コスト削減

飲食店経営 人手不足、売上減少の悩みを解決「テーブルトップオーダーシステム」とは

開店ポータル編集部
2019/07/31
 近年、飲食業界では人手不足問題が深刻化しています。多くの店舗で、人材確保のために賃金を上げざるを得ないのが現状のようです。これは、あらゆる経費を削減するために頭を悩ませている飲食店のオーナーにとっては死活問題ですよね。

 この問題の解決に有効なのが、テーブルトップオーダーシステムの導入です。テーブルトップオーダーシステムの名前を聞いたことがなくても、見たことがある方は多いはず。いま、飲食業界で注目度が高く普及率も高いシステムです。

テーブルトップオーダーシステムとは

 別名「セルフオーダーシステム」とも呼ばれる、「テーブルトップオーダーシステム」。その名の通り、お客さまが自身でテーブルから直接注文が出来るシステムです。

 タブレットなどのディスプレイにメニューが表示され、そこから注文したいものをお客さまが選ぶことで、キッチンにオーダーが通るというもの。実際に見た、または触ったことがある方も多いでしょう。

 テーブルトップオーダーシステムは、注文時だけでなくお客さまが会計を希望するさいにも活躍します。
 ディスプレイ上に表示されている「会計」をタッチするだけで合計金額が表示され、それと同時にレジスタッフへその情報が送られます。これにより、スムーズに支払いを済ませることができるのです。

 テーブルトップオーダーシステムの導入で、スタッフの業務効率アップはもちろん、お客さまの時間も大切にすることができます。
 「導入を検討したいけど、見たことがないから資料がほしい…」という方は、お気軽に開店ポータルBizにお問い合わせください。

テーブルトップオーダーシステムの導入メリット

①スタッフによるオーダーテイクが不要になり「人件費」を削減できる
②トラブルの減少が「お客さま満足度UP」につながる
③「メニューブック作成・修整コストを削減」できる
④食べ・飲み放題時の「時間管理」ができる
⑤外国語にも対応可能「インバウンド対策」ができる
 一つずつみていきましょう。

①スタッフによるオーダーテイクが不要になり「人件費」を削減できる

 テーブルトップオーダーシステムを導入することで、まずメリットとして挙げられるのは、ホールスタッフの人数を最小限にできることです。つまり人件費の削減につながります。

 各テーブルに設置した端末でお客さまが直接注文出来るため、ホールスタッフが客席フロアを歩き回り、オーダーを受け、内容をキッチンに伝達するという一連の動を省略することができます。

 人手不足のお店では、スタッフ一人に対する業務比重は増す傾向にあります。せっかく育てたスタッフが店を辞めてしまっては、人手不足に拍車がかかるばかりです。テーブルトップオーダーシステムを導入して業務量を減らすことは、人材の定着にもつながります。
 

②トラブルの減少がお客さま満足度UPにつながる

 お客さま自身で入力出来るため、オーダーミスが少なくなり「注文したいのにスタッフが来ない!」というクレームが格段に減ります。

 また、スタッフを呼んでからオーダーして、キッチンに伝達するという時間をカット出来るので、料理の提供スピードもはやくなり、お客さま満足度アップも期待できます。

 お帰りのさいも情報がそのままレジへ送られるので、会計時のミスが減少。待ち時間なく笑顔でお帰りいただくことができます。
「テーブルトップオーダーシステムを検討したい」
>>開店ポータルBizに無料相談する<<
 

③「メニューブック作成・修整」コストを削減できる


 削減出来るのは人件費だけではありません。メニューブックの作成費用もカットできます。

 端末に載せるための写真撮影をおこなうだけで、日替わりメニューの差し替えや時間帯別のメニュー、新メニューの追加など、手軽にメニューブックの編集をおこなえます。

 食材の品切れによって抵抗できなくなったメニューの更新も出来るので、お客さまにリアルタイムの情報を提供することが可能です。
 

④食べ飲み放題時の「時間管理」ができる


 食べ放題や飲み放題を提供する飲食店では時間制限があるため、席ごとの一覧表を作ってメモをとるなど、タイマーで時間を管理する必要があります。

 テーブルトップオーダーシステムでは、パソコンやタブレットなどで簡単に時間管理が可能です。時間が来たらオーダーを受けないよう、あらかじめ設定することができます。
「テーブルトップオーダーシステムの資料が欲しい!」
>>開店ポータルBizに無料相談する<<


⑤外国語に対応「インバウンド対策」ができる


 日本を訪れる外国人観光客は、年々増加傾向にあります。海外からのお客さまに料理を楽しんでもらえることは大変うれしいことですが、その反面で、多くの経営者が悩まされるのが言葉の壁。

 多言語表示対応しているテーブルトップオーダーシステムがあれば、海外からのお客さまであっても迷わず注文をすることができます。新たな人件費をかけることなく、「インバウンド対策」が出来るのは大きなメリットですよね。

★おすすめ記事★
飲食店経営の会計処理で押さえる勘定科目・仕訳方法について調べた


導入に悩んだら、開店ポータルBizに無料相談しよう

 テーブルトップオーダーシステムの導入は、スタッフの業務効率をあげるだけではなく簡略化させることにもつながります。また、スタッフを呼ばずに手元ですぐにオーダーが出来るため注文数も伸び、売上にも大きな影響を与えてくれます。

 まさに、人手不足の救世主ともいえるシステムです。テーブルトップオーダーシステムを導入して、人件費の削減、そして売上アップを目指しましょう。

★こちらの記事もおすすめ★
UberEatsへの出店で赤字脱却!売上・集客力向上の仕組みと注意点【ご相談無料】


 開店ポータルBizでは、あなたのお店に合った「業務効率化」の方法をご提案させていただきます。相談に費用はかかりませんので、お気軽に下記のフォームからご連絡ください!

開店ポータルBizへ無料相談する

お困りごとはありませんか?お気軽にご相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2019/07/31