経営支援

飲食店の悩みを解決!売上アップを叶える3つの方法

開店ポータル編集部
2019/05/07
 競争の激しい飲食業界。毎年多くのお店がオープンし、その中には、連日行列の絶えない繁盛店もたくさんあります。しかし、その一方では、客数が少なく売上が悪い日が続いてしまうケースや、反対にお客様は増えているのにもかかわらず、売上が思うように上がらないといったケースに悩む経営者も多いようです。
 そこで、本記事では、売上アップを叶えるための3つの方法をご説明していきます。ぜひ参考にして、店舗経営に役立ててみてください。

売上アップを叶える3つの方法

 売上を向上させるためには、支出を抑えて収入を増やす必要があります。では、どのようにすれば無駄な支出を抑えられて、収入を増やせるようになるのでしょうか。

 ポイントは、業務の効率化コスト削減集客アップの3つです。これらに注力することで、今まで見えていなかったロスを減らし、安定した客数を見込めるようになります。


①業務の効率化

 回転率の良しあしに直結する業務効率。業務をスムーズにこなせれば時間のロスが減り、より多くのお客様を案内することができます。業務効率化を図るのに効果的な具体策は、2つあります。

1.業務のマニュアル化

 
 どのお店にも、独自のオペレーションや業務フローがあるはずです。それら一つひとつを、マニュアル化しておきましょう。
 マニュアルは、ベテランのノウハウを新人に落とし込める優れたツールとなります。冊子のようにして、従業員の誰もが見られる場所に置いておけば、わからないことがあったときでもすぐに確認できます。それにより、スタッフ教育にかける時間を減らすことが可能です。
 

2.業務効率を改善するサービスの導入


 業務を円滑にすすめるため、業務効率アップに有効なサービスを導入するのもおすすめです。近年、コスト削減や集客アップに関するさまざまなITサービスが生み出され、飲食店向けのものも多くあります。

 飲食店にとって、とくに身近な具体例を挙げるとするならば、blaynレジ(POSレジ)ではないでしょうか。blaynレジは、ハンディ端末とあわせて使うことで、オーダーや会計、売上管理をスムーズにおこなうことができます。このほか、ブロックを倒すだけで用件が伝わるねがブロ(呼び出しシステム)や、複雑な予約管理が簡単に済ませられるebicaなどどれも飲食店の強い味方となってくれます。

 営業するなかでネックとなっている業務や悩みにあわせて、マニュアル化やITサービスの導入を検討してみてください。


②コスト削減

 飲食店を経営するうえで、できる限り抑えたい支出。支出は、主に、変動費固定費に分けることができます。そのうち変動費にあたるのが電気代ガス代水道代インターネット代食材費などです。これらは、使用状況によって金額が変わるため、この変動するコストをいかに抑えられるかが売上アップを叶える鍵になります。
 

コスト削減の例


■電気代
…LED電球の導入、電力会社の変更、ガス料金とのセット割プラン
■水道代
…節水コマの導入
■インターネット代
…回線の切り替え、携帯電話とのセット割プラン
■食材費
…仕入れサービスの利用

 毎月の使用状況と契約状況を確認して、お店にあったプランを選択することが大切です。お得な新サービも続々と登場しているため、定期的にチェックをしましょう。
 選択肢が多すぎてどれにしたら良いかわからないときには、繁盛支援コンサルタントに相談してみてください。お店にあったコスト削減方法を提案してもらえます。
 

③集客アップ

 集客アップを目指すには、新規顧客の獲得リピーターの定着が重要です。まずはお店の存在を知ってもらい、来店へと繋げます。そして、リピートしてもらうことで集客がアップしていくのです。

新規顧客獲得のためには?

 新規顧客を獲得するためには、できるだけ多くの人へ向けて宣伝をして、お店の存在を知ってもらう必要があります。その宣伝に欠かせないツールが、SNSホームページ。基本的には、無料で簡単に始められるので、費用負担がないのもうれしいポイントです。

 特にSNSは手軽にシェア(共有)してもらえるため、こまめな更新がおすすめです。空席状況や新メニューの紹介、キャンペーンのお知らせなどを発信していきましょう。
 そして、新規顧客の対象となるのは、日本人だけではありません。ここで目を向けたいのが、海外からのお客様です。最近は、訪日旅行者数が増加傾向にあります。多言語に対応した通訳サービスの導入やメニュー表の用意など、インバウンド対策にも力をいれましょう。
 

リピーター定着のためには?

 リピーターを定着させるには、接客サービスの質の良さや、料理のクオリティは言うまでもなく、また訪れたくなるような工夫をすることが大切です。
 たとえば、ポイントを貯めるとお得なサービスを受けられるポイントカードの導入や、再来客限定のメニューなど、お得感のあるサービスを用意するのもよいでしょう。


 集客に力を入れる際には、いま話題の人気店や、SNSで評判のお店の運営方法をヒントにしながら、そのお店ならではの工夫をしましょう。しかしながら、宣伝やサービスに力を入れすぎてしまい、日々の営業がおろそかになってしまっては意味がありません。あれもこれもと手を出しすぎずに、まずは、お店の営業に差し支えない程度のものから取り組んでみましょう。


自分のお店にあったものを見極めよう

  売上アップを叶えるための3つの方法をご説明しました。なかには、すぐに始められそうなものや、これから始めてみようと思えるものもあったのではないでしょうか。
 大切なのは、お店のコンセプトやスタイルにあわせて、適したものや必要なものを選択することです。

 
開店ポータル編集部
2019/05/07