集客方法・HP制作

【集客力アップに繋がる!】飲食店にすすめたい facebookページ その機能とは?

開店ポータル編集部
2018/05/28

 現在インターネットユーザーのほとんどが利用しているSNS。なかでも経済的自立を果たしている30代から40代の世代に人気のSNSと言えばfacebookです。このfacebook、実は飲食店のHPとして運用するとメリットが沢山あります。本記事ではfacebook内にある商用利用版のサービス“facebookページ”について、その機能をみていきましょう。



通常のfacebook個人アカウントと、facebookページの違いは?

 まずは通常のfacebookアカウントと、facebookページの違いについてみていきましょう・
 通常のfacebook個人アカウントは、ログイン中のユーザーにのみ、ページの情報が見られます。また、繋がるには“友達”として承認してもらわなければならず、その友達も5,000人迄と上限が決まっています。また、アカウントは一人につき一つしか持てず、そのアカウントの管理者はアカウント作成である本人だけです。

 一方で、facebookページは企業や商店、アーティストなどがファンと繋がるためのページです。ページを作成する際は、facebookアカウントを持っていなければなりませんが、閲覧のみの場合は、facebookアカウントを持っていない人でも見られるページとなっています。ページをみた人が個人アカウントを持っている場合は、“いいね”や“フォロー”をしてもらうことで繋がりが持てるのも特徴です。また、ページは複数人で管理ができ、ページ上に広告を出したり、アプリを追加したりすることもできます。
 つまり、facebookページは、facebookの個人アカウントを持った人が開設できるホームページの役割を持っているのです。
 

Facebookページの主な機能


■コールトゥアクションボタン
 ユーザーから予約の連絡や問い合わせがスムーズに受けられるボタンです。
・予約する
・お問い合わせ
・購入する

 など、数種類の項目がありますが、ボタンは一つしか設置できないので、飲食店の場合は“予約する”に選択しておくとよいでしょう。外部予約ページのURLを設定し、リンクさせることができます。小売店の場合は“購入する”を選択し、Web販売ページのURLを設定しておくとよいですね。

■Messengerとの連携

 Facebookページを作成すると、Messengerを使用してメッセージのやり取りができます。
 “インスタント返信”をオンにし、メッセージを設定しておくことで、折り返しの連絡をする旨などを自動返信することができます。返信をすぐに届けることは、お店の信頼度を高めることにも繋がります。

■チェックイン機能

 チェックイン機能とは、現在地についてお知らせする機能です。モバイル端末からfacebookにログインしているユーザー(お客様)がチェックインすることができます。チェックインするとその店舗の情報が拡散されるため、お店の宣伝に繋がります。チェックインの方法は簡単。モバイル端末のGPS機能を利用して周辺の店舗情報一覧からあなたのお店を検索してもらい、チェックインをタップするだけ。この時コメントも一緒に入力することができます。

■店舗の評価機能

 お店の評価を5段階の星で評価してもらうことができます。評価が高ければ高いほど、ユーザーはお店に足をはこびやすくなります。もちろん、評価が気になる場合はこの機能を外すことも可能です。

■クーポン機能

 50人以上から“いいね!”をもらっているfacebookページの場合は、クーポンを発行することができます。このクーポンは枚数制限をつけたり、クーポンの発行を停止することもできます。

■ノート機能

 長文を書いたり写真を挿入したり、ブログのように利用できる機能です。このノートの記事はアーカイブしていつでも見ることができるため、タイムラインをさかのぼることなく表示させることができます。飲食店の場合は、メニューの誕生秘話やお店のコラムなどをノートにまとめておくのがおすすめです。“いいね!”やコメントをもらうことで、ユーザーとコミュニケーションを深めることもできます。

 

無料で運用できるホームページとしての役割も

 飲食店におすすめしたいfacebookの機能“facebookページ”。facebookページには、お店の様子や料理の写真を投稿するほかにも、さまざまな機能があります。ホームページの制作に費用をかけたくない方には特におすすめです。また、複数人でページを管理することができるのも嬉しいポイントですよね。
 “複数のSNSにログインして、それぞれ更新するのがめんどくさい”そんな時には、Instagramやツイッターと連携させてみるのもよいでしょう。そうすることでリアルタイムな出来事を自動で投稿することができます。かしこく運用してお店のファンを増やし、しっかりと集客に繋げていきましょう。
 
  
開店ポータル編集部
2018/05/28