開業手続き

フランチャイズで開業するメリット・デメリットはどんなもの?

開店ポータル編集部
2018/04/23
 飲食店経営を始める際、個人事業主として一からお店を作る方法のほかに、もともとある飲食店の看板を借り、“加盟店”としてお店を開くフランチャイズの方法があります。フランチャイズ経営は、開業に必要な道具、食材、ノウハウを必要に応じて本部(フランチャイザー)が提供してくれるので、通常の独立に比べて短期間に開業できることが特徴です。
 今回は、フランチャイズ経営のメリットとデメリットをご紹介します。

フランチャイズ加盟の方法


 フランチャイズに加盟したいと考えた場合、まずは資料を取り寄せることから始めましょう。その後は、店舗見学加盟選考研修開店準備宣伝といった工程を経て、本部(フランチャイザー)スタッフのサポートの下でお店をオープンさせることとなります。
 フランチャイズ加盟の際には、主に開業資金が用意できるか過去の職場でトラブルを起こしていないか必要な資格は持っているか配偶者はいるかなど多角的な面から審査が行われます。資金力人物面保有資格能力面などが重視されるポイントとなるようです。

フランチャイズ経営のメリットとデメリット

メリット ①未経験からオーナーとして活躍!

 フランチャイズ経営の一番のメリットといえるのは、未経験でもオーナーとして活躍していけること。本部社員から経営指導を受けられます。社員の育成などのサポートも受けられるため、初めてお店を持つ方でも安心です。
 

メリット ②集客支援が受けられる

 安定した集客を望めることは、飲食店の経営を安定させるためには大事なポイント。個人店の多くは時間と費用をかけて宣伝活動を行います。小規模な店舗の場合は、あまり多くの費用をかけられないことも多いでしょう。
 一方フランチャイズに加盟した場合、宣伝は本部が行ってくれるため、宣伝費を気にする必要がありません。本部は企業を成長させるために、テレビCMや折込チラシで大規模な宣伝を行います。その宣伝により加盟した店舗の知名度アップにも繋がり、継続的な集客が望めるのです。

メリット ③ブランド力を活かせる

 有名飲食店がこれまで培ってきたブランド力を活用できる点もフランチャイズ加盟店のメリットといえます。有名飲食店は強いネームバリューを持っており、開業した店舗が初日からいきなり長蛇の列、なんてことも珍しくありません。
 飲食店は長い時間をかけ、メニュー開発、コスト設定、キャッチコピーの考案を行ってきました。これらは独立する多くの飲食店オーナーが悩むところですよね。フランチャイズであれば商売のために必要な料理、メニューなどをあらかじめ用意されているので、オーナーはお店の経営に集中して取り組むことができます。



 これまでは、フランチャイズのメリットを説明しました。充実したサポートを受けながら、未経験から誰もがオーナーになれるフランチャイズはとても魅力的です。一方で、フランチャイズ経営をするうえでデメリットとなることもあります。
 

デメリット ① 新しいことに挑戦する難しさ

 個性を出しづらいことが多いのも、フランチャイズ経営の特徴と言えます。「新しいことをやりたい!」と考えた場合でも、本部へ確認をとらなければならないため、すぐに実行に移すことができません。また、そのアイデアがお店のブランドイメージに合わない場合は採用されません。
 “競合避止義務”により契約期間満了後に同じ業務形態での出店が禁止されることもあります。サポートが充実している一方で、自由度はあまり高くないようです。

デメリット ②対価を支払う義務

 フランチャイズに加盟した店舗は、たくさんのメリットを受けられる代わりに、それに対する対価を支払わなければなりません。この対価は“ロイヤリティ”と呼ばれ、主にお店のロゴの使用や商品の販売権に使われています。
 また、加盟には契約期間が定められており、契約期間が終わる前に自己都合で閉店することになると多額の違約金が発生するケースもあります。一度契約を結んだら、契約期間満了まで責任をもって業務に取り組みましょう。

デメリット ③風評被害を受ける可能性がある

 風評被害によって来客が減ってしまい、加盟店が大きな損失を被ることもあります。飲食店の場合、ほかの加盟店で食中毒被害が発生してしまうと、同じ看板を持つ加盟店全体がその風評被害を受けてしまう可能性が非常に高くなります。このような被害を防ぐためにも、本部は経営指導をしっかりとおこなっているのです。

まとめ


 フランチャイズは、開業に必要な道具、食材、ノウハウを必要に応じて本部が提供してくれるので、通常の独立開業に比べると大変魅力的です。しかし一方で、業務面は制約が多く、フランチャイズ本部の指示に従って経営することが基本となります。「自分だけのお店を持ちたい!」と考えている人は、窮屈に感じる経営方法かもしれません。メリットとデメリットを把握し、自身にあった開業方法を選択しましょう。

 

開店ポータルBizへ無料相談する

開店・開業に関するお悩みなどお気軽に相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2018/04/23