集客方法・HP制作

いま話題の集客ツール “LINE@” その機能と料金プランとは?

開店ポータル編集部
2018/04/25
 飲食店を中心に、さまざまなお店で見かける「LINE@始めました。」の文字。LINEと言えば、今や日本人の2人に1人が使用している無料通話・メールアプリです。これからご紹介するLINE@は、普段使っているLINEの“企業版”。賢く使えばお金をかけずに、リピーターを獲得できる便利なツールです。LINE@のサービス詳細と、集客に繋げる方法をご説明します。


LINE@とは?

  LINE@は、個人企業不特定多数の一般LINEユーザーに向けて、ビジネスや情報発信をする際に活用できる、いわばメルマガのようなもの。無料プランと有料プランにわかれているため、気軽に導入しやすい、いま話題のビジネス向けアプリです。友だち登録をしてくれたユーザーには、クーポンなどの発行ができるなど、さまざまな機能があります。飲食店にとってリピーター獲得の心強い味方となってくれる集客ツールなのです。

LINE@ HP:https://at.line.me/jp/

LINE@を使って集客アップ

  LINE@は、情報発信ができたりお客様とコミュニケーションがとれるだけではなく、登録してくれたお客様の分析が可能となる、幅広い機能を備えています。これらを活用することで集客を強化することができます。

■“現代版メルマガ”として活用 ~メッセージ一斉配信~

 友だち登録をしてくれた方へ、一斉にメッセージを送信することができます。新商品新企画の告知のほか、集客に繋がるクーポンアンケートをダイレクトに発信することが可能となるのです。
 これまで長きにわたり、集客ツールとして使用されてきた“メルマガ”。しかし、メルマガは、お客様がメルマガ会員登録をする際に、面倒な段階を踏まなければなりません。その点、LINE@は、普段から使用しているLINEアプリに友だち追加をするだけで簡単に登録することができます。

■お客様と直接対話 ~1:1トーク~

  LINE@では、お客様と直接コミュニケーションをとることができます。トーク内でのメッセージのやり取りは、回数無制限。お客様一人ひとりのお問い合わせに答えることができます。
 ここで気を付けたいのは、“1:1のトークは、店頭でのお客様への対応と同じ意識が要求される”という点。対応次第では、お店のファンを獲得することもできますが、反対にお客様離れを招いてしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。

■お店のHPとして活用 ~アカウントページ~

 LINE@を導入することで、LINE内にアカウントページを開設することができます。店舗情報サービスの最新情報写真リスト予約ボタンなどを設置して、簡単にカスタマイズすることができるのでお店のHPとしても活用できます。

■公式ブログとして活用 ~タイムライン・ホーム~

 自動メッセージを送信する以外にも、タイムラインホーム機能として不特定多数に情報を発信することができます。タイムライン上の情報は、“いいね”や“コメント”をしてもらうことで、友だちだけでなく友だちの友だちのタイムライン上にも情報を発信することも。これは、新規顧客の開拓に有効な手段といえるでしょう。
 また、管理者を複数設定できるため、スタッフ全員が公式ブログを更新する感覚で、新着情報本日のおすすめなどの情報をタイムリーに発信できます。

■発行&管理ができる ~クーポン機能~

 管理画面では、クーポンの開封数使用数を確認することができます。LINE内にはクーポン管理機能があり、認証アカウントのクーポンがそこに反映されるので、使用率を上げることも可能です。クーポンは、リピーター確保の心強い味方なので、この機能はうれしいですね。

■お客様の声を活かせる ~リサーチページ~

 人気投票アンケートなどの、“ユーザー参加型コンテンツ”を設置することができます。これにより、お店のサービスメニューなどの人気調査や、ユーザー属性などを把握することが可能となります。アンケートは、“投票(リスト形式)”“投票(VS形式)”“アンケート”の3種類から選択でき、PC版の管理画面から利用できます。
 ここで得た結果を踏まえて、お客様はどのような料理を求めているのか、お店が一番混む時間帯は何時かなどを分析し、メニュー開発や人員管理に役立てることができます。

■コスト削減にも効果大 ~LINEショップカード~

 LINE内にショップカードポイントカードが発行できる機能です。従来の紙のショップカードやポイントカードとは異なり、カードを探す手間が省けるなど、お客様にとってのメリットも多く、リピート強化に繋がります。カードのデザイン代印刷代をかけずに済む点も、LINE@の大きな魅力と言えます。

■お客様の動向チェック ~統計情報~

 日々の友だち追加数ブロック数タイムラインへの反応が統計として表示されます。期間を指定して数値データをダウンロードすることも可能です。クーポンやメッセージへの反応などを把握することで、今後の配信への参考にもなります。

LINE@の料金プラン

 LINE@には、月額無料のフリープランベーシックプラン、全機能が使用できるプロプランがあります。それぞれのプランには、使用できる機能に違いがあります。


■フリープラン

月額費用:0円
月間配信通数:ターゲットリーチ数× 吹き出し数 1,000通まで
月間タイムライン投稿数:4回まで

■ベーシックプラン

月額費用:5,400円(税込)
月間配信通数:ターゲットリーチ数5,000人以内は無制限で配信可能
月間タイムライン投稿数:無制限
動画・音声メッセージ、リッチメッセージ、リッチメニューが利用可能

■プロプラン

月額費用:21,600円(税込)
月間配信通数:ターゲットリーチ数100,000人以内は無制限で配信可能
月間タイムライン投稿数:無制限
動画・音声メッセージ、リッチメッセージ、リッチメニュー、リッチビデオメッセージが利用可能
友だちの属性表示、ターゲティングメッセージが可能

 
※リッチメッセージとは、外部サイトへの誘導が可能なリンク付き画像を配信できる機能
※リッチメニューとは、トーク内下部に、外部サイトへの誘導が可能となる分割画像を固定設定できる機能

 プロプランで利用できる、友だちの属性表示ターゲティングメッセージ機能では、お客様へ情報を届けるのに非常に効果的です。友だちの属性表示機能では、性別年代居住地OS友だち期間などが分かります。ターゲティングメッセージ機能では、その性別や年代に応じたメッセージを配信することが可能です。これにより、ターゲットを絞った集客に繋げることができます。
 このほか、プロプランでは、トーク画面を開いたときに自動で再生されるリッチビデオメッセージ機能を利用することも。ベーシックプランでも利用できる動画メッセージには、リッチビデオメッセージ機能にはない動画のシェア機能がついています。それぞれの特徴を活かした配信をしましょう。

ブロックに気を付けて!

 
 LINE@の使い方を誤ると、お客様は簡単にお店のアカウントをブロックしてしまいます。お店の告知はやりすぎると煩わしく感じられてしまい、ブロックされかねません。週に1回、1ヵ月に数回など、間を空けてメッセージを配信をすると良いでしょう。お客様目線で好感が持てる内容なのか、言葉遣いなどにも気を付けて配信をすることも大切です。また、お客様から寄せられた問い合わせは、迅速に対処し、誠意をもってコミュニケーションを取るように心がけましょう。

LINE@を利用して、集客アップを目指そう

 

 飲食店にとって嬉しい機能が盛り沢山のLINE@。賢く使えばお金をかけずに、集客アップが期待できる便利なツールです。いまや日本では、2人に1人がLINEを利用しています。これを利用しない手はありませんよね。
 ダイレクトにお客様へ情報をお届けするだけではなく、クーポン配信やアンケートによる市場調査、ユーザー分析などが可能となるLINE@を導入して、より良いお店づくりに活かしましょう。


 

開店ポータルBizへ無料相談する

開店・開業に関するお悩みなどお気軽に相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2018/04/25