経営支援

【経営初心者の心強い味方】フランチャイズに加盟することで受けられるサポートとは?

開店ポータル編集部
2018/05/23
 店舗経営をしたことがないオーナーがお店を一年続けられる割合は40%、10年続けられる割合はたったの6%という厳しい現実があります。“独立開業をしたいけれど、ノウハウが無くて不安だな…”そうお考えの方に是非知って欲しいのが、大手チェーン店のフランチャイズ加盟という方法です。フランチャイズに加盟すると、店舗経営を経験したことがない人でも、手厚いサポートのもとお店を経営することができます。では、フランチャイズに加盟することで受けられるサポートには、どのようなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。


フランチャイズに加盟することで得られるものとは?

 

1.店舗技術指導・経営技術指導などのノウハウが手に入る

 まずは何と言っても成功している企業のノウハウが手に入ることです。店舗経営のノウハウの基礎を研修で学ぶことができるため、経営者としての自覚を養うことができます。大元の経営会社をフランチャイザー、加盟店をフランチャイジーと呼びますが、フランチャイザーの“多くの人から愛されている味”をフランチャイジーはそのまま引き継ぐことができるので、調理経験の浅い料理人でもベテランの調理技術を手に入れることができます。
 

2.事業計画書作成サポートが受けられる

 事業計画書の作成は、店舗経営のない方には骨の折れる作業です。フランチャイズに加盟すると事業計画書の作成方法をレクチャーしてもらえます。難しい計算式や予測のつかない計画もフランチャイザーは独自のノウハウで導き出してくれます。事業計画書は銀行から融資を受ける際などにも必要な書類となるので、あらかじめ作成しておけば開店作業をスムーズに運ぶことができます。
 

3.物件に関するアドバイスをもらえる

 フランチャイザーは豊富なノウハウで、“人が集まる立地”(商圏)を見極めることができます。飲食店にとって立地選びは何よりも重要な要素です。お客様にも「この近くに○○店ができたら便利なのにな。」と思っている場所があります。リサーチして得た情報からアドバイスをもらえるので、最適な場所にお店を構えることができます。

4.研修プログラムで指導を受けられる

 フランチャイズ契約を結んだあとは、“研修プログラム”に参加することになります。研修では、お店についての基本知識や集客術、接客、店舗清掃などのほか、レジの使い方やクレーム対応なども学ぶことができます。
 フランチャイズ展開するフランチャイザーの指導のもと、飲食店を運営するためのさまざまなスキルが身に付けられるのは嬉しいですね。 
 

5.オープン後の支援体制が整っている

 フランチャイズに加盟して受けられるサポートは開店後も続きます。開店後は適宜相談に乗ってくれるので、万全の態勢で運営ができるよう、フォロー体制が整っています。また、常に売り上げをチェックし、足りない部分はどこか、もっと業績を上げるにはどうすれば良いかなど、お店を繁盛させるために継続的な支援をしてくれます。
 

6.メニューの研究・開発をおこなってくれる

 新メニューの研究・開発もフランチャイザーがおこなってくれます。加盟店によっては、その店舗にしかない自由なメニュー開発を認めてくれる場合もあるようです。食材の仕入れに関してもフランチャイザーがおこなってくれるため、個人店にくらべてコストをおさえることも可能です。

フランチャイズ加盟は、経営初心者の心強い味方


 これまでは、フランチャイズに加盟することで受けられるサポートについてみてきました。経営者にとって嬉しい条件だらけのように思われますが、もちろん、気を付けたいこともあります。それは、“フランチャイジーは、何でも自由にできるわけではない”という点です。ブランドイメージを損なっていないか、経営が上手くいっているか、スーパーバイザーや覆面調査員が派遣され、指導が入ることもあります。スーパーバイザーは定期的にやってきて視察していきますが、覆面調査員はどこで目を光らせているかわかりません。しかし、“常に見られている”という自覚を持つことで、引き締まった店舗経営を心がけることができるのも、フランチャイズならではのメリットといえるでしょう。
 「いずれ自分の店を繁盛させたい!」という夢があるのなら、独立開業の前にワンクッション、フランチャイズに加盟して経験を積むことを検討してみてはいかがでしょうか。

 
開店ポータル編集部
2018/05/23