集客方法・HP制作

スタンプカードがアプリになった!Stamps(スタンプス)ってどんなサービス?

開店ポータル編集部
2018/05/01
 飲食店を経営する多くの人が抱える悩み、集客。“新規顧客を増やしたい”、“常連客に通い続けてもらいたい”などさまざまです。有料グルメサイトへの掲載やインターネット広告、DMなど宣伝方法は多くありますが、長期的に続けるとなるとどうしても費用負担は大きくなってしまいます。費用をできるだけ抑えて集客が出来るようになったら嬉しいですよね。そこでおすすめなのが“Stamps(スタンプス)”というアプリです。導入店舗が増えている、今注目のサービスです。

集客に有効な“Stamps”とは?

 “Stamps”とは、2013年11月22日に、22 Inc.(ニーニーインク:22株式会社)によりリリースされたスマートフォン用のスタンプカードアプリです。今まで紙だったスタンプカードをスマートフォンで管理できるようになったことで、カードの制作費や、時間手間などさまざまなコストを抑えての集客が可能となりました。
 専用のQRコードを読み込んでもらうだけでスタンプが押される仕組みとなっており、使い方はとてもシンプルです。このほか、アプリ上でクーポンを発行することも可能です。
 金額に応じたスタンプの付与や、集めたスタンプをポイントとして利用できる機能も備わっています。また、スタンプを貯めると一つの絵になるシステムや、ランクアップ制度など、思わずお客様がスタンプを貯めたくなるような工夫もされています。

プラスアルファの機能で効率的な集客を実現!

 Stampsには、スタンプカードとして利用する以外にも、さまざまな機能が組み込まれています。一体どのような機能があるのか見てみましょう。


①プッシュ通知機能

 

 最新情報やお得なクーポンをプッシュ通知でお客様に知らせることができます。ターゲットを絞って通知することが可能なので、誕生月のお客様にバースデークーポンを発行したり、年代性別にあわせて情報を配信することができます。お客様にとってニーズのある情報であれば、メッセージの開封率も上がるでしょう。ただし、過度な通知は嫌がられてしまう原因となるので配信頻度には注意が必要です。

 

②プロモーションとして


 

 来店時にStampsを利用してくれたお客様に、FacebookTwitterにて店舗情報をシェアしてもらうことで、プロモーションに繋げることができます。
 しかし、ただシェアのお願いをするだけでは実行してもらうことはできません。この場合、シェアをしてもらう代わりに、スタンプをプレゼントするなどの工夫をおこないましょう。また、店舗を紹介してくれた場合は、紹介者と被紹介者の双方にクーポンを発行することもできます。




③会員管理・データ分析機能



 現在までに、どのようなお客様が店舗を利用してくれたのか、会員情報をデータとして管理し出力することができます。性別年代プッシュ通知の開封履歴クーポンの利用回数シェア回数など、アプリをどれだけ活用しているのかがわかります。
 また、Stamps利用者の一日の来店数や混雑した時間帯の店舗データを分析することで、プッシュ通知でのお知らせクーポン配信の効果を確認できます。



④アンケート機能



 お客様からの意見を集められるように、アンケート機能も備えられています。登録しているお客様のなかから対象者を絞、プッシュ通知配信をすることで、ピンポイントの層から情報を収集できます。
 シェアのケースと同様に、回答してくれたお客様にはスタンプやクーポンをプレゼントすることで、回答率を高めることが可能です。従来のアンケートのように、“お客様に記入いただいた用紙を収集し、一枚一枚を確認しながらデータ化する”という手間が発生しないのは、飲食店にとって大きなメリットといえます。

選べる2つのプラン

 Stampsには“スタンダードプラン”と“デラックスプラン”の2つのプランがあります。

スタンダードプラン

 Stampsのほとんどの機能が備わっている、通常プランです。初めて導入する方や、試しに取り入れて効果を確かめたい方におすすめです。
 このスタンダードプランでは、”スタンプ絵合わせ”や”アンケート”、”会員管理”、”取得プロフィールカスタマイズ”のサービスは利用できません。申し込み時に、よく確認しておきましょう。

デラックスプラン

 スタンダードプランでは利用できなかった”スタンプ絵合わせ”や”アンケート”、”会員管理”、”取得プロフィールカスタマイズ”などの全ての機能が利用可能となるプランです。店舗と会員両方のデータを利用して、本格的なマーケティングをおこないたい方におすすめです。

効果的な活用法

 いくら機能が優れていても、お客様にStampsを使ってもらわなければ意味がありません。まずは、お客様が利用したくなるような工夫をすることが大切です。
 たとえば、

・ドリンクサービスや会計〇%オフとなるクーポンを発行する
・新規来店、複数来店など回数ごとによる特典の付与をおこなう
・優先予約ができる時間帯を設ける
・新メニューを先行で食べることができる  
など、
“Stampsを使っていて良かった”、“Stamps使うと得をする”と思ってもらえるような、利用者限定のサービスを提供しましょう。お客様の反応を見ながら、効果のあるキャンペーンを見つけてみてください。

Stampsで一歩先の集客を

 今後、さらなる普及が予想されるStamps。スタンプカードのアプリ化や、お店の情報配信は効果的な集客に繋がる手段といえるでしょう。お客様のリピート率を高めるだけではなく、お客様データの分析を手間いらずで行えるなんて、導入しない手はありませんよね。スマートフォンを利用した“次世代スタンプカードStanmps”を早い段階から導入し、一歩先の集客をおこなってみてはいかがでしょうか。
 

開店ポータルBizへ無料相談する

開店・開業に関するお悩みなどお気軽に相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2018/05/01