コスト削減

業務効率がアップするオーダーエントリーシステム“ハンディ”とは?

開店ポータル編集部
2018/05/14
この記事の目次 [表示する]
 ランチタイムやディナータイム、休日など多くのお客様で賑わう飲食店。ピーク時にはオーダーひとつをとるにしても、できるだけ時間をかけずスムーズにおこないたいものですよね。
 現在、多くの飲食店では、オーダー業務を効率化させるためのオーダーエントリーシステムが取り入れられています。本記事では、飲食店を経営するうえで導入しておきたいシステムのひとつハンディについてご説明します。

“ハンディ”っていったいなに?


 ハンディとはハンディターミナルの略で、飲食店でオーダーをとる際に使用する機器をさします。目にしたことがある方も多いでしょう。実はこの機器、オーダーをとることだけが全てではありません。POSレジやプリンターなどを連動させることで、厨房やレジとの連携がスムーズになり、業務効率を上げることができる画期的なものなのです。
 

まずは導入環境を整えよう


 利用を考えている場合は、POSレジの設置やネットワーク環境を設けるなどして導入環境を整えましょう。POSレジとは、Point Of Salesの頭文字をとった販売情報を管理する機能を持ち合わせたレジをさします。
 “お客さまのオーダーをハンディから厨房のプリンターに出力する”という用途のみの場合は、ネットワーク環境が整っていれば問題ありませんが、POSレジを設置し、連動させることで、より多くの業務を効率化させることができます。

POSレジと組み合わせることで、データを管理することも!


 ハンディからPOSレジに送られたオーダー内容や売り上げは、データで管理・集計することができます。また、POSレジには、お店から離れた場所でも売り上げなどのデータをチェックできる機能が搭載されているので、多店舗経営を考えている方にはとくにおすすめです。連携させることで一つひとつのメニューをレジ打ちする手間をなくすことはもちろん、オーダーの多い組み合わせや時間帯などの細かい情報を分析することができます。

ハンディを取り入れるメリットは?

①簡単操作でオーダー時のミスを減少

・あらかじめハンディに登録されたメニューを押すだけで簡単にオーダーが受けられる。
・手書きの際に起きがちな書き間違いや読み間違いを防ぐことができる。

②厨房に自動で情報伝達

・オーダーデータをリアルタイムで厨房に送ることができるため、伝達ミスを防ぐことができる。
・ホールや客席から厨房に足をはこぶ手間を省くことができる。

③スムーズなレジ会計

・POSレジと連動させることにより、レジ打ちをする必要がなくなる。
・POSレジと連動させることにより、会計時の混雑を軽減する効果が期待できる。
 このほか、外国人など日本語の読み書きが得意ではないスタッフがいる場合などにもハンディは大活躍です。客席でオーダーを受けたあとは、すぐに他のオーダーや片付けなどの作業にあたれるので、業務効率をあげることができます。 また、POSレジとの連動により不正防止にも繋がるため、防犯面も安心です。

店舗だけではなくお客様のためにも


 ハンディを導入している店舗とそうでない店舗では、業務効率に大きな差が出てきます。業務効率が上がることは回転率を高めることにも直結し、結果的に売上アップやお客様満足度の向上にも繋がります。
 なんといっても、いままで営業終了後に多くの時間を割いていた売上集計などをすべて自動でおこなえるようになるのは、嬉しいポイントですよね。まだ未導入ならば、この機会にぜひ導入を検討してみてください。従業員が働きやすく、且つお客様が快適に過ごせるお店づくりをしていきましょう。

 

開店ポータルBizへ無料相談する

お困りごとはありませんか?お気軽にご相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
都道府県必須
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2018/05/14