新着記事一覧

  • 飲食店でよく使う「氷」の種類と特徴・用途、調達方法を知ろう
     飲食店を経営するにあたり、なにかと欠かせない氷。ドリンクに入れたり料理に使用するだけではなく、食材や料理を冷やすためにも用いられます。  ひとことで氷といってもその大きさや形はさまざまで、最適な用途も異なります。本記事ではそんな氷の種類についてご説明します。 主に使われている氷は8種類  氷は形状によって種類が異なります。一般家庭でもよく見かけるものから、飲食用として使われているもの、冷却用として使われているものなど、さまざまです。使われる機会の多い、8種類の氷をご紹介します。 1.キューブアイス 2.ハーフキューブアイス 3.フレークアイス 4.チップアイス 5.異形アイス 6.丸氷(まるごおり) 7.ブロックアイス 8.純氷(じゅんぴょう)  それぞれの特徴や、主な用途を見てみましょう。 1.キューブアイス 【特徴】   最もポピュラーな氷が、キューブアイスです。名前の通りキューブ型(立方体型)をしており、ダイヤアイスと呼ばれることもあります。透明度が高くて硬く、溶けにくいのが特徴です。大きさは、一辺が3cm前後。家庭用の冷蔵庫でも製氷できるため、一般家庭でもよく使用されています。  飲食店で使用する際には、「氷は○個入れること」と、オペレーションがしやすいメリットがあります。 【用途】  キューブアイスは、主にドリンクに入れて提供します。溶けにくいため、味を薄めてしまうことなく冷やせます。それ以外にも、かき氷用の氷として使ったり食材を冷やしたりと、幅広いシーンで利用可能です。 2.ハーフキューブアイス 【特徴】  ハーフキューブアイスは、一辺が1.4~2cm前後のキューブ型の氷です。キューブアイスの半分くらいの大きさのため、ハーフキューブアイスと呼ばれます。主な特徴はキューブアイスと同様で、透明度が高くて硬く、溶けにくいことです。 【用途​】  使用方法もキューブアイスとほぼ同じです。ドリンクに入れたり食材を冷やしたりと、飲食用としても冷却用としても使用されます。一つの氷のサイズが小さいため、特に小さなお子さまや女性のお客さまが多いお店におすすめです。  また、袋につめやすいので、火傷をした際などのアイシングにも適しています。 3.フレークアイス 【特徴】  フレークアイスとはガラスの破片のような見た目の、不定形の氷です。厚さが2mmほどと薄くて、小さいのが特徴。ほかの氷よりも、低コストでたくさんの量を製氷できるメリットがあります。 【用途​】  主に鮮魚やお肉など食材の冷却用として、アイスベッドなどに使われます。粒が薄くて小さいため細かい隙間に入りやすく、食材を傷つけることなく素早く冷却できます。 4.チップアイス 【特徴】  チップアイスとは、フレークアイスを固めてつくった氷のこと。紙コップなどに入れた際の“シャラシャラ”とした音には、清涼感があって人気です。表面積が大きいため、ほかの氷よりも溶けやすいという難点がありますが、冷却には適しています。 【用途】  飲料用としてドリンクに入れたり、冷却用、料理の演出をかねたアイスベッドとして使われることが多いです。素早く冷やせるので、海鮮食材などを扱うお店におすすめです。 5.異形アイス 【特徴】  異形アイスとはハートや三日月、星など、さまざまな形をした氷です。見た目から楽しむことができ、料理やドリンクの見栄えが良くなります。 【用途​】  バーや喫茶店、居酒屋などでドリンクに入れて提供するのがおすすめです。異形アイスを使えば、普通のドリンクも最近流行りのフォトジェニックなものに早変わり。また、冷たいデザートなどに添えるなど、チップアイスのように保冷と演出をかねた使い方もあります。 6.丸氷(まるごおり) 【特徴】  丸氷は、バーや居酒屋などお酒を扱うお店で使われている球体の氷です。表面がツルツルしたものとデコボコしたものがあり、ツルツルであるほど溶けにくくなっています。 【用途​】  お酒用として、ロックグラスなどに入れて提供することがほとんどです。溶けにくいうえに表面積が大きいため、ドリンクを薄めることなくしっかりと冷やせます。 7.ブロックアイス 【特徴】  ブロックアイスは名前の通り、ブロック型の氷で、角氷(かくごおり)や貫目氷(かんめごおり)とも呼ばれます。カット次第でさまざまな用途に利用でき、とても便利で使い勝手が良いです。大きなサイズのものになると、通常の業務用製氷機では製氷できないため、購入するのが一般的です。 【用途​】  砕いたり加工をすれば、かき氷用の氷やかちわり氷、丸氷などとして利用可能です。カットせずに“どぶ漬け”として使う方法もあります。イベントなどでドリンクを保冷するのに最適です。 8.純氷(じゅんぴょう) 【特徴】  純氷とは製氷機ではなく氷屋がつくった氷で、カルキなどの不純物を含んでいません。水を丁寧にろ過した後、じっくりと時間をかけて凍らせているため、透明度が高くてとても硬くなっています。手間をかけている分、質も良く、高級なお店で使われることが多いです。 【用途​】  料理やドリンクなどの食用として、鮮魚などの冷却用として、どちらにも使えます。不純物を含まないため氷自体に味が全くなく、食材の味を損なうことなく提供できます。 氷の調達方法  氷の主な調達方法は、製氷機を導入して毎日お店で製氷するか、氷屋から都度仕入れるかの2パターンです。そのお店の業態や、来客数、一日に使う氷の量、使う氷の種類などによって、どちらの方法がおすすめかは異なります。  製氷機と氷屋それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。 製氷機  製氷機を導入して氷を使うときの主なメリットとデメリットは、以下の通りです 【メリット】 ・仕入れの手間が省ける ・一度に大量の氷がつくれる ・必要なときにすぐ使える 【デメリット】 ・氷屋のものに比べて質が劣る ・ランニングコストがかかる ・清掃の手間がかかる  居酒屋やカフェのようにドリンクメニューが多いお店や氷を毎日たくさん使うお店、どちらかといえば質よりも量が重視なお店は製氷機の導入がおすすめです。  製氷機にもいろいろ種類があり、使用するものによって製氷方式や製氷できる氷の種類は異なります。また、同じ種類の氷でも、メーカーによって大きさや形状が微妙に異なることも。  どのような氷がつくれるのかよく確認したうえで、お店にあったものを選びましょう。 ★製氷機の選び方に関する記事はこちら★ 飲食店の必需品 製氷機はお店の「席数」で決めよう!   氷屋  続いて、氷屋で仕入れて使うときの主なメリットとデメリットです。 【メリット】 ・氷の質が良い ・必要なときに必要な分だけ仕入れられる ・さまざまな種類の氷を仕入れられる 【デメリット】 ・仕入れの手間がかかる ・在庫切れになる可能性がある ・注文してから使えるまでにタイムラグが生じる  高級料亭や三ツ星レストランのように品質にこだわるお店や、量的にも頻度的にもあまり氷を使わないお店などは氷屋で調達するのが良いでしょう。    氷屋によって、扱っている氷の種類や質、価格は異なります。また、配達の方法や頻度、要する時間なども違うため、比較して納得いくところを選びましょう。 たかが氷。されど氷。  形状によって用途も変わる氷。なんとなく選ぶのではなく、それぞれの特徴を活かしながら使うことが大切です。氷も料理や装飾の一部と考えてみてください。見た目も楽しくなるように工夫して使えば、お客さまからもきっと喜ばれるはず。氷を買うのにもコストが発生します。製氷機を選ぶ際や仕入れの際には、用途に適したものを選んで、賢く使っていきましょう。 ★食材の仕入れに関する記事はこちら★ 業者・直接仕入・ネット…お店にあった仕入れ方法を見つけよう!  開店ポータルBizでは、お店にあった製氷機のご紹介、インフラ周りのコスト削減のほか、地域やお店にあった集客方法・HPやSNS運用についてのご相談を無料で承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください!
    開店ポータル編集部
    2019/12/02
  • 個人飲食店の「節税対策」といきすぎた節税が招くリスク
     一般的なサラリーマンの場合、本人に代わって会社が税務申告をしてくれますが、飲食店のオーナーは個人事業主。つまり、自分で税務申告をしなければなりません。  余裕のある経営を続けるには、売上を伸ばすことだけでなく、節税をして出ていくお金を減らすことも大切です。本記事では、飲食店が取り組める節税対策の方法と、節税のしすぎが招くリスクについてお伝えします。 節税とは「所得税」の額を抑えること  飲食店オーナーにとっての節税とは、国に治める税金である所得税を安く抑えることです。  所得とは、1月1日から12月31日までの間にお店を営業して得た収入(売上)から、経費を引いたもの。そして、所得に対してかかる税金を所得税といいます。 【所得税の計算式】 所得税=課税所得(収入-経費-所得控除)×税率-税額控除 課税所得 収入から、経費と所得控除を引いたお金 所得控除 「納税者それぞれの事情に配慮して、公平に課税しよう」という考えがベースの制度 生命保険料控除、医療費控除、扶養控除などいろいろな種類がある 税率 所得の額に応じて決まっており、所得が多いほど税率が上がる(累進課税制度) 税額控除 算出された所得税(納めるべき所得税額)から差し引くお金 代表的なのは、住宅ローンの残高に応じて差し引かれる「住宅ローン控除」  上記の計算式をみると、「収入を減らす」もしくは「経費を増やす」ことが、節税のポイントであるとわかります。具体的な節税対策には、どんなものがあるのでしょうか。 個人事業主が取り組める節税対策 ①配偶者などに所得分散をする  日本には「累進課税制度」があり、所得の多い人ほど税金を多く納めるシステムになっています。つまりこれは、「誰かに所得を分散することができれば、税負担を減らせる」ということ。  所得を900万円と想定し、所得分散をしない場合とする場合の税金を計算してみました。 【所得分散をしない場合】 課税所得900万円×税率23%-控除額636,000円=所得税額1,434,000万円 【所得分散をする場合】  配偶者に300万円の給与を支払う場合、 自分:課税所得600万円×税率20%―控除額427,500円=所得税額772,500円 配偶者:課税所得300万円×税率10%-控除額97,500円=所得税額202,500円  ⇒自分:所得税額772,500円+配偶者:所得税額202,500円=所得税額975,000円  このように所得分散をした場合、しない場合と比較して459,000円安くなることになります。  事業所得をすべてを自分のものとして処理してしまっているオーナーも多くいます。配偶者や子ども、兄弟姉妹と一緒にお店を経営しているのであれば、所得分散をしないのはもったいありません。 ②経費にできるものがないかチェックする  個人事業主は、経費としてカウントできる支出の幅が法人よりも多いです。水道光熱費や家賃など、はっきり経費とわかるもの以外に、意外な支出が経費として認められる場合も。たとえば、次の4つです。 接待交際費  お世話になっている仕入れ先や常連さんなどと飲食をした場合は、「接待交際費」となります。  「事業として利益を出すのに必要なお金」であれば、接待交際費として認められます。将来取引をするかもしれない業者や、経営のアドバイスをくれる友人などとの飲食も含めてよいでしょう。  ただし、仕事に関係のある飲食代であることを税務署に証明できなければなりません。領収書の裏に、日付や相手の氏名、会社名、会った目的などをメモしておきましょう。 車両関連費  オーナーの自家用車を事業用として、仕入れや配達に使っていることもあるでしょう。その場合、ガソリン代、車検費用、自動車保険料などを経費としてカウントできます。  ただし「家事按分(かじあんぶん)」といって、プライベートと事業で何対何の割合で使ったかを自己申告しなければなりません。  ガソリン代で按分比率を求める場合は、次の方法があります。 ・走行距離 仕事で〇km走り、残り〇kmをプライベートで走った場合、〇:〇の比率で計上 ・使用日数 一週間に営業日数が6日あり、その日だけ事業用として使う場合、6/7で計上 研究開発費  セミナーや試飲会・試食会など、飲食店向けのイベントに参加することもあると思います。  これらにかかる受講料や参加料は、経営のノウハウを学んだり、アイディアを得たりするために必要な経費です。そのため、「研究開発費」とすることができます。  ちなみに、市場調査やメニュー立案のために他店で食べ歩きをした場合にも、研究開発費となります。 福利厚生費  スタッフの歓送迎会や、信頼関係を深めるためにおこなう食事会、慰労旅行などは、「福利厚生費」となります。休憩スペースに置いているお茶やコーヒー、まかない代なども福利厚生費に含めることができます  ただし、これらを福利厚生費とするには「スタッフ全員を対象とし、金額がおおむね一律であること」「高額すぎず、社会通念上相当の金額であること」などの条件があります。  このほかにも、サービス費(客席に置く新聞や雑誌など)、衛生費(制服のクリーニング代など)など、経費にできるものがないかチェックしてみましょう。 ③青色申告制度を利用する ■65万円の特別控除を受ける  「所得税の青色申告承認申請書」を税務署に提出すると、課税所得から65万円を差し引くことができます。  所得を600万円、経費を200万円と想定し、青色申告をしない場合とした場合の税金を計算してみました(ここでは、扶養控除などは抜きで考えています)。 【青色申告をしない場合】 課税所得=収入600万円-経費200万円=400万円 課税所得400万円×税率20%-控除額427,500円=所得税額372,500円 【青色申告をする場合】 課税所得=収入600万円-経費200万円-青色申告特別控除65万円=335万円 課税所得335万円×税率20%-控除額427,500円=所得税額242,500円  このように、青色申告をすることで13万円の節税につながります。  ただし、65万円の特別控除を受けるためには、「単式簿記」ではなく、すこし複雑な「複式簿記」で記帳をしなければなりません。税理士に依頼する、もしくは『freee』などのクラウド会計ソフトを利用するのがおすすめです。会計ソフトを利用すれば、毎日の記帳だけでなく、税額の計算や確定申告書類の作成なども自動でおこなえます。 ★freeeについてはこちら★ 個人経営の飲食店に会計ソフトFreee(フリー)を勧める5つの理由を徹底解説 ■専従者制度を使う  「青色申告の専従者制度」を使うと、配偶者や家族に支払っているお給料を全額経費にできます。次の条件を満たしているかチェックしてみましょう。 1.青色申告をした本人と、生計をともにする親族であること 2.当該年度の12月31日の時点で、15歳以上であること 3.青色申告をした人の事業に、6か月を超える期間従事していること  1と2にあてはまっていても、高校生や大学生の場合には適用されません。くわしくは下記の記事をチェックしてみてください。 ★「青色申告」について詳しく知りたい方はこちら★ 青色事業専従者給与に関する届出書について ④法人化を検討する  事業がうまくいけば利益が増え、所得も高くなります。既出のように、日本では累進課税制度がとられているので、お店が繁盛するほど税金の負担も増えてしまいます。  所得が900万円を超える場合には、法人化を検討しましょう。法人税は、所得800万円までは税率15%、800万円を超える部分は23.2%で一律なので、税負担を抑えることができます。事業所得の一部を自分のお給料にすれば、給与所得控除を受けられるのもメリットです。  ただし、会社設立や廃業の手続き、法人税の申告手続きなどが複雑です。かえって税負担が増えてしまうため、事業が成長していない場合は、法人化するのは避けましょう。 節税のしすぎが招く3つのリスク  これまで節税の方法について触れてきましたが、節税にはげむあまり所得を減らしすぎるのは危険です。個人事業主として大切な、「社会からの信用度」が下がってしまうからです。  いきすぎた節税が招く、3つのリスクについて知っておきましょう。 ①融資の審査に通らない  「事業がうまくいけば、店舗展開をしたい」と考えるオーナーも多いでしょう。ところが節税をしすぎると、いざ資金が必要になったとき、銀行からお金を借りにくくなります。  融資を受けるためには、収入のわかる「所得証明書」が必要です。そこに記載された所得金額があまりにも低いと、銀行に「このお店には返済能力がない」と判断され、審査で落とされてしまう可能性が高まります。  同じ理由で、キャッシング機能(お金を借りる機能)をつけたクレジットカードをつくるときにも、審査に通りにくくなります。 ②入居審査に通らない  お店を移転して、新しい物件を借りる場合もあるかもしれません。そのとき、管理会社や大家さんから所得証明書の提出を求められることがあります。  理屈は、銀行から融資を受けるときの審査と同じ。「この人は、きちんと家賃を支払えるのか?」という部分を見られ、所得があまりにも少ないと入居を断られてしまいます。  入居審査の基準は物件によって異なりますが、ひと月の家賃が所得の30%を超えると難しくなります。家賃15万円の物件を借りるには、年間所得が600万円(15万円×12か月÷30%)なければ厳しいということです。 ③休業補償の保険金がもらえない  思わぬケガや病気によって、長い間お店を開けられなくなる場合もあります。休業によって収入を得られなくなるリスクにそなえて、休業補償(所得補償)保険に加入している方も多いと思います。  休業補償の保険金は「平均月間所得金額」がベースになっており、「平均月間所得金額×休業月数」といった式で求められます。極論ではありますが、所得金額がゼロであれば、万一のときにもらえる保険金もゼロ。節税のしすぎで所得金額が低くなると、いざというときに休業補償がもらえなくなる(受け取れる金額が少なくなる)リスクがあります。  また、控除を増やすために不要な保険に加入したり、「経費で落とせるから」とむやみにお金を使ったりすれば、手元の現金が減ってしまいます。これでは節税の意味がありません。  目先の税負担を減らそうとするあまり、長い目で見たときの損失にならないように気をつけましょう。 かしこく節税するなら『クロスポイント』 クロスポイント株式会社 HP:https://x-p.jp/  「忙しくて、節税対策についてゆっくり考えられない」「税金の知識にうとくて、考えただけで頭が痛い」。そんな方はひとりで悩まず、プロの税理士の力を借りてみてください。    おすすめは、飲食店向けのトータル経営サポートサービス『クロスポイント』。税理士のほかにも、弁護士や会計士といったプロフェッショナルが在籍しており、さまざまな面から経営相談に乗ってくれます。 クロスポイントでできること 月々の記帳業務  所得を把握し、正しく税金を納めるためには、日々のお金の出入りをきちんと把握しておかなければなりません。とはいえ、たまったレシートや伝票を整理し、ひとつひとつの取引を帳簿に書きこむ作業は骨が折れます。  クロスポイントでは、会計ソフト『freee』などと連携し、煩雑な会計作業を代行しています。会計作業をプロに任せてしまえば、メニューやサービスの改善、スタッフ教育といった「本業」に力を注ぐことができます。 ★クロスポイントについてもっと知りたい方はこちら★ 飲食店の資金調達・会計は税理士法人クロスポイントに任せよう 税務相談  飲食店のオーナーが支払う税金は、所得税のほかにも、住民税、消費税など複数あります。 税金の知識がないのに、無理に個人で手続きをすると、重大なミスによって営業どころではなくなる可能性も。  クロスポイントを利用すると、不安な税務関係の処理も、税理士のアドバイスのもとで安心しておこなえます。経営状況やオーナーの生活状況に合わせて、節税対策も提案してくれます。 税務申告書の作成  個人事業主は、前年1月1日から12月31日までの所得を把握し、翌年2月16日から3月15日までの間に確定申告を済ませなければなりません。  会計ソフトを使って帳簿をつけていれば、自動でデータができあがっていくので、税務申告書をつくるときも困りません。  しかし、実際に提出する書類は手書きで記入しなければならないため、金額の計算が大変。クロスポイントなら、税務申告書の作成まで代行してくれるので安心です。  また、税務関連のサポートのほかにも、次のようなサービスを利用できます。 ・月次決算報告の作成 タイムリーに経営状況がわかり、サービスや利益率の向上につなげられる ・マネジメント診断 四半期ごとにつくるレポートによって、長いスパンで見た経営状況をつかめる ・集客アドバイス お店のそのときの状況にマッチする集客戦略を、プロの目線から提案 【料金プラン】  税理士に相談するとなると、心配なのが費用。クロスポイントは、月額5,000円からという業界最安値の料金で利用できます。  ベーシックプランは業界最安値の5,000円。飲食店経営のタイムリーな状態の把握から、効果的な施策によるムダの見直しが可能になります。どのプランにも、30日間の無料お試し期間があるのもうれしいところでしょう。  会計業務や資金調達、クロスポイントについてより詳しく知りたい方はこちらからご連絡ください。 ★クロスポイントについてもっと知りたい方はこちら★ 飲食店の資金調達・会計は税理士法人クロスポイントに任せよう 悩んだら開店ポータルBizに無料相談しよう  お店を続ける限り、税金は毎年納めなければなりません。節税対策をまったくしていない場合、必要な額よりもかなり多くの税金を支払っている可能性もあります。税金の負担が減れば、手元に残るお金も増えるので、気持ちに余裕のある経営ができるようになりますよね。  とはいえ、独断で節税にはげむと、所得の減少によって社会的信用度も下がってしまいます。『クロスポイント』をはじめとするプロの税理士に相談しながら、お店の状況に合わせた節税対策をしていきましょう。 ★節税対策に関する記事はこちら★ その保険、節税になっていますか?保険の見直しで節税対策を! ★クロスポイントについてもっと知りたい方はこちら★ 飲食店の資金調達・会計は税理士法人クロスポイントに任せよう  開店ポータルBizでは、資金調達や会計業務、コスト削減、地域やお店にあった集客方法に関するご相談を無料で承っています。下記のフォームからお気軽にご連絡ください。  
    開店ポータル編集部
    2019/11/30
  • 食品ロス削減推進法とはなにか?大手外食各社の取り組みから個人飲食店が学ぶべきこと
     世界トップクラスといわれる日本の食品廃棄量は、年間で600万トン超。まだ食べられる食品が、毎日10トントラック1,700台ぶんも捨てられているのです。  この問題への対策として消費者庁は、2019年5月末に『食品ロス削減推進法』を交付、同年10月1日に施行しました。日本初となる食品ロスにかんする法律の施行を受け、大手外食チェーンはどのような動きをみせたのでしょうか。そして、個人経営の飲食店がそこから学べることはなんでしょうか。 食品ロス削減推進法の概要  食品ロス削減推進法は、料理の食べ残しや売れ残りなど、まだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」の削減を目指してつくられました。第2条では、食品ロス削減の定義を「まだ食べることができる食品が廃棄されないようにするための社会的な取り組み」としています。  第14~19条には、消費者や食品関連事業者(メーカー、卸売業者、小売店、飲食店など)が、食品ロス削減への理解と関心を深めるための施策にふれています。  その施策には、食品を必要なぶんだけ販売・購入することや、販売・購入した食品をムダにしないための取り組みをおこなうことなどが含まれています。  具体的な施策としては、このほかにも、 ・食品関連事業者の取り組みを支援すること ・食品ロスの削減にかんして、功績がある人や企業を表彰すること ・食品ロスの実態や、効果的な削減方法などの調査研究をおこなうこと ・フードバンク活動を支援すること などが挙げられています。 ★水道料金の削減を考えたら実践したいこと★ 飲食店の節水方法4選!「水道代が高い」なら水道料金削減額シュミレーションを受けよう【無料】 大量の食品ロスが生まれる背景  日本ではなぜ、こんなにも大量の食品が「まだ食べられる状態で」捨てられているのでしょうか。その要因として、次のことが考えられます。 ①食品業界の「3分の1ルール」  食品業界では、製造日から賞味期限までの日数を、「納入期限」「販売期限」をもうけて3つに分ける「3分の1ルール」という商慣習があります。 納入期限 製造後、納入期限を過ぎた食品はお店に納品してはならない 販売期限 店頭に並べてから、販売期限までに売り切らなければならない 販売期限を過ぎると、撤去・廃棄もしくはメーカーに返品 賞味期限 おいしく食べられる期限 品質に問題はないが、賞味期限を過ぎた食品は基本的に販売しない  近年では、食品や資源のムダにつながるとして、3分の1ルールから2分の1ルールに緩和する企業も出てきていますが、この3分の1ルールの見直しによって、「賞味期限切れの食品を売ることがいかに難しいか」を感じているお店も多いといいます。 ②欠品を恐れて大量発注する  2017年に、廃棄された大量の恵方巻きの写真がネット上で拡まり、論争となったのを覚えていますか?これを受けて、農林水産省は2019年1月、日本スーパーマーケット協会などに「需要に見合った数の恵方巻きを販売するように」と文書で呼びかけました。  食品ロスを増やすもうひとつの要因は、小売店による大量発注です。お客さまが買いに来たときにモノがないと、販売機会を逃してしまう(入るはずの売上が入らなくなる)ため、商品棚が空になるのを嫌がるのです。  欠品を恐れるお店に従って、メーカーは必要以上の量を製造・納品することに。それが結果的に売れ残ってしまい、廃棄されることになります。 ③賞味期限に対する誤解  賞味期限は、日本をはじめとする先進国で、食品ロスの大きな要因であるといわれています。北欧諸国では、賞味期限表示とあわせて、「賞味期限を過ぎても食べられます」との旨を表記しているそうです。  テレビ局が、街で50人に「賞味期限切れの食品を買うか否か」を聞いたところ、過半数の人が「買わない」と答えたそう。理由を聞くと「お腹をこわすから」と答えた人もいました。  このインタビューからは、「おいしく食べられる」期限である賞味期限を、「食べられる」期限である消費期限と誤解している人が多いことがわかります。そのため、お店は賞味期限切れの食品を売ることができず、廃棄するしかなくなるのでしょう。 ★在庫管理に関する記事はこちら★ 飲食店の悩みの種!不良在庫を出さない管理法と上手な処分方法 大手外食チェーンに学ぶ、食品ロス削減の取り組み  農林水産省がおこなった2016年度の調査によると、日本の食品ロスは年間643万トン。その約45%(291万トン)は消費者、そして約55%(352万トン)は、食品関連事業者から出ています。さらにいうと、事業者からの食品ロス352万トンのうち、133万トンは外食産業から出たものです。  以下で、料理の食べ残しや食材の廃棄を減らすために、大手チェーンがおこなっている取り組みをみてみましょう。 ①モスバーガー モスバーガー HP:https://www.mos.jp/ モスバーガーの取り組み  「フードバンク」という言葉をご存知ですか?これは、余ってしまった食べ物を卸売業者や小売店、飲食店などから寄付してもらい、児童養護施設や福祉施設、災害時の炊き出しなどに届ける活動です。  ハンバーガーチェーンの『モスバーガー』も、フードバンク活動を支援する企業のひとつ。『セカンドハーベスト・ジャパン』というフードバンクに対し、品質に問題はないけれど賞味期限が短い、未使用の食材を提供しています。 個人店が学ぶべきポイント  個人経営のお店でも、フードバンクを利用してみてはいかがでしょうか。セカンドハーベスト・ジャパンでは個人からも、缶詰、フリーズドライ食品、調味料、お米、パスタなどさまざまな食品の寄付を受け付けています。  野菜や果物、冷凍・冷蔵品の寄付も可能です(要事前連絡)。   ②塚田農場 塚田農場 HP:https://www.tsukadanojo.jp/ 塚田農場の取り組み  地鶏料理のおいしい居酒屋チェーン『塚田農場』は、新鮮な食材を安く仕入れるために、農家や漁師と直接取引をしている会社です。  食材を無駄なく使いきることにこだわる同社が考えたのが、秋冬限定の「加藤えのきの月見ステーキ」。それまでは捨てられていたえのきの石づき(根本の部分)に、つくねと卵の黄身をのせてこんがり焼いた人気メニューです。 個人店が学ぶべきポイント  このように、いつも捨てている野菜の皮やお肉の切れ端などを工夫して使うことで、思わぬヒットメニューをつくることもできます。食品ロスを削減でき、お客さまにも喜んでもらえるという一石二鳥の取り組みを、個人店もぜひ見習いたいところです。 ③ワタミ株式会社 ワタミ株式会社 HP:https://www.watami.co.jp/ ワタミ株式会社の取り組み  ワタミ株式会社は「2030年までに、食品ロスを50%削減する」と明言し、お客さまと協力しながら食べ残しを減らす活動をしています。代表的な取り組みは、食べきれない料理の持ち帰り推進。『和民』『坐・和民』では、バイオマスプラスチック(土に還るプラスチック)製の持ち帰り容器を使うことで、環境にも配慮しています。  また、「3010運動」というおもしろい取り組みも。「宴会のはじめの30分と終わりの10分は、自分の席で食事を楽しむ」ことを呼びかけ、料理が残らないようにしています。 個人店が学ぶべきポイント  ワタミのように持ち帰り容器を用意するだけでなく、ハーフサイズを用意する、ご飯の量を選べるようにするなどの工夫をしてみましょう。「食べ残しを減らすこと」は、個人店がもっともはじめやすい食品ロス削減のための取り組みです。 開店ポータルBizに無料相談しよう  食品ロスの問題は、ただ「もったいない」というだけではありません。食品を含めた何百、何千トンものごみを処理するためには、焼却・埋め立てなどに莫大なコストが発生します。さらに、ごみを燃やしたときに出るCO2や、灰の埋め立てによって、環境にも負荷をかけているのです。食品ロスの削減は、個人経営の飲食店を含め、食品業界全体で取り組まなければならない問題といえるでしょう。  お店一軒一軒、スタッフ一人ひとりが意識を持てば、捨てられてしまう食品は少しずつでも減っていくはず。大手チェーンの取り組みに学び、できることからはじめてみてください。まずは食品ロスに繋がる「仕入れ」を見直すこともひとつの方法です。 ★仕入れコストカットに関する記事はこちら★ 仕入れコストに悩む飲食店経営者がコストカットのためにすべき3つのこと  開店ポータルBizでは、「仕入れコストの見直し」をはじめ、インフラ周りのコスト削減のほか、地域やお店にあった集客方法・HPやSNS運用についてのご相談を無料で承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください!  
    開店ポータル編集部
    2019/11/29
  • グルメサイトの予約システムを一元管理!集客・売上・顧客満足度をアップさせる「ebica(エビカ)」の仕組み
     近年、飲食店では予約をグルメサイトから受け付けるケースが増えています。利便性の高さからお客さま満足度は上がりますが、一方で飲食店は複数のグルメサイトを管理しなければならなくなりました。また、インターネットを通した予約以外にも店頭や電話といった従来の予約管理も必要です。  本記事では、さまざまな媒体からの予約を一括で管理できる予約台帳システムebica(エビカ)についてご説明します。 複数のグルメサイトに登録するのはなぜ?  飲食店にとって、グルメサイトの予約サービスは顧客獲得のためになくてはならないツールです。グルメサイトにはそれぞれに特色があるので、ユーザー層も異なります。  飲食業界は競争の激しい世界です。そこで生き残り、繁盛店となるには「ターゲットとなるユーザーが集まるいくつかのグルメサイトに登録して、より多くの人にお店の情報を届けること」が必須となっています。 ★お店にあったグルメサイトを見つけたい方はこちらの記事もおすすめ★ 飲食店集客に役立つ「グルメサイト」17選比較! 懸念  予約の間口が広がることで、お店にとってはややめんどうな業務が発生します。それが、それぞれのサイトに入った予約を管理する「予約管理業務」です。すでに満席なのに、予約を受けてしまい、お客さまにお断りの連絡をしなければならない…なんてことも。そうなってしまっては、一度は「このお店に行きたい」と思ってくれたお客さまをがっかりさせるだけでなく、お店にマイナスイメージを持たせてしまうでしょう。  この懸念を未然に防ぐには、多方面から入る予約状況を一元管理できるサービスの導入が有効です。 予約状況を一元管理できる予約台帳システム  営業や仕込みで忙しいときにグルメサイトを一つひとつチェックするのはめんどうですよね。そこで登場するのが、「ebica(エビカ)」です。ebicaは、複数のグルメサイトの情報を連携させて、一元管理できる優れもの。さらに、予約台帳としての機能があるため、「お客さまの過去の来店日」や「来店回数」、「顧客情報」をオンライン上で管理することもできます。  従来の紙台帳に比べて、情報を簡単に確認できるため、予約管理にかかる手間やコストを大幅に減らせることは言うまでもありません。加えて、業務効率はあがり、オペレーションのクオリティも高められるため、お客さま満足度の向上にも繋がります。複数のグルメサイトに登録している飲食店であれば、導入を検討したいサービスです。   ebicaの主な6つの機能  では、具体的にどのような機能があるのでしょうか。  主な機能6つを見ていきましょう。 ①予約者情報のピックアップ  過去に予約したことのある方から電話予約が来た場合、ナンバーディスプレイによって氏名や電話番号が予約台帳に表示されます。  入力や探す手間がないため、案内もスムーズに。接客サービスの向上が期待できます。  ナンバーディスプレイで表示されなかった場合でも、姓を入力すれば過去予約者から候補を自動でリストアップ。来店回数や案内上の注意などを一目で確認できます。手書き入力対応なので、機械の操作が不慣れな方でも扱いやすくて安心です。 ②予約情報の一括管理  複数のグルメサイトに登録している場合、通常であれば予約が入るたびに各サイトの空席数をそれぞれ手入力で更新しなければなりません。しかし、ebicaでは予約情報や残席情報を自動で連携してくれるため、すべてのグルメサイトを一括で管理することができます。  たとえば、総席数が20のお店の場合、ひとつのグルメサイトから予約が入って残席が10になると、他のグルメサイトの残席数も自動で10に変更されます。店頭や電話で予約を受けた場合も、ebicaに入力しておけばグルメサイトに自動で反映されます。  変更やキャンセルなどもおこなえるので、予約管理にかかる工数が大幅に削減。ダブルブッキング防止にも繋がります。 ③オリジナルフォームの設置  お店のホームページやSNSにオリジナルの予約フォームを設置できます。フォームは空席検索、条件検索、プラン検索型の3種類。海外からのお客さま向けに英語と中国語にも対応しているので、インバウンド集客もばっちりです。  予約時は喫煙や禁煙、テーブルやカウンター、個室など席種も選択可能。満席の場合でも、予約可能な条件があれば、自動で検索、提案をしてくれます。それでも満席の時には、空きのあるグループ内の他店を案内。予約希望のお客さまをできるだけとりこぼさないサポートが充実しています。  電話からの予約の場合でも、「予約センター」という機能を使えば即座に他店の空き状況を確認、案内ができるのもebicaならではのサービスです。 ④POS連携機能  POS連携機能を使えば、オーダー取得や会計履歴などからお客さまの着席情報や退席情報をebicaに自動で反映することも。そのため、リアルタイムで正確な空席数を把握でき、効率的にお客さまを呼び込めます。  お客さまがどのような料理を注文して、どれくらいの金額を使ったかなどの記録を残すことができるので、過去のデータを参考にしながらおすすめのメニューを提案できます。ワンランク上のおもてなしで、お客さま満足度の向上に繋がります。 ⑤ダッシュボード機能  ダッシュボード機能では、予約観点での売上分析が簡単におこなえます。 ・予約と売り上げの分析 ・予約の流入経路分析 ・回転数分析 ・来店頻度分析  主に上の4つの分析が可能で、予約による売上の推移はもちろん、予約の多い媒体、少ない媒体などを把握できます。  この分析をもとに、売上向上施策や登録しているグルメサイトの見直しを図ることもできます。 ⑥セキュリティ&サポート体制  個人情報を扱う予約台帳ですが、セキュリティやサポート体制が万全に整っているため安心して利用できます。  さらにはebicaにアクセスできる端末や店舗、人を限定することもできるため、外部からの不正アクセスや漏えいを防ぐことも。また、アクセスする人によって、情報の公開範囲を変更することも可能です。  データのバックアップやサポートコールセンターの設置で、急な不具合にもっしっかりと対応してくれます。万が一ebicaが開けなくなったときには、当日~14日間分の予約を予約リスト.comから確認できます。 予約管理の仕組み  グルメサイトなどからWEB予約が入った場合の流れは以下です。 ① グルメサイトから予約が入ると「新着予約」通知が入る ②「未対応リスト」から内容を確認 ③予約帯情報が自動で作成される ④各グルメサイトから空き座席数情報が自動で書き換えられる  このほかでお店に直接電話予約が入った場合は、ebicaに手入力するだけ。座席ごとに予約の入り具合がわかるので、空き状況の確認も一目瞭然です。予約人数・時間の急な変更も、ebica上で管理できます。 対応しているグルメサイト  主要グルメサイトを含む13サイトに対応しています。 ★お店にあったグルメサイトを見つけたい方はこちらの記事もおすすめ★ 飲食店集客に役立つ「グルメサイト」17選比較! 利用料金  さて、気になる利用料金ですが、以下のようになっています。  10店舗以上を抱える場合には、利用料金がお得になります。 導入にお悩みの方は開店ポータルBizまで【ご相談無料】  このほかにも、予約者に予約確定や直前のお知らせメッセージを配信できたりと、うれしい機能が充実しています。居酒屋やビストロ、バルなどどんな業態であっても、効率的な予約環境を簡単に作れるのがebicaの強みです。  さまざまなグルメサイトを介したインターネット予約が急増しているいま、飲食店では「業務効率の改善」「オペレーションのクオリティ向上」「お客さま満足度向上」に目を向けることがより大切になっています。ebicaを上手に利用して、繁盛店を目指しましょう。  開店ポータルBizでは、予約台帳「ebica(エビカ)」についてのご相談を無料で承っております。下記のフォームからお気軽にご連絡ください。
    開店ポータル編集部
    2019/11/28
  • 飲食店経営者にすすめたいInstagramの活用法と集客に効果的なツール
     写真をシェアして楽しむInstagramは、若い世代を中心に世界中で利用されています。日本でも、フォトジェニックやインスタ映えという言葉が流行り、なかでもインスタ映えは2017年の流行語大賞にも選ばれたほど、いま主流のSNSとなっています。  実はこのInstagram、無料のアプリであるにもかかわらず、店舗や企業が宣伝、集客のツールとして利用することもできるのです。 Instagramとは?  Instagramとは、撮った写真や動画をSNS上で共有できるスマートフォン用のアプリです。  シンプルで見やすい点が好評を得ており、特に流行に敏感な20~30代の女性の利用者が多く、また企業間では集客効果が高いことも特徴です。投稿写真に付けられている#(ハッシュタグ)で検索、情報収集をすることができ、興味がある不特定多数のユーザーに情報を届けることで多くの人と繋がることができます。 Instagramユーザーの意識調査  すこし古い情報ですが、2017年7月にサイバー・バズ社が発表した、20~40代の女性を対象とした「Instagramユーザーの意識調査」では、非常に興味深い結果が報告されました。 ●知らない企業だったのにも関わらず、Instagramで認知し、その企業アカウントをフォローしているユーザー 20代:92% 30代:89% 40代:82% ●フォローした企業の商品を購入する機会が、フォローする前よりも増えたと回答したユーザー 20〜30代:70%以上 40代:56% 出典:株式会社サイバー・バズ  なんとInstagramで認知・フォローしたというユーザーは、20・30・40代全てで80%以上。この結果から、自社アカウントをフォローしてもらうことで、将来的に商品を購入してもらえる確率が高まることが分かります。  これは飲食店や実店舗に関しても同様です。自らが「いいね」をし、「いいね」を返してもらうことでまだ自社を知らない潜在顧客に知ってもらうことが可能ということです。  また、Instagramを取り入れている企業を対象としたアンケートにおいては、一番感じている効果として「集客アップ」が1位に挙げられていました。実際に企業担当者の多くは、Instagramを導入することで集客アップや、売上拡大を感じているようです。 投稿=集客とは限らない    記述の調査結果から、集客に一役買っているように見えるInstagramですが、実は必ずしもInstagramを始めたからといって、投稿するだけで閲覧数があがり、集客に繋がるわけではありません。大切なのは、Instagramを理解して、その仕組みをきちんと活かした運用をすること。  より多くの人にお店のアカウントを知ってもらうには、まずは他のユーザーに「いいね」をしたり、フォローをしたりしてこちらからアクションを起こす必要があります。それにプラスして、どのような工夫をすれば、日ごろの運用が実を結び集客につながるのか――以下でInstagramの活用方法をご紹介します。 Instagramの活用方法 7つのポイント  Instagramの活用方法として開店ポータルBizがおすすめするのは、以下の7つの方法です。 1.自慢の料理やランチメニューなどをタイムリーに投稿する 2.料理動画を投稿して、プロセスをアピールする 3.ハッシュタグ投稿で、ターゲット層を狙う 4.住所を登録して地図とリンクさせる 5.ビジネスアカウントのインサイト機能でニーズを把握する 6.ビジネスアカウントを利用して広告費を抑える 7.自動運用システム 「Insta Town」を利用する  一つずつ順に見ていきましょう。 1.自慢の料理やランチメニューなどをタイムリーに投稿する  お店でどういった料理が提供されているのかを知るには、そのお店の料理写真を見るのが一番です。加えて、Instagramは、投稿写真に文章を添えることもできるので日替わりメニューや期間限定メニューがあるお店は最新情報を写真とともにタイムリーに伝えることができます。  また、Instagramの特性を活かして、インスタ映えを狙った内装作りやメニュー作りをおこなっているお店もあります。おしゃれな写真スポットを用意してお客さまに写真を撮ってもらいInstagramに投稿してもらえるよう工夫をしているのです。   2.料理動画を投稿して、プロセスをアピールする  Instagramでは写真と同様に、動画も投稿できます。完成形だけでなく、作る過程にも工夫や特徴があるものは動画でのアピールが効果的です。  また、ストーリーズ(通称・ストーリー)という機能を使うと、通常の投稿とは別でより手軽に写真や動画をシェアできます。ストーリーズの投稿は24時間経つと自動的に消える仕組みとなっているので、予約状況や期間限定キャンペーンのお知らせなど、リアルタイムな情報を流すのにもぴったりです。 3.ハッシュタグ投稿で、ターゲット層を狙う   写真を投稿するときに大事なのが#(ハッシュタグ)。#●●●のようにキーワードを入れることで、同じハッシュタグを使っている投稿を一覧で見ることができます。  たとえば、「#開店ポータル」と投稿すれば、開店ポータルの投稿がピンポイントに絞られたるため、そのハッシュタグに対するニーズが高い人に見てもらうことができるのです。  気をつけなければならないのは、ハッシュタグの検索は、完全一致のキーワードのみが結果として表示されるという点です。多くのInstagramユーザーに見てもらいたい場合は、広く知られているワードをいれるように心がけましょう。また、店名や料理名、地名のほかに、“#麺スタグラム”など、“#○○スタグラム”を使用すると多くのユーザーの目に留まりやすくなります。いろいろ試して、効果のあるハッシュタグを見つけてみてください。  Instagramでは、見られる対象が口コミなどのコメントよりも投稿写真にあります。投稿しているのは、そのお店に訪れたことのあるお客さまがほとんど。そのため、よりリアルな口コミを知ることができます。ハッシュタグを検索することで、ユーザーの投稿を見ることが出来るので、「お客さまはどういったところを気に入って、どういったところがイマイチだったのか」を知ることもできます。 4.住所を登録して地図とリンクさせる  せっかくInstagram上でお店を見つけても、住所がわからなければお客さまは来てくれません。わざわざ自分で調べなければいけないとなると、来店意欲も低下してしまう恐れがあります。それを解決してくれるのが、位置情報です。これをつけて投稿すれば、どの都道府県のどの地域にあるのかが一目瞭然です。  また、住所を登録して地図をリンクさせることで、住所検索も可能になります。GPSを使い、現在地でお店を探すユーザーの検索にお店がヒットし、集客に繋がることも。このほか、住所検索機能は、該当場所付近も検索結果にヒットするため、近隣のお店が検索された際に、お店をアピールすることができます。 ★ありすぎてわからないグルメサイト!お店にあったものはどれ?★ 飲食店集客に役立つ「グルメサイト」17選比較! 5.ビジネスアカウントのインサイト機能でニーズを把握する  Instagramでは、企業向けのビジネスアカウントを作成することができます。インサイト機能が搭載され、プロフィールへのアクセス数やインプレッション数、フォロワーの年齢層や男女の割合などを見られようになります。それによって、どのような人が自分のお店に興味を持っているのか、逆にどの層から支持を得ていないのかを把握することができます。  もし、分析結果が想定しているターゲット層と不一致であれば、メニューなのか店内の雰囲気なのか立地なのか、何かしらの改善が必要である可能性があります。もしくは、既にファンになってくれている層にあわせて、お店のコンセプトを思いきって変えてしまうという選択肢も。ビジネスアカウントの作成は無料でおこなえるので、利用しない手はありませんね。 6.ビジネスアカウントを利用して広告費を抑える  ビジネスアカウントの利点はもう一つあります。アカウントを切り替えると、プロフィール部分に電話・メール・地図項目の追加や、HPへの誘導が可能なURLが設定できるようになるのです。編集画面で設定した項目が画像のように電話する、メールと表示され、クリックするだけですぐに機能が立ち上がります。お店と簡単にコンタクトが取れるのでスムーズなやりとりが可能です。住所を設定すれば”道順”という項目が表示されて地図機能が立ち上がります。お店までの道順が簡単に見てもらえるようになるので、お客さまも訪れやすくなりますよ。    通常、これだけの情報を掲載しようと思ったら、それ相応の広告費用がかかってしまいます。例え月額が安く済んでいたとしても、積み重なれば大きな出費になりますよね。これがInstagramなら、お店の基本情報だけでなく、どのようなスタッフが働いているのか、店内の雰囲気、キャンペーンなど、いくらでも無料で発信することができるのです。 7.自動運用システム 「Insta Town」を利用する  いざInstagramを始めて一生懸命投稿をしても、いいねの数やフォロワー数がなかなか増えないという壁にぶつかることもあります。フォロワーを増やすためにはまず、Instagramを利用していることをアピールしましょう。そのためには、既出のように同じハッシュタグを使っているユーザーやターゲットユーザーの投稿にいいねやコメント、フォローなどのアクションを起こすことが必要となります。しかし、実際は忙しくてそのために時間を割けない場合がほとんどでしょう。そんなときにおすすめなのが、AIを利用した自動運用システムの導入です。この自動運用システムはハッシュタグを設定するだけで、同じハッシュタグを使っているユーザーに自動でいいねやフォローをしてくれます。  たとえば、コーヒーが自慢の東京にあるカフェならハッシュタグに「カフェ」と「コーヒー」を設定。すると同じタグを使った投稿を自動で探し出し、ランダムでいいねやフォローを繰り返します。そのユーザーは、カフェやコーヒーに興味があったり、好きである可能性が高いため、ニーズのあるユーザーに直接アピールができるのです。  また、いいねやフォローをされたユーザーは自分もお返しをしようという心理が働き、リアクションを起こしやすい傾向があります。その結果フォロワーの増加に繋がるのです。なかでもおすすめの自動運用システムは Insta Townです。無料期間もあるので、最初からお金をかけるのが不安な方はお試しで利用してみるのもいいですね。開店ポータルbizでもご案内可能なので、詳細が気になる方は、こちらからお気軽にご連絡ください。 Insta Townのポイント ①自動的に「いいね」やフォロワーが増える 月間約20,000人に対して、自動的に「いいね」や「フォロー」をします。 ②求めるターゲットに合わせてアプローチ やみくもにフォロワーを増やすのではなく、あらかじめ15個のハッシュタグを設定し、ターゲットを絞ってアプローチをします。 そのため、お店に興味を持ってくれそうなユーザーをフォロワーにすることができます。 ③有効なハッシュタグを分析 設定したハッシュタグから、どの程度「いいね」や「フォロー」をもらえたかなど、どのハッシュタグが効果的かを分析することが可能です。 【お申込みから設定完了までの流れ】 ①お申込み書の記入 ②Instagram開設・ビジネスアカウントに変更 ③インスタタウン設定 ④ご利用開始 ※最短3日程で利用開始できます。詳細が気になる方は、お気軽にこちらからご連絡ください。 Instagramを上手に活用してプロモーションに繋げよう  今では検索エンジンを使用せずに、Instagramでお店を検索して足を運ぶ人が多くなりました。フォロワーや「いいね」が多くなるほど知名度はあがり、集客に繋がります。またInstagramで話題になると、テレビや雑誌などのメディアに取材される可能性も高まります。 ★そのほか無料ではじめられるSNS集客・Web集客について★ 飲食店にWeb集客は必須!集客に有効な5つの無料サービスとは?  「Insta Town(インスタタウン)」は開店ポータルBizでもご案内しています。ぜひお気軽にご相談ください。お店の情報を上手に発信して、効果的なプロモーションに繋げましょう。
    開店ポータル編集部
    2019/11/27
  • 写真を撮るだけで簡単見積もり!業界最安値の引越しサービス「Hi!MOVE(ハイムーブ)」
     「お客さまが増えて手狭になった」「入居しているビルの取り壊しが決まった」…そうなると心配なのが、店舗移転にかかる費用です。「見積もり比較サイトに登録したとたん、引越し業者から大量の営業電話がかかってきて驚いた!」というオーナーも少なくありません。  そこで利用したいサービスが、『Hi!MOVE(ハイムーブ)』。個人情報の登録は必要なく、スマートフォンで荷物の写真を送るだけで、引越し料金の見積もりがとれます。本記事では、同サービスを利用するメリットや、引越しの流れをまとめました。 Hi!MOVEって、どんなサービス?  『Hi!MOVE(ハイムーブ)』は、株式会社グライドが運営する引越しシェアリングサービスです。2019年1月に、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県からサービスを開始しました。  現在は北海道、新潟県、滋賀県、三重県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県、福岡県、そして名古屋市(一部地域は対象外)も対象エリアとなっています。単身者をターゲットとしたサービスですが、すべての間取りに対応できるため、店舗や事務所の引越しにも利用できます。  Hi!MOVEではシェア引越し、及び引越し会社の空きトラックマッチングをおこなっており、さらに、電話対応や見積りを自社でおこなうことで人件費をカット。これにより、他社より3~4割ほど安い引越し料金を提案できるのです。  作業にあたるのは、グライドが提携しているプロの引越し業者。大切な厨房機器やインテリアも、傷つけることなく丁寧に運んでくれます。 Hi!MOVE HP:https://hi-move.jp/ Hi!MOVEを利用する4つのメリット  では、Hi!MOVEにはどのようなメリットがあるのでしょうか。 ①「写真を撮るだけ」で見積もりが可能 ②引越し料金「業界最安値」を実現 ③営業電話がこない ④空スペースシェアの『モノオク』と提携している  一つずつ見ていきましょう。 ①「写真を撮るだけ」で見積もりが可能  見積もりに必要な情報は、引越し予定日、現在の店舗の住所と間取り、新しい店舗の住所だけです。荷物の写真を撮って基本情報とともに送るだけで、すぐに引越し料金の見積もりがとれます。  しかも、荷物を一つひとつ撮る必要はなく、荷造り前の店内の写真を撮るだけでOK。「厨房、客席、玄関」のようにざっくりと分けて、数枚送るだけで大丈夫です。   ②引越し料金「業界最安値」を実現  他社の6~7割ほどの料金で引越しができるHi!MOVE。どうしてこれほど安くなるのでしょうか?  それは、1台のトラックを複数の依頼主でシェアし、ひとりあたりの引越し料金を抑えているから。依頼主どうしで、料金を割り勘するようなイメージです。  トラックの空き時間を有効に使い、1日3~4件の引越しをこなしているのも安さの秘密。荷物が多くて、ほかの依頼主とスペースをシェアできない場合でも料金は変わりません。  ちなみに、運ぶときには、他の依頼主の荷物と混ざらないよう、しっかり仕切りをしてくれます。プロの引越し業者が、荷物の運搬から新店舗への運び込みまで、丁寧におこなってくれるので安心です。   ③営業電話がこない ​​​​​  引越し料金の見積もり比較サイトは、電話番号やメールアドレスを登録しないと利用できません。登録したとたんに大量にかかってくる引越し業者からの電話には、うんざりしてしまいますよね。  Hi!MOVEでは、見積もりに個人情報の登録は不要です。氏名や電話番号などを登録するのは、見積もり金額に納得し、引越しを決めてから。そのため、引越し業者からのひっきりなしの営業電話に悩まされることがありません。 ④空きスペースシェアの『モノオク』と提携している monooQ HP:https://monooq.com/  空きスペースのシェアリングサービス『monooQ(モノオク)』と提携しています。モノオクは、使っていない部屋や物置などの空きスペースを個人どうしでシェアできるサービス。新しいお店に入り切らない備品や在庫がある場合には、近所で空きスペースを貸し出している家を検索して、預かってもらうことができます。 引越しまでの流れ  Hi!MOVEの利用から引越しまでの流れを見ていきましょう。すべてのやり取りはご自身のスマホから簡単におこなえます。   Step1:必要事項の入力 見積もりに必要な情報は、引越し予定日、お店の現住所と間取り、新住所だけ。個人情報の登録は必要ありません。 Step2:荷物の写真を撮って送信 荷造り前の店内の写真を数枚送るだけでOK。段ボールに詰めた状態でなくてもかまいません。 Step3:見積もり 引越し内容と荷物の写真から、すぐに見積もりが取れます。料金の相場も表示されるので、他社と比べてどれくらい安くなるのかがわかります。 Step4:申し込み 金額に納得したら「この費用で申し込む」をタップし、個人情報の入力に進みます。スタッフから折り返しの電話があり、荷物の情報などを確認します。 エレベーターの有無、新しい店舗の前にトラックが入れる幅の道があるかなどの確認もこのタイミングでおこなわれます。 必要であれば、荷造り用の段ボールがもらえるので希望する場合は伝えましょう。 また、当日の作業時間を指定する場合は料金が変わるので、このタイミングで相談しましょう。 Step5:入金 引っ越しの3日前までに料金を支払い、荷造りをしておきましょう。 Step6:引越し エアコンの取り外しや不要な家具の処分などは別料金となるので注意しましょう。  支払い方法は銀行振込とクレジットカードから選べますが、QRコード払いの導入も検討されているようです。支払いまでスマートフォンで完結できるようになれば、ますます便利になりますね。  さらに、引っ越しトラックの空き状況がわかる機能や、オークションサービスとの連携による不要家具の買い取りなど、新機能が追加される可能性も。対象エリアも随時拡大していくとのことです。「どんなサービスなのかもっと詳しく知りたい」という方はお気軽にこちらからご連絡ください。開店ポータルbizのコンシェルジュが詳しくご説明いたします。 「リーズナブルなのに丁寧な仕事」が選ばれる理由  新しい引越しシェアリングサービス『Hi!MOVE』の魅力を、感じていただけたでしょうか。  2019年9月~10月度のアンケートでは、同サービスを利用した依頼主のなんと97%が、「満足」「大変満足」と回答しています。  「安い引越しサービスって、危なくないの?」そんな不安を吹き飛ばす、丁寧な引越し作業も選ばれる理由のひとつ。お店の移転を考える飲食店オーナーにも、自信を持っておすすめできるサービスです。  開店ポータルBizでは、「店舗の引越し」に関するご相談を無料で承っています。また、姉妹サイト開店ポータルへの無料掲載にご興味のある方からのお問い合わせも大歓迎!詳しくは下記フォームからお気軽にご連絡ください。  
    開店ポータル編集部
    2019/11/26
  • 飲食店開業のために必要な手続き「営業許可」【保健所編】
     飲食店をオープンする際には、食品衛生責任者の資格をとり、営業許可申請書などの書類を提出するなどして、営業許可証を得る必要があります。営業許可がおりていないうちに営業を開始してしまうと「食品衛生法」違反に該当し、行政による処分を受けることに。そうなると、その後2年間は開業することができなくなります。  そんな事態をさけるために、本記事では、開業前に保健所でおこなう手続き営業許可の取得についてみていきましょう。 「営業許可」取得までの流れ  まずは、保健所でおこなう手続きの流れを確認しましょう。きちんと手順をふまなければ、予定しているオープン日に間に合わないなんてことも。  流れを確認し、計画的にすすめることが大切です。 1.図面やパースを持って保健所に行き、事前相談をする※施工工事着工前 ↓ 2.必要書類を提出し、営業許可申請をおこなう※店舗完成予定日10日前 ↓ 3.施設検査日の打ち合わせ※必ず開店希望日を伝えましょう ↓ 4.保健所職員による施設検査 ↓ 5.営業許可書の交付をうける ↓ 6.営業開始 申請前に【食品衛生責任者】資格を取得しよう  営業許可申請をするにあたり、必要となるのが食品衛生責任者資格の取得です。講習を受ければ誰でも取得できるものとなっています。  内容と時間に関しては以下の通りです。取得後は食品衛生責任者手帳や修了証などが交付されます。 取得方法 …最寄りの保健所や衛生局に問い合わせ、都道府県が行う講習を受ける 受講資格 …特になし 受講科目 …公衆衛生学、衛生法規、食品衛生学 講習時間 …6時間以上(1日で終了) 費用 …10,000円ほど。都道府県により異なる ★おすすめ記事:飲食店経営時にあるとよい資格★ 飲食店をはじめる際に持っておきたい資格とは? 「営業許可」申請に必要な書類・要件 ①営業許可の申請に必要な書類  営業許可の申請にあたり提出が必要な書類は、営業許可申請書、設備の大要や配置図、申請手数料、食品衛生責任者手帳(井戸水やタンク水などを使用する際は、水質検査成績書も必要)があります。申請手数料は、各自治体の保健所によって異なるので、あらかじめ確認をとりましょう。 ②要件  営業許可の申請後には、厨房内のシンクや手洗い場、客席やトイレ内の手洗い場、出入り口の風除室などが保健所の施設基準に満たしているかどうか、保健所職員によってチェックを受けることになります。  ここで大切となってくるのが、施工工事の着工前に、店舗内の設計図を持って事前相談・確認をすることです。そうすることで、すべての工事が終わってから保健所職員から指摘を受けてしまい、工事をやりなおさなければならない、なんて事態をふせぐことができます。 ■設備■ ①シンク  厨房に設置するシンクは、槽が2つある2槽式のシンクを用いることが望ましいとされています。1槽式のシンクを2つ用いるのもよいでしょう。食器洗浄機などの設備がある場合は、1槽でもよいとされる場合があるようです。また、シンクのサイズは1槽につき幅45㎝×奥行き36㎝×深さ18cmと決められています。 ②手洗い場  手洗い場は従業員用、利用客用で分け、手洗い用ハンドソープを入れられる容器をそれぞれ固定しておきましょう。寸法はシンク程明確に決められていませんが、東京都にある多くの保健所では、幅36cm×奥行き28cm以上が望ましいとの基準が設けられているようです。 ③その他  そのほか、掃除がしやすいように調理場の床や壁を防水仕様にする、お湯が出せるように給湯器を設置する、防虫防鼠のために窓に網戸を設置するなど、さまざまな要件があります。各自治体の保健所によって異なるので確認をとりましょう。 ■人■  営業許可申請をする人や会社が、食品衛生法違反で処分を受けていたり、営業許可取り消しから2年未満の場合などは、保健所からの許可がもらえません。社内にこれらの処分を受けた役員がいる場合、該当する人物を役員から外すなどの処置をおこなわなければならないことも。  また、以前に別のお店で食品衛生責任者として勤務していた場合は一度辞任をし、新たなお店の食品衛星責任者として登録をしなおす必要があります。以前のお店のままでは保健所からの許可が下りないので、注意しましょう。 ★「接待」をする店を開業するのであればこちらもチェック★ 飲食店開業手続き「風俗営業許可」について知っておくべきこと【警察署】 営業開始後は維持管理を忘れずに  審査に通過した後は、許可書が交付されますが、交付までには数日かかります。その日数もきちんと考慮して、オープン日を設定しましょう。あらかじめ打ち合わせでオープン日を伝えておくとスムーズに運ぶことができます。 ★あわせて読みたい記事はこちら★ 飲食店開業のために必要な手続き【消防署編】  無事、許可がおりたからといって、好き勝手に施設の変更をおこなっていいわけではありません。営業開始後は維持管理をしつつ、より安全で衛生面に配慮したお店づくりをこころがけていきましょう。  開店ポータルBizでは、インフラ周りのコスト削減のほか、地域やお店にあった集客方法・HPやSNS運用についてのご相談を無料で承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください!
    開店ポータル編集部
    2019/11/25
  • 飲食店開業手続き「風俗営業許可」について知っておくべきこと【警察署】
     飲食店開業時にはさまざまな手続きが必要です。そのなかには、警察署への届出が必要なものがあります。午前0時以降もお酒の提供をする飲食店に必要な「深夜における酒類提供飲食店営業開始届出」。そして、「風俗営業許可」です。  もしもお客さまへの「接待」をおこなう場合には、警察に風俗営業許可の申請をする必要があります。  本記事では「風俗営業許可」の申請方法や守るべきルール、風俗営業と深夜営業についてみていきます。 ★「深夜における酒類提供飲食店営業開始届出」についてはこちら★ 飲食店開業時の手続き「深夜における酒類提供飲食店営業開始届出」【警察署編】 「風俗営業許可」とは  いわゆる「接待」をおこなう飲食店の場合には飲食店営業許可と併せて風俗営業許可が必要になります。  風俗営業に該当する飲食店は、管轄の警察署に許可申請をしなくてはいけません。 ★おすすめ記事:保健所でおこなう開業時の手続き★ 飲食店開業のために必要な手続き「飲食店営業許可」【保健所編】 ■「風俗営業許可」の届出が必要な飲食店とは  風俗営業に該当する飲食店は、風営法で以下のように定められています。   風営法第2条第1項第1号 キヤバレー、待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業    スナックやパブ、キャバクラなど、「接待」をおこなう飲食店がそれにあたります。風俗営業に該当するか否かは、この接待がポイントになるので、きちんと把握しておきたいところです。  風営法上、「接待」とは歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと(風営法第2条第3項)と定められています。抽象的で分かりづらいため、具体例を挙げてみましょう。 <接待例>  ・特定のお客さまの席について継続して話をしたり、お酌をしたりする行為  ・特定のお客さまに歌や踊りを聞かせたり見せたりする行為  ・特定のお客さまに歌を歌うよう勧めたり、歌っているときに手拍子や楽器で盛り上げたりするような行為  ・お客さまと一緒にゲームや競技をする行為  ・お客さまと身体を密着させたりする行為 など    これらの接待をおこなう場合には、必ず風俗営業許可が必要になります。  また、深夜における酒類提供飲食店営業開始届出を提出しているお店では、接待をおこなうことは禁じられています。  一方で、バーのようにカウンター越しでお酒の提供をし、世間話をする程度では接待には該当しません。  また、ホテルのディナーショーのように、不特定多数のお客さまに対して歌やダンスを披露したり、歌を勧めたり手拍子で盛り上げるなどの行為も接待ではないので、風俗営業許可を取る必要はありません。 「風俗営業許可」取得の要件 ①店舗を構える場所の制限   風俗営業が許可される地域というのは非常に限られており、物件を探すさいにも必ず確認が必要であることを頭に入れておきましょう。土地の利用方法が定められている、12種類の用途地域の中でも、下記地域のみが営業可能地域になります。   <風俗営業可能地域>  ・近隣商業地域  ・商業地域 (・準工業地域・工業地域・工業専用地域)  また、用途地域による要件を満たしていても、お店から半径100m以内に「保護対象施設」がある場合は、風俗営業の許可はおりません。要件の詳細は各都道府県の条例により異なるので、必ず物件を決める前に不動産屋へ確認しましょう。 <保護対象施設>  ・学校  ・図書館  ・児童福祉施設  ・病院  ・診療所(入院のための病床がある場合に限る)など   ②設備に関する基準   風俗営業をおこなうにあたっては、店舗の内部構造・設備に関しても細かいルールがあります。風営法において“風俗営業”は1~5号に分類されており、それぞれで基準も変わってくるので、事前に警察署に確認するなどして、間違いのないようにしましょう。 ■1号営業:社交飲食店・料理店  (キャバレー等、スナック、パブ、キャバクラ、ラウンジ等で客の接待をして客に「遊興又は飲食」させる営業)  ・客室の床面積:和室9.5平方メートル以上(1室)/その他16.5平方メートル以上(1室)※客室が1室のみである場合は制限なし。  ・外部から客室が見えないこと。  ・客室に見通しを妨げる設備を置かないこと。  ・善良の風俗を害する恐れのある写真やポスター、装飾を設けないこと。  ・客室の出入り口に施錠設備を設けないこと。  ・照明の照度が5ルクス以下とならないようにするための構造または設備を有すること。  ・騒音や振動の数値が、条例で定める基準値以下とならないようにするための構造または設備を有すること。  ・ダンス場がないこと。   ③人物に関する要件  風俗営業許可を得るためには、風営法に定められている人物に関する要件もクリアしなければいけません。非常に細かく、多くの要件が定められています。ここは根気強くしっかりと把握し、自分に当てはまるものがないかどうか確認していきましょう。 <欠格事由>  ・成年被後見人、もしくは被保佐人又は破産者で複権を得ない者  ・1年以上の懲役、もしくは禁錮の刑に処せられ、5年を経過しない者  ・集団的に、又は常習的に暴力的不法行為等を行う恐れのある者  ・アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者  ・風俗営業の許可を取り消されて5年を経過しない者  ・許可の取消処分を受けてから5年を経過していない者 必要書類  申請には、非常に多くの書類が必要になります。警察署によっては所定以外の書類を求められることもあるので、やはり事前の確認や準備が大切になってきます。   <必要書類>  ・許可申請書  ・営業の方法を記載した書類  ・営業所の使用について権原を有することを疎明する書類  (使用承諾書・賃貸契約書・建物に係る登記事項証明書等)  ・営業所の平面図及び営業所の周囲の略図  ・住民票(本籍記載のもの。外国人の場合は国籍記載のもの)の写し  ・人的欠格事由に該当しない旨の誓約書  ・成年被後見人又は被保佐人に該当しない旨の登記事項証明書(法務局発行)  ・市区町村の発行する身分証明書  ・法人の場合は、定款・法人登記事項証明書及び役員の前記5から8までの書面  ・選任する管理者に係る前記5から8までの書面、誠実に業務を行うことを誓約する書面  ・管理者の写真2枚(申請前6ヶ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の縦3.0センチメートル、横2.4センチメートルで裏面に氏名及び撮影年月日を記入したもの) 警察庁HP:www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetsuzuki/fuzoku/kyoka_shinsei.html 風俗店は深夜営業できるのか?  風俗営業許可を得ているキャバクラで、「深夜における酒類提供飲食店営業開始届出」を提出すれば、午前0時以降も営業できるのでしょうか。  答えはNOです。基本は、風俗営業は深夜の営業を禁止としています。(風営法第13条)  ここでいう深夜とは「午前0時~6時」を指します(都道府県の条例により特別に定める場合はこれに限りません)。風俗営業許可と深夜営業の届出の両方を一緒におこなうことはできないので注意してください。  どちらの許可を取るか開業するお店の業態、立地などからよく考えて決めるようにしましょう。 ★おすすめ記事:「深夜における酒類提供飲食店営業開始届出」についてはこちら★ 飲食店開業時の手続き「深夜における酒類提供飲食店営業開始届出」【警察署編】 計画的な開店準備を  風俗営業許可の取得は、各種要件の確認、書類の準備、そして申請…それで終わりではありません。そこから警察による審査がはじまります。その審査期間も含めて、許可取得までには約2ヶ月かかります。  そうなると準備期間も含めて、余裕をもって開店前3ヶ月ほどはみておきたいところ。店舗が完成しても、許可が下りずに営業ができない…なんてことにならないようにしましょう。  スタッフもお客さまも安心して楽しめる店舗づくりには、ルールに則った営業が不可欠です。気持ちよくお店をスタートさせるために、事前の準備から計画的に進めましょう。 ★おすすめ記事:あわせて読みたい消防署での手続きはこちら★ 飲食店開業のために必要な手続き【消防署編】  開店ポータルBizでは、インフラ周りのコスト削減のほか、地域やお店にあった集客方法・HPやSNS運用についてのご相談を無料で承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください!
    開店ポータル編集部
    2019/11/25
  • 飲食店の節水方法4選!「水道代が高い」なら水道料金削減額シュミレーションを受けよう【無料】
     飲食店を経営するうえで、水道光熱費や通信費などのコストはできるだけ削減しておきたいものです。なかでも、水道料金は必ず毎月請求がくるもの。調理や皿洗い、流水、手洗い、掃除など、毎日使用する水道使用量には思わず目をつむりたくなるオーナーも多いのではないでしょうか。  本記事では、水道料金の削減に焦点をあて、飲食店におすすめの節水方法や節水商材をご紹介します。 高い割合を占める水道光熱費  一般的に飲食店の水道光熱費は売上の10%と言われています。中でも水道料金は、水をたくさん使う業種のため、大きな割合を占めています。   いくら節水を心がけても、料理、食材の洗浄、調理器具の洗浄、食器の洗浄に日々の清掃など、節約したくても節約できない必要経費ですよね。しかし、水道料金は簡単に削減できるもの。特に洗浄に使用する水は、工夫次第で大幅に削減できます。 節水の基本  節水の方法にはさまざまありますが、今すぐにはじめられる効果的な節水方法は以下の4つです。 1.「浸け置き洗い」の徹底 2.水道料金の「見える化」 3.「下水道料金の減免」を受ける 4.節水商材「バブル90」の導入  ひとつずつ見ていきましょう。 1.「浸け置き洗い」の徹底  皿洗いをするさいに、浸け置き洗いをすることは節水対策の基本中の基本です。今日からはじめましょう。  方法は簡単。洗い桶やシンク一杯に40度以上のお湯をため、そこに洗剤と食器を入れて汚れをふやかします。そうすることで、食器一つに使用する水の使用量をぐっと抑えることができます。汚れは乾燥したまま放置しておくと落ちにくくなってしまうので、速やかに浸けることが付け置き洗いのポイントです。 2.水道料金の「見える化」  水道料金を節約するためには、毎月どのくらい使っているのかを把握すること、そしてどうすれば水道料金を下げられるのかを考えることが大切です。  まずは店主が毎月の水道料金をきちんと把握して、スタッフに共有し、節水に対する意識を高めていきましょう。  「水を出す時間を1秒でも短くする」といった小さなことからでも構いません。大切なのは店全体が一丸となり、目標を立てて取り組む姿勢。小さなことでもどんどん実践していきましょう。 3.「下水道料金の減免」を受ける  水道料金を削減したい場合、下水道料金の減免を受けるのも一つの方法です。細かな基準が設定されていますが、飲食店の業種によっては料金が減免されることもあります。  東京都の場合、水道料金の減額対象業種に指定されているのは主にパン製造小売業、日本そば店、中華そば店、民生食堂・大衆食堂、大衆すし店などが挙げられます。減免内容は1月当たり51m³から200m³までの水量1m³につき5円を乗じて得た額に100分の108を乗じて得た料金とのこと。ご利用の水道局を調べ、対象となっている場合は申請をしましょう。 4.節水商材「バブル90」の導入  バブル90は、特殊構造により、マシンガンのように連続で水を飛ばす脈動流を生み出す節水コマです。この構造により、約80%~90%の節水率を実現しながらも、洗浄力は通常蛇口と全く変わりません。  お手入れも簡単で、設置したリングを1秒間引っ張ることで、内部のサビや汚れを洗い流すフラッシュ機能がはたらきます。そのため、取り外してのメンテナンスも必要ありません。このほか、リングを回すことで水圧を調整することもできます。  数ある節水コマのなかでも、バブル90はテレビ番組や新聞などでも取り上げられているほど、話題の節水商材。その費用対効果も大きく、「導入してから半年で初期費用を回収し、残りの削減額は全て利益に回せている」といった口コミも多いです。 最も効果的なのは「バブル90」の導入  既出のように、節水の方法にはいくつかの方法があります。ですが、「手っ取り早く劇的に削減したい」といった場合には、バブル90の導入の右にでる方法はありません。バブル90について、もう少し詳しく見ていきましょう。  バブル90は、株式会社ディージー・タカノが製造する節水コマ。2018年12月時点で、全国約24,000店舗もの飲食店に導入されています。導入店舗は飲食店のみならず、スーパー(約1,200店舗)、病院・福祉施設(約320施設)、工場(約90施設)、世界的に有名な一流ホテルなどでも活躍しています。     さらに、バブル90は世界ではじめて「無電力での脈動流を可能にした特許技術の節水コマ」です。脈動流とは、企業秘密の特殊技術で、空気を含んだ細かい水の粒をマシンガンのように放出します。高い水圧で水を放出することによって、普通の蛇口から出る水の1/10の水量で、100%の水量よりも高い洗浄力を可能にしています。  水量を変えたいときは、リングを回すだけで簡単に調節できます。たくさんの水が必要なときでも取り外す必要はありません。 導入に必要な設備  バブル90の導入には、簡単な工事が必要な場合があります。蛇口に泡沫金具がついているのであれば、工事の必要はありません。  また、先端が膨らんだ丸形蛇口の場合には、専用の蛇口に付け替える必要がありますが、大掛かりな工事や設備導入はありません。 導入費用  導入のための費用は決して安いものではありませんが、毎月30%ほど水道料金が削減できるおかげで、3か月~半年ほどで投資は十分回収できます。 買い切りで利用すれば維持費がかからず、経営を悩ませる心配もありません。  また、導入を検討している方にうれしい「テスト設置」も実施中。気になる方はお気軽にご連絡ください。 利用者の声  実際に使用している日本料理店『車力(しゃりき)』の事例です。 ★姉妹サイト:開店ポータル取材記事『車力』★ 【東京・神田】心を込めたおもてなしと本物の食材。老舗料理店『車力』が60余年愛される理由 「バブル90」の導入について  店主・飯島様「もともと他社の節水コマを使用していましたが、バブル90はそれよりも節水力が60%も高かったので、導入しました。契約から導入まで2週間もかかりませんでした。」 導入後の効果について  飯島様「導入後すぐに効果があらわれました。月1万円以上、水道料金が安くなりました。少ない水量で洗浄しているにもかかわらず洗浄力がとても高く、こびりついた汚れもしっかり落としてくれます。目詰まり防止機能があるのでメンテナンスの必要がないのもうれしいですね。今後もずっと使用していきたいです。」 「水道料金削減額シュミレーション」無料実施中!  節水はめんどうな取り組みをしなければならないように思われがちですが、そんなことはありません。まずは、浸け置き洗いや水道料金の見える化など、いますぐにはじめられることからチャレンジしてみましょう。 ★あわせて読みたい記事はこちら★ >>個人飲食店の「節税対策」といきすぎた節税が招くリスク >>食品ロス削減推進法とはなにか?大手外食各社の取り組みから個人飲食店が学ぶべきこと  開店ポータルBizでは、バブル90を取り付けたさいの「水道料金削減額シュミレーション」を無料で承っております。バブル90についてもっと詳しく知りたい方、導入をご検討中の方は、お気軽に下記のフォームよりご連絡ください。
    開店ポータル編集部
    2019/11/24
  • 現金主義のサイゼリヤが一部店舗でキャッシュレス決済を導入!その理由についてリサーチしてみた
     国内に1,085店舗、海外に384店舗をチェーン展開する、イタリア料理店『サイゼリヤ』(2019年8月時点)。本格的なイタリア料理にもかかわらずメニューのほとんどが500円以内と安いことから、老若男女を問わず幅広い世代の人々に人気です。  そんな同社について、多くのユーザーがある疑問を抱えています。それは、近年のキャッシュレス化の波のなか、あくまで「現金払い」にこだわっていること。  飲食店の多くが、利便性の向上やインバウンド集客を意識して、キャッシュレス決済を導入している近年。サイゼリヤが現金主義の方針をつらぬく理由と、最近の動きについて調べてみました。 「現金払いのみ」にこだわってきたサイゼリヤ サイゼリヤ HP:https://www.saizeriya.co.jp/  キャッシュレス決済には、「現金を持ち歩かずに済む」「支払いが簡単」といったメリットが多く、飲食店や小売店、各種施設などさまざまな場所で導入が進んでいます。  近年では「PayPay」「楽天ペイ」などのQRコード決済も数多くリリースされ、各社のキャンペーン、政府によるポイント還元政策などがおこなわれています。 ★ポイント還元政策について詳しく知りたい方はこちら★ 飲食店のQRコード決済導入メリット、キャッシュレス・消費者還元事業とは  しかしサイゼリヤでは、一部店舗(ショッピングモールなど、「キャッシュレス決済OK」が出店条件であるテナントのお店)を除き、基本的に現金払いのみ。  クレジットカードやデビットカード、EdyやSUICAなどの電子マネー、ギフトカードなどの金券類、QRコード決済はすべて利用できないのです。 サイゼリヤがキャッシュレス決済を導入しない理由  サイゼリヤほどの大手チェーンがキャッシュレス決済を導入しないのは、なぜなのでしょうか。サイゼリヤの経営理念から、その理由を考えてみました。 目指すのは、「安さ」と「おいしさ」の両立  サイゼリヤの企業理念として、「リーズナブルな価格とおいしさという矛盾する難題に取り組む」といったものがあります。これは「日本の食をゆたかにしたい」という創業者の想いからくるものです。  同社は、自社で畑を持ち、トマトやレタス、お米などを開発・栽培しています。さらに、「ビーフ大国&ミルク大国」のオーストラリアに自社工場をかまえ、ホワイトソースやハンバーグを低コストで製造。グラスワイン100円という驚きの価格は、本場イタリアにぶどう畑をつくり、サイゼリヤ専用のタンクで製造することで実現しています。  素材にこだわりつつ、商品の開発、生産・加工、配送までを自社でおこなうことで、余分なコストをとことんカット。これにより、「安さ」と「おいしさ」を両立しているのです。 手数料による損失分を、価格に上乗せしたくない  クレジットカードで決済をすると、決済総額の3~5%の手数料が発生します。たとえば、サイゼリヤの定番メニュー「ミラノ風ドリア(299円)」が売れたとします。手数料が5%とすると、お店はカード会社に299×0.05=15円を支払わなければなりません。  手数料がたったの15円でも、ミラノ風ドリアは一日に数えきれないほどオーダーの入る人気メニューです。それが全国1,000以上の店舗で、何か月、何年間と続けば、膨大な損失になるのは目に見えています。  つまり利益を維持するためには、この15円を商品価格に上乗せするしかないのです。 ★おすすめ記事;「キャッシュレス」がよくわからない方はこちら★ キャッシュレス化の問題点と推進される理由  少しでも安い価格で、ひとりでも多くのお客さまにおいしい食事を提供したいと考えるサイゼリヤにとって、「増やさなくてよいコストを増やすこと」にも、「価格を上げること」にもメリットはありません。これが、現金主義の姿勢をつらぬいてきた理由だと考えられます。 いずれはキャッシュレス化する予定だった?  しかし最近になって、「サイゼリヤの一部店舗(ショッピングセンター内など以外の店舗)で、キャッシュレス決済がOKになった」というSNSでの報告が話題になりました。  サイゼリヤが、キャッシュレス化の道へ歩みだした理由は何なのでしょうか?  サイゼリヤ社長の堀埜(ほりの)氏は、『日経ビジネス』のインタビューに対し、「最終的には乗るんですよ。キャッシュレスはやるんです。」と話しています。キャッシュレス決済の導入を見送っていたのは、「決済端末の開発速度を見ていたから」なのだとか。  サイゼリヤは、全国に1,000店舗以上ある大型レストランチェーン。そこにキャッシュレス決済用の端末を導入するとなると、億単位のコストがかかります。そのうえ、キャッシュレス決済は日々進化し続け、開発が進んでいる分野。変化に弱い端末を購入してしまうと、新しい決済方法が入ってきたときに対応できなくなる可能性もあります。キャッシュレス決済の導入自体を先送りにすることで、そのリスクを抑えていたというわけですね。  決済手数料についても、堀埜社長は、「キャッシュレス決済をはじめたことでお客さまが増えたら、収入も増える。本格的にキャッシュレス決済を導入するのであれば、そのときだ。」と話しています。手数料が3%かかるなら、売上が5%増えればそれでいい。そのタイミングがいつになるかだ、と考えているようです。 現金主義も悪くはないけれど…。  サイゼリヤは、キャッシュレス決済の導入による効果をはかるため、一部の店舗での実証実験をおこなっている最中。そのため、すぐに全国の店舗でキャッシュレス決済ができるようになるわけではありません。  しかし、キャッシュレス化に向けて動き出していることは確実で、2020年のオリンピックの時期を見据えて、首都圏を中心とした展開を考えているそうです。  サイゼリヤのように、「現金払いのみ」の姿勢をつらぬく飲食店も少なくはありません。しかし、忙しい時間帯のレジの混雑や会計ミス、レジ締め業務にかかる手間や盗難被害のおそれを考えると、キャッシュレス決済の導入がもたらすメリットは小さいものではありません。  レジ業務を効率化し、もっとも力を入れるべき業務に身を入れられるようになれば、より質の高いサービスを提供できるようになるでしょう。 ★おすすめ記事;QRコード決済サービスについて★ 飲食店キャッシュレス対策「QRコード決済サービス14社」を比較してみた 「キャッシュレス決済選び」に悩んだら開店ポータルBizに無料相談!  キャッシュレス決済をはじめるには、レジに専用機器をそろえる必要があるため、「初期費用がかかるから」と導入に踏み切れないお店も多いでしょう。しかし、続々とリリースされているQRコード決済であれば、導入のハードルはぐっと下がります。なかには、アプリを決済用スマートフォンやタブレットにダウンロードし、QRコードをレジに置くだけで完結するものも。高額な端末を購入せずに、手軽にはじめられる決済サービスが増えています。  現金主義だったサイゼリヤが動き出したこともあり、ますます進んでいくとみられる飲食店のキャッシュレス化。あなたのお店では、もうはじめていますか?  「LINE Pay」のように、期間(2021年7月)限定で決済手数料を無料にしているサービスもあります。まだキャッシュレス化に踏み切っていないお店は、手数料の無料期間を利用して、実験的に導入してみるのもいいかもしれません。  開店ポータルBizでは、あなたのお店にあったキャッシュレス決済サービス選びのほか、インフラ周りのコスト削減、集客のご相談を無料で承っています。下記のフォームから、お気軽にご連絡ください。
    開店ポータル編集部
    2019/11/24