLOUD CC-2」をご紹介いたします。 「クラウド型」の防犯・監視カメラとは  クラウドに保存された録画映像を、ネットワークを通して閲覧できる防犯・監視カメラのことです。お手持ちのスマートフォンやタブレット、パソコンから、いつでも録画データにアクセスすることが可能なため、手軽に映像を確認できます。 ※クラウド:画像や映像などのデータをインターネット上に保存しておけるサービス 「QBiC CLOUD CC-2」とは?  QBiC CLOUD CC-2は、ELMO社が販売している屋内用のクラウド型防犯・監視カメラです。ナイトモードにも対応しているので夜間はもちろん、プライバシーマスキング機能などを利用して、個人情報を隠すことも可能です。  広角レンズが搭載されているので、1台のカメラで広い範囲をカバーし、歪みの少ない自然な映像を記録できます。 使用メリットはなに? ①導入コストの低減  クラウドに録画されるので、専用録画機を用意する必要はありません。そのため導入時のコストを抑えることができます。 ②簡単導入  Wi-Fi環境が整っていれば、面倒な配線は必要ありません。配線を繋げる手間が省けるため、簡単に導入できます。 ③多彩な機能  HD録画、異常検知の通知、プライバシーマスク、クラウドカメラの一括管理など、その他多彩な機能がご利用いただけます。 ④幅広いラインナップ  無線LAN型のCC-2(E)、有線LAN対応型のCC-2L(E)まで、使用状況に合ったカメラを選択できます。 どんな機能があるの? 一括管理機能  お手持ちのスマートフォン・タブレット・パソコンから、大型店舗内などに複数設置されたカメラや、複数の店舗に設置したカメラを同時に管理することができます。 ナイトビジョン機能  明暗対応なので、夜間の監視も安心して任せることができます。 プライバシーマスキング機能  カメラ映像の特定部分を隠すことができるので、介護施設や駐車場、オフィスなど個人情報が多い場面でも使用できます。 見守り機能  動き・音・明るさなどを検知して、どこか変化があった際に、メールまたはスマートフォンアプリ「QBIC CLOUD」のプッシュ通知でお知らせを受けとることも可能です。ペットや小さいお子様の留守番時などにもお使いいただけます。 HD録画機能  録画プランに合わせて720p/30fpsの映像を自動録画できます。 タイムスタンプ機能  撮影時刻や任意の文字などを映像に表示することができます。 ダウンロード機能  必要な録画データを部分選択して、パソコンにダウンロードすることができます。 カメラ仕様は二型  無線LAN型のCC-2(E)、有線LAN型のCC-2L(E)二型あります。それぞれの仕様に大きな変化はありません。 設置場所:天井、壁、置き 画質:200万画素 感度/照度:0.1ルクス 画角:水平111度、垂直58度、対角134度 音声:マイク内蔵 動作温度:-10~40度 対応無線LAN:IEEE802.11a/b/n/ac 対応ブラウザ:Internet Explorer 11 / Microsoft Edge/ Mozilla Firefox/ Google Chrome (共に全て最新版) 検知機能:動体検知、音声検知、明るさ検知 録画方式:常時録画 映像上下反転:180度 ■CC-2(E) 無線LAN型 電源:DC5V 本体外形:70×82mm 重量:150g 消費電力:3.25W以下 ■CC-2L(E) 有線LAN型 有線LAN:10BASE-T/100BASE-TX 電源:PoE-PD(IEEE802.3sf)準拠 本体外形:70×82mm 重量:180g 消費電力:3.6W以下 まとめ  外出時にもカメラ映像を確認できるのは、非常に便利ですよね。防犯・監視カメラの導入を悩まれている方はぜひ一度QBiC CLOUD CC-2の公式HPをご覧ください。  またQBiC CLOUD CC-2は開店ポータルでも取り扱っております。お客様のお悩みに合わせたご提案をいたしますので、お気軽にご連絡ください。 →防犯カメラに関するお問い合わせはこちらをクリック!←  
    開店ポータル編集部
    2019/03/07
  • 店舗経営者が知っておくべきインターネットセキュリティの現状と対策方法とは?
     仕入れ業者とのメールや店舗の売上状況、予約管理システムが入っていれば顧客の連絡先、またECサイトを運営していれば顧客のクレジットカード情報といった具合に、店舗で使用しているパソコンには重要な情報が詰まっています。  もしその情報が流出してしまったら、取引先や顧客からの信用を一瞬で失ってしまうかもしれません。今回は、店舗経営者なら知っておきたいインターネットセキュリティの現状と、いま注目を集めているセキュリティシステムについてご紹介します。 インターネット上の情報を狙った脅威は日々進化している?!  2017年には無線LAN(Wi-Fi)製品の通信暗号化規格であるWPA2において、「KRACKs」と呼ばれる脆弱性があることが発表され、世界中に衝撃が走りました。  また、2018年1月には、GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社が、外部からの不正アクセスにより、同社が展開するインターネット通販支援サービスの顧客情報等が最大で約8万9千件が流出した可能性があると発表しました。  このように、インターネット上の情報を狙ったサイバー攻撃は日々進化し、しっかりとしたセキュリティ対策がおこなわれていたはずの企業でさえ、スパイソフトやウイルスといった脅威にさらされているのです。 従来のセキュリティシステムでは不十分なケースも  不正アクセスの手法や新たなウイルスは日々生まれており、近年ではファイル交換ソフトやOSの脆弱性を狙ったサイバー攻撃の被害も増加しています。  従来であれば、不正なアクセスを識別し侵入を防ぐ「ファイアウォール」とウイルスの侵入を防ぐ「アンチウイルスソフト」を組み合わせるだけでも、ある程度の安全性を保つことができていました。しかし、インターネット上の脅威が多様化した現在においては、あらゆる脅威に対応できる総合的なセキュリティ体制の構築が欠かせません。  そこで、今注目されているのが『UTM』と呼ばれるセキュリティシステムです。 UTMとは? 出典:https://flets.com/cybermimamori/  UTMとは「総合脅威管理」を意味し、「Unified Threat Management」を省略した言葉です。  これは、ファイアウォールやアンチスパムソフト、IDS/IPSやアンチウイルスソフトなどのセキュリティシステムが持つ機能を一つのハードウェアに集約したセキュリティシステムです。ゲートウェイ1台で手間やコストを掛けずに総合的なセキュリティ対策ができるとして注目を集めています。 安心のNTTが提供する「おまかせサイバーみまもり」に注目! 出典:https://flets.com/cybermimamori/  「おまかせサイバーみまもり」は、NTTが提供するUTMです。実績のあるNTTのサービスというだけあり、セキュリティ機能の高さはお墨付き。  また、セキュリティにあまり詳しくない方でも運用できるよう、万全のサポート体制が整っていることも魅力的です。 「おまかせサイバーみまもり」はここがスゴイ! ①高度なセキュリティを簡単に導入できる  ハードウェアをネットワークの出入り口に設置するだけで導入が完了します。悪意のある第三者からの攻撃をネットワークの入口で防ぐことができるため、ウイルス対策ソフトを導入できない複合機などの保護にも適しています。 ②1台で複数の脅威に対応できる  「おまかせサイバーみまもり」最大の特長は、1台のハードウェアに複数のセキュリティ機能が集約されていること。  これまでは一つの脅威に対してそれぞれの専門ソフトを導入する必要がありましたが、UTMなら1台導入するだけであらゆる脅威に対処することができます。 ③管理・維持コストを削減できる  先にも述べたように「おまかせサイバーみまもり」で使用されるハードウェアは、1台でさまざまな機能をまかなっています。  そのため、専門ソフトを複数導入した場合に比べて導入コストを抑えられるほか、運用にかかるランニングコストも削減することができます。 ④誰でも簡単に運用できる  日々新たに発生するウイルスや不正プログラムからネットワークを護るためには、セキュリティシステムを常に最新の状態にしておくことが望ましいとされています。  「おまかせサイバーみまもり」は自動的に最新のファイルパターンへの更新がおこなわれるため、運用の手間を減らすことができます。専門的な知識が無くても管理しやすいというのは、経営者にとって大きなメリットです。 ⑤トラブルへの対応をNTTにお任せできる  NTTによる運用代行と、24時間365日ネットワークサービスを見守る手厚いサポートが付いています。  さらに、万が一ウイルスに感染した場合は、遠隔サポートや駆けつけサポートをおこなうだけでなく、モニタリングレポートを月に一度届けてくれるのも嬉しいところ。セキュリティに詳しいスタッフがいなくても安心です。 まとめ  今やパソコンやインターネットは、私達の生活になくてはならないものです。個人情報や店舗の重要な情報を護るためには、信頼できる企業のセキュリティシステムを上手く活用しましょう。「UTMについてもっと詳しく知りたい!」という方は、下記のお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。   →インターネットに関するお問い合わせはこちらをクリック!←  
    開店ポータル編集部
    2019/03/04
  • 飲食店がWi-Fiを設置することで得られる7つのメリットとは?
     いまや日常になくてはならないWi-Fi(ワイファイ)。Wi-Fiを設置することによって、具体的にどのような効果が得られるのでしょうか。  今回はそこにスポットを当て、飲食店がWi-Fiを導入した際に得られる7つのメリットをお伝えしていきます。 そもそもWi-Fiって?  「Wi-Fi(ワイファイ)」とは、電波を使って無線で情報をやり取りする仕組みのことです。  電波が届く範囲内であればパソコンやスマホなど、Wi-Fiに対応した様々な機器でインターネットを利用することができます。  なお、Wi-Fiは無線LANの代表的な規格なので、一般的に「無線LAN」とも呼ばれています。 外国人観光客の増加に伴うWi-Fiの設置需要の高まり  外国人観光客が抱く日本についての不満調査では、なんとWi-Fi環境についての不満が「第2位」にランクインしています。   第1位 外国語サービスが少ない 第2位 無料Wi−Fiの整備が遅れている 第3位 飲食店の食券システムがわからない    日本政府観光局の調査によると、2016年には過去最高の2,403万9千人もの外国人観光客が日本に訪れました。2020年のオリンピックに向けて、さらに増加する訪日外国人。彼らを迎えるためにもWi-Fi環境を整える必要があります。 Wi-Fiを取り入れるメリット7つ  それでは、Wi-Fiを導入するとどんなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。 1.お客様から選ばれるお店になる  最近ではグルメ情報サイトでも、「Wi-Fiが使えるかどうか」という条件が入ってきています。インターネットを使いたいと考えているお客様は、Wi-Fiのあるお店を探して足を運んでいるようです。 2.お客様が待ち時間を快適に過ごせる  食事時に満席でお客様にお待ちいただくことがあると思います。そんなときでもWi-Fiを提供していれば、お客様が待っている間のストレスを軽減することができます。 3.従業員の仕事満足度を高める  スタッフが休憩中にスマホを操作するということは日常茶飯事。自由に利用できるWi-Fiを用意することで仕事満足度を高めることができます。 4.採用活動が有利になる  スタッフのWi-Fi利用は、福利厚生のひとつとして十分に機能します。アルバイトを探している学生などは、「休憩中のWi-Fi利用可能」という条件に魅力を感じ、応募してくることも考えられます。 5.タブレット型レジなどの導入を検討できる  テーブルに注文を取りに行く際、タブレット端末を利用しているお店がかなり増えてきました。いわゆるスマートレジですが、店内に無線LANが無ければコスト的に導入が難しくなりますが、Wi-Fiをすでに飛ばしている場合は、その壁に当たることはありません。 6.ごちゃごちゃした配線の問題を解決  店内で有線LANを利用している場合、配線がごちゃごちゃしているケースがあるかと思いますが、Wi-Fi(無線LAN)を利用することで配線の問題に悩まされることはなくなります。 7.Wi-Fiのファーストページをお店の告知に変えることができる  店内でお客様がWi-Fiを利用する際に、接続のファーストページに自社の告知を掲載することができます。  例えばそこに今日のオススメ料理などを掲載すれば、注文率が上がるかもしれません。 実際にWi-Fiを導入するには?  ではここで、実際にWi-Fiを導入するには何が必要なのか、簡単に説明します。  まず、Wi-Fiを利用するには「親機」と「子機」が必要になります。  親機は「インターネットとの接続地点」。子機は「Wi-Fiに接続して利用する機器」で、パソコンやスマホなどを指します。親機とメーカーが違っていても接続が可能です。 店舗様向けおすすめWi-Fiサービス一覧  実際に導入する際に、「どのWi-Fiがいいのかわからない」というかたのために、店舗様向けのおすすめWiFiサービスをご紹介します。  また、店舗へのWi-Fi導入を考える際に、一番気になるのは費用面ではないでしょうか。さらに、WiFiには同時接続台数があるので、店舗の客席数などを考慮する必要があります。  早速、見ていきましょう。 →Wi-Fiに関するお問い合わせはこちらをクリック!← ギガらくWi-Fi(提供:NTT東日本) 出典:https://flets.com/gigarakuwifi/ 1.初期費用:不要(※工事が必要な場合は実費) 2.月額費用:2,980円(税抜)/ 月 3.通信速度:IEEE802.11ac(最新の無線規格まで対応) 4.同時接続数:50台(推奨台数) 5.セキュリティ:WPA2 PSK(現在最新の最も強固な暗号化方式) ポイント ① 最新技術で安心・安全  最新のセキュリティーに対応しております。  また店舗用とお客様用にアクセスを分けることができ安心です。 ② 最新の無線規格を採用で快適な通信  無線規格で最新のIEEE802.11acを採用しており、最大通信速度は1.3Gbpsです。 ③ 設定が簡単  Wi-Fiアクセスポイント装置に電源コードをとLANケーブルを挿すだけですぐに利用できます。    初期費用不要という点は他社にはないメリットです。月々の費用も2,980円とリーズナブルなのも魅力。通信速度やセキュリティは最新のものを採用しておりコストパフォーマンスにも非常に優れています。通信大手のNTT東日本が提供するサービスで、サポートも365日9~21時と充実しており安心感があります。 ギガらくWi-Fi:https://flets.com/gigarakuwifi/ Wi2 300 公衆無線LAN(提供:ワイヤ・アンド・ワイヤレス) 出典:http://wi2.co.jp/jp/   1.初期費用:端末費用29,800円(税抜) 2.月額費用:500円/月(税込) 3.通信速度:IEEE802.11acを含む(一部エリアのみ) 4.同時接続数:最大100台 5.セキュリティ:WPA2 PSK対応 (現在最も強固な暗号化方式/暗号化ありのものと無しのものがあります。)   ポイント  初期費用が他社と比較すると少し高めですが、月々の料金は500円と非常にリーズナブルです。  契約期間の縛りはないということなので、長く利用するほどお得になります。  大手カフェのスターバックスもWi2のWi-Fiを利用するなど、幅広く使われています。 Wi2 300 公衆無線LAN:http://wi2.co.jp/jp/ FREESPOT(主宰:株式会社バッファロー) 出典:http://www.freespot.com/owner.php   1.初期費用:端末代23,800円(税抜) 2.月額費用:2,730円/月 3.通信速度:IEEE802.11a/b/g/n 4.同時接続数:最大200台 5.セキュリティ:WPA2-PSK対応(現在最も強固な暗号化方式)   ポイント  初期費用は発生しますが、月額費用は比較的リーズナブル。同時接続台数が圧倒的に多いので、大規模施設等に適しています。通信速度は最新のものではありませんが、インターネットの閲覧等であれば問題なく行えるでしょう。 FREESPOT:http://www.freespot.com/owner.php USEN SPOT(提供:株式会社USEN) 出典:http://www.usen.com/biz_music/support/uspot.html 1.初期費用:工事費用実費+端末費用20,000円+事務手数料3,000円 2.月額費用料金:2,000円 3.通信速度:IEEE802.11a/b/g/n 4.同時接続数:未公開 5.セキュリティ:未公開 ポイント  初期費用が20,000円と雑費が発生するものの、月々の料金は2,000円とリーズナブルです。  プラス500円/月で外国人旅行者用に12言語で対応しているのはほかにないサービス。  ただ、通信速度は最新のものではなくセキュリティや同時接続数なども公開していないため、直接問い合わせが必要です。 USEN SPOT: http://www.usen.com/biz_music/support/uspot.html MSTARマネージド無線LANサービス(提供:エーピーコミュニケーションズ) 出典:http://www.ap-com.co.jp/ja/mstar/   1.初期費用:50,000円~ 2.料金:2,000円/月~ 3.通信速度:802.11ac/a/b/g/n(機種により最新の無線規格まで対応) 4.同時接続数:機種により50台まで可能 5.セキュリティ:WPA2(機種により現在最も強固な暗号化方式まで対応) ポイント  機器費用、メーカハードウェア保守費用が別途発生します。価格は全体的に高めに設定されています。メリットとしては、会社ごとに最適なプランを提案してくれる点。機器のスペックにより通信速度、セキュリティ、接続数は異なるため、検討時には確認が必要です。 MSTAR(エムスター): http://www.ap-com.co.jp/ja/mstar/ まとめ  Wi-Fiを設置することによって、たくさんのメリットが生まれることが分かりました。2020年のオリンピックに向け、現在Wi-Fiの設置は急務となっています。   開店ポータルでは、Wi-Fiやインバウンド集客に関するご相談を24時間メールにて承っています。ぜひお気軽にお問い合わせください!  →Wi-Fiに関するお問い合わせはこちらをクリック!←  
    開店ポータル編集部
    2019/02/14
  • 飲食店の開業に際して知っておくべき防犯カメラの設置目的とその法律
     「防犯カメラ」とは、犯罪や不正防止を目的として利用されるビデオカメラのこと。カメラを設置するには、規則や法律に遵守しなければなりません。  今回は、最近飲食店に限らず街中や個人宅などでも見かけることが多くなった、防犯カメラ・監視カメラの導入に際しての注意点や活用方法、監視を行うにあたって知っておくべき法律について簡単にまとめてみました。  防犯カメラを設置する意味  みなさんもご存知の通り「防犯カメラ」とは、犯罪や不正防止を目的として利用されるビデオカメラのことです。リアルタイムでモニタリングが出来るだけでなく、当然過去の映像を見返す必要があるため、専用の機器を用いて録画します。目的が特定の人、物の監視の場合には防犯カメラではなく「監視カメラ」と呼ばれることが多いですね。  飲食店においては、①窃盗目的の侵入被害を防ぐ ②スタッフの監視 ③利用客とのトラブル防止などの目的で利用されています。 導入に際して~カメラの種類と目的別の設置場所~  では、具体的に「どんな場所」に「どんな目的」で「どんなカメラ」を設置すれば良いのかについて、見てみましょう。 意外と多い駐車場でのトラブル  郊外の店舗など、駐車場があるお店ではトラブル防止のために防犯カメラを設置します。  自店舗の駐車場で車上荒らしがあったり、ケンカなどのトラブル、交通事故、フェンスや車止めなどの工作物が破損した場合などに有効です。  特に、店舗が所有する駐車場の場合で、塀やフェンス、段差などの不具合によって事故や怪我を誘発してしまった場合には管理責任を問われることになるわけですが、こういったトラブルが発生したときに責任を回避することが出来るかも知れません。画角(カメラが撮影できる範囲)が広く取れるカメラなどを設置するのが良いでしょう。 出入り口には動体検知カメラを  店舗の出入り口にカメラを設置する目的は、防犯目的です。侵入経路になる可能性がある窓にも忘れずに設置をしておきたいところです。基本的に室内から出入り口を映すことが多いため、室内と屋外の明暗差で対象が真っ黒に映ったりすることが無いように「ワイドダイナミックレンジ(WDR)」対応のカメラが望ましいです。  窃盗を目論んでいる犯人は事前に下見をしに来ますので、その時の不審な行動から犯行を予見することも可能になるはずです。 レジ周りは手元が確認できるズームレンズと解像度が必要  金銭を保管するレジ周りでは、カメラを設置することによって威嚇による防犯効果があるだけではなく、スタッフの緊張感にも繋がり、お釣りなどの金額授受におけるトラブル回避にもなります。  そのためには、レジの手元を確認する必要がありますので、レジを撮影するズームレンズを備えたカメラと、可能であればレジカウンター全体を俯瞰で撮影できるカメラの2台があれば理想的です。 防犯目的だけではなく、売上げアップ、コスト削減での活用も  また、防犯カメラの設置に際しては、どうしても万が一の犯罪に備えるための「コスト」という認識を持ってしまいがちですが、複数店舗を運営するオーナーが各店舗の客の入り具合やスタッフの勤務態度などの状況を判断したりすることで売上げアップやコスト削減に活かすという考え方が必要になってくるのではないでしょうか。  ここまで簡単に説明しましたが、防犯カメラの導入には気を付けておかなければならないことがまだまだあります。例えば録画期間はどの程度必要なのか、遠隔からのモニタリングが必要なのか、配線は無線にするのか有線にするのか、など挙げれば切りがありません。 監視カメラに関連する法律~個人情報保護とプライバシー~  もちろん忘れてはならないのが個人情報に関しての考え方です。防犯カメラを設置するということは、不特定多数のお客さんを撮影することになるからです。  経済産業省は個人情報保護に関するガイドラインを公表しており、店舗等に防犯カメラを設置する場合には、「防犯カメラの撮影により得られる容姿の映像により、特定の個人を識別することが可能な場合には、原則として個人情報の利用目的を本人に通知又は項表示しなければなりません(後略)」とあります。つまり、解像度がある程度低いカメラであっても、顔や服装、体形などから特定の個人を識別することが出来る場合がほとんどですので、張り紙などで周知を行う必要があるので注意が必要です。  
    開店ポータル編集部
    2019/02/08
  • 飲食店におすすめのインターネット回線・光シリーズ3選!
     飲食店でのインターネット回線の導入件数は年々、増加傾向にあります。POSレジやIoT電話、お客様が利用できるフリーWi-Fiの普及などが、その理由にあたります。しかし、インターネット回線は種類も多く、いったい何を使えばいいのか分からないという声も。  そこで今回は、飲食店におすすめのインターネット回線NTTフレッツ光、ドコモ光、NURO光の3つをご紹介します。それぞれどのようなサービスなのか見ていきましょう。 1.≪NTTが提供する「フレッツ光」にはうれしいサービスが充実!≫  "NTTフレッツ光"とは、NTT東日本・西日本で展開しているインターネット回線のサービスです。高品質な光回線を提供し、安定した速度(最大概ね1Gbps)で利用できます。ただし、地域や物件のタイプによっては料金や最大速度が異なることも。NTTの公式HPで料金シュミレーションができるので、チェックしてみてください。  予約や出前を受け付けている店舗であれば、あわせてひかり電話の利用もおすすめです。光回線を使ったサービスなので、別途の電話回線工事は必要ありません。月額500円~で利用できます。  また、ルーターを用意すればWi-Fiとしても利用可能に。食事の時間をより快適に過ごしてもらうことができて、海外からのお客様にも喜んでもらえるはずです。   NTT西日本では、そのWi-Fiを利用した店舗向けのオプションを用意しています。 ■BGM配信サービス"DoMUSIC" ・・・アプリのインストールとスピーカーの設置だけで簡単に始められ、約10,00タイトルのなかから店舗の雰囲気に合ったものを選んでBGMとして利用可能に! ■コミック配信サービス"Doコミック" ・・・店舗のWi-Fiにアクセスするだけで、約2,500冊ものコミックが読み放題に!  どちらものサービスもお客様満足度の向上が期待できます。ほかでBGMの利用料金などを支払っている場合は、そこにかかるコストを削減することもできますよ。  このほか、万が一インターネット回線に不具合がみられたときや設定に困ったときには、電話や遠隔操作、訪問にてしっかりとサポートしてくれるので安心です。 光回線とプロバイダーが一元化した光コラボレーションで料金がお得に!?  フレッツ光を導入する場合、回線業者のNTTとプロバイダーの2つの契約が必要です。  そのため、料金の支払いやサポートも別々で対応しなければなりませんでした。  そこで回線業者とプロバイダーを一元化し、支払いもサポートも1つにまとめたサービス・光コラボレーションが誕生。さまざまな会社が提供していますが、特におすすめなのが"ドコモ光"です。 →インターネット回線に関するお問い合わせはこちらをクリック!← 2.≪フレッツ光利用店舗なら工事不要の「ドコモ光」!≫  "ドコモ光"は光コラボレーションサービスのひとつ。  フレッツ光と同じ品質で、最大1GBbpsの速度で提供しています。ドコモのスマートフォンを持っていれば、セット割引があるのでさらにお得に。もちろんドコモ以外の携帯キャリアの方でもサービスを利用できます。  通常、インターネット回線を申し込む場合には工事が必要です。しかし、既にフレッツ光を利用していれば、工事も不要。NTTの公式HP上で、転用承諾番号を取得するだけで簡単に切り替えられます。営業でなかなか工事がしにくい飲食店にはぴったりのサービスですね。  料金は安くなりながらも、インターネットや固定電話、Wi-Fiなどのサービスを変わらない品質のまま利用できるのも同サービスならでは。全国2,400店舗(2017年12月1日時点)あるドコモショップでもサポートしているので安心です。   3.≪快適なインターネット環境を整えたいなら高速回線「NURO光」で決まり!≫  速さと安さを重視するなら"NURO光"がおすすめです。最大2Gbpsを実現した高速回線で、料金もお得なサービスとなっています。  以前は関東エリアの戸建向けサービスとして提供していましたが、現在は東海エリアや関西エリア、九州エリアと提供範囲が広がっています。  「NURO光 for マンション」であればマンションでの利用も可能です。  NURO光は、光コラボレーションと同様にプロバイダーを一元化したサービス。さらに、ルーターやセキュリティ機能が備わっているので、個々で購入や契約をする必要がありません。余計な手間やコストがかからないのはうれしいですよね。 ■固定電話サービス"NURO光でんわ"  固定電話を置くのであれば、月額300円~で、NURO光でんわを利用できます。  NURO光同士はもちろん、ソフトバンクグループが提供するBBフォンなど、無料通話サービス連携機能も豊富に揃っています。  利用者からは「NURO光に変えてよかった!」との声が90%を超えるほど、満足度の高いサービスです。 インターネット回線を使い集客アップを目指しましょう!  フレッツ光、ドコモ光、NURO光、どの光回線にも、便利なサービスがさまざま備わり、飲食店にとって大きなメリットをもたらします。それらのサービスを上手に活用すれば、集客効果やお客様満足度の向上も期待できるはずです。  開店ポータルでは、インターネット環境に関するさまざまなご相談を無料で受けつけています。ぜひお気軽に、お問い合わせください。 →インターネット回線に関するお問い合わせはこちらをクリック!←  
    開店ポータル編集部
    2019/01/23
  • 予約を一括で管理できる予約台帳システム“ebica”集客UPで売上もUP!
     近年、飲食店では予約をインターネットから受け付けるケースが増えてきています。利便性の高さからお客様満足度は上がりますが、一方で飲食店は複数のグルメサイトを管理しなければならなくなりました。また、インターネットを通した予約以外にも店頭や電話といった従来の予約管理も必要です。  そこで今回は、さまざまな媒体からの予約を一括で管理できる予約台帳システム“ebica”についてご説明します。 ebicaって一体なに?  ebicaとは、来店したお客様の来店日や回数、顧客情報や予約状況をオンライン上で管理できる予約台帳システムです。複数のグルメサイトを利用している場合は、それらを一括管理することもできます。  従来の紙台帳に比べて、情報を簡単に確認できるため、予約管理にかかる手間やコストを減らすことが可能。それにより業務効率の改善、オペレーションのクオリティやお客様満足度の向上が図れるのです。    インバウンド集客対策や売上分析など、店舗経営にも役立つ機能も備わっています。   ebicaの主な6つの機能  では、具体的にどのような機能があるのでしょうか。  主な6つの機能6つを見ていきましょう。 ①予約者情報のピックアップ  過去に予約したことのある方から電話予約が来た場合、ナンバーディスプレイによって氏名や電話番号が予約台帳に表示されます。入力や探す手間がないため、案内もスムーズに。接客サービスの向上が期待できます。  ナンバーディスプレイで表示されなかった場合でも、姓を入力すれば過去予約者から候補を自動でリストアップ。来店回数や案内上の注意などを一目で確認できます。手書き入力対応なので、機械の操作が不慣れな方でも扱いやすくて安心です。 ②予約情報の一括管理  複数のグルメサイトに登録している場合、通常であれば予約が入るたびに各サイトの空席数をそれぞれ手入力で更新しなければなりません。しかし、ebicaでは予約情報や残席情報を自動で連携してくれるため、すべてのグルメサイトを一括で管理することができます。  たとえば、総席数が20のお店の場合、ひとつのグルメサイトから予約が入って残席が10になると、他のグルメサイトの残席数も自動で10に変更されます。店頭や電話で予約を受けた場合も、ebicaに入力しておけばグルメサイトに自動で反映されます。  変更やキャンセルなどもおこなえるので、予約管理にかかる工数が大幅に削減。ダブルブッキング防止にも繋がります。 ③オリジナルフォームの設置  お店のホームページやSNSにオリジナルの予約フォームを設置できます。フォームは空席検索、条件検索、プラン検索型の3種類。海外からのお客様向けに英語と中国語にも対応しているので、インバウンド集客もばっちりです。  予約時は喫煙や禁煙、テーブルやカウンター、個室など席種も選択可能。満席の場合でも、予約可能な条件があれば、自動で検索、提案をしてくれます。それでも満席の時には、空きのあるグループ内の他店を案内。予約希望のお客様をできるだけとりこぼさないサポートが充実しています。  電話からの予約の場合でも、“予約センター”という機能を使えば即座に他店の空き状況を確認、案内ができるのもebicaならではのサービスです。 ④POS連携機能  POS連携機能を使えば、オーダー取得や会計履歴などからお客様の着席情報や退席情報をebicaに自動で反映することも。そのため、リアルタイムで正確な空席数を把握でき、効率的にお客様を呼び込めます。  お客様がどのような料理を注文して、どれくらいの金額を使ったかなどの記録を残すことができるので、過去のデータを参考にしながらおすすめのメニューを提案できます。ワンランク上のおもてなしで、お客様満足度の向上に繋がるはずです。 ⑤ダッシュボード機能  ダッシュボード機能では、予約観点での売上分析が簡単におこなえます。 ・予約と売り上げの分析 ・予約の流入経路分析 ・回転数分析 ・来店頻度分析  主に上の4つの分析が可能で、予約による売上の推移はもちろん、予約の多い媒体、少ない媒体などを把握できます。  この分析をもとに、売上向上施策や登録しているグルメサイトの見直しを図ることもできますよ。 ⑥セキュリティ&サポート体制  個人情報を扱う予約台帳ですが、セキュリティやサポート体制が万全に整っているため安心して利用できます。  さらにはebicaにアクセスできる端末や店舗、人を限定することもできるため、外部からの不正アクセスや漏えいを防ぐことも。また、アクセスする人によって、情報の公開範囲を変更することも可能です。  データのバックアップやサポートコールセンターの設置で、急な不具合にもっしっかりと対応してくれます。万が一ebicaが開けなくなった時には、当日~14日間分の予約を予約リスト.comから確認できるので安心です。 →ebicaに関するお問い合わせはこちらをクリック!← 【~導入事例~】予約管理の手間を減らして売上アップを実現 ~東京・バル 店長Gさん~  「今までは紙台帳を使用していましたが、業務効率の改善を図ってebicaの導入を決めました。ネット予約を始めた途端予想を遥かに上回る予約がきて驚きましたし、需要の高さを感じています。  紙台帳は情報ひとつ調べるのにも、顧客リストから一つひとつ探さなければならず手間でした。それがebicaにしてからは、予約者情報や空席状況が一目でわかるのでとても使いやすいです。複数のグルメサイトに登録しても情報を自動で反映してくれるため、予約管理も楽になりました。業務負担が減った分、サービスや料理のクオリティ向上に力を入れることでお客様満足度や売上の向上に繋げています。  また、売上やお客様情報など蓄積された過去データをもとに、新メニューやキャンペーンの考案、一人ひとりにあわせたサービスの提供ができるようになりました。ワンランク上のおもてなしを実現してくれるebicaは、一度使ったらもう手放せません。」 売上向上に繋がる!予約台帳を新調するならebica  このほかにも、予約者に予約確定や直前のお知らせメッセージを配信できたりと、うれしい機能が充実しています。  居酒屋やビストロ、バルなどどんな業態であっても、効率的な予約環境を簡単に作れるのがebicaの強みです。  さまざまなグルメサイトを介したインターネット予約が急増しているいま、飲食店では業務効率の改善、オペレーションのクオリティやお客様満足度の向上を高めていくことがより大切になっています。  この機会に是非、ebicaの導入を検討してみてはいかがでしょうか。 →ebicaに関するお問い合わせはこちらをクリック!←  
    開店ポータル編集部
    2018/12/29