IT・ネット環境

飲食店経営におすすめのインターネット回線・光シリーズ3選と選び方

開店ポータル編集部
2019/12/15
 飲食店でのインターネット回線の導入件数は年々増加傾向にあります。POSレジやIoT電話、お客さまが利用できるフリーWi-Fiが普及したことが、その背中をおしています。しかし、インターネット回線は種類も多く、いったい何を使えばいいのか分からないと頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 そこで今回は、インインターネット回線の種類や飲食店におすすめのもの、その選び方などについてご説明します。

飲食店にもインターネット回線は必要?


 インターネット回線を導入することは、お店にとってもお客さまにとっても大きなメリットとなります。

 インターネット環境を整えてPOSレジを導入すれば、レジ業務やデータ管理が簡単におこなえて業務効率向上が期待できますし、フリーWi-Fiとしてお客さまに開放すれば、集客効果も得られます。インバウンド対策にもなり、外国人観光客の来店率アップも目指せるでしょう。

 さらには、滞在時間が長くなることで注文数の増加や、待ち時間が快適に過ごせることでお客さま満足度の向上にも繋がります。
「お店にあった回線を知りたい!」
>>開店ポータルBizに無料相談する<<

【飲食店向け】主なインターネット回線は4種類ある 


 インターネット回線とは、名前のとおり「インターネットを使用するのに必要な回線」です。大きく分けると、有線で利用する固定回線と無線で利用するモバイル回線の2つになります。
 ここでは、光回線ADSLCATVモバイル回線の4つについて簡単にご説明します。

【有線】光回線

 光ファイバーというケーブルを使ったインターネット回線で、現在主流に使われているものです。速度が一番速く、安定しているため、快適な環境のもと利用できます。通信制限がないので、インターネットを頻繁に利用するユーザーに適しています。

【有線】ADSL 

  電話回線を使ったインターネット回線です。面倒な工事の立ち合いなどがなく、気軽に利用を開始できるメリットがあります。しかし速度が遅いため、インターネットを頻繁に使う方には向いていません。現在、新規の申し込みを停止している会社もあり、光回線対応エリアではADSLのサービス提供を終了する流れとなっています。

【有線】CATV 

 ケーブルテレビの回線を使ったインターネット回線です。インターネットの利用にあわせて、さまざまなテレビチャンネルを視聴できるのが大きな特徴となっています。あくまでもテレビ回線のため、光回線よりも速度は遅いです。

【無線】モバイル回線

 スマートフォンやモバイルルーターで利用する、無線のインターネット回線です。工事不要で持ち運び可能なため、屋外でも利用できるのがメリットです。ただし、通信制限があるので、長時間の動画視聴や大量のデータのダウンロードなどには適していません。


 飲食店であれば、安定した速度で通信制限なく利用できる光回線がおすすめです。

 今回は、そのなかからNTTフレッツ光ドコモ光NURO光の3つをご紹介します。それぞれどのようなサービスなのか見ていきましょう。

【飲食店向け】①NTTが提供フレッツ光にはうれしいサービスが充実!

 まずおすすめなのが「フレッツ光」。フレッツ光は、NTT東日本・西日本が展開しているサービスです。高品質な光回線を提供し、安定した速度(最大概ね1Gbps)で利用できます。ただし、地域や物件のタイプによっては料金や最大速度が異なることもあります。

 料金体系は以下の通りです。
【NTT東日本】
【NTT西日本】

 料金は税抜き表示です。集合住宅のプランは、建物の戸数によって異なります。
 フレッツ光を使うには別途でプロバイダーの契約が必要となるため、上記の月額料金とあわせて、1,000円前後のプロバイダー料金がかかります。

 予約や出前を受け付けている店舗であれば、ひかり電話の利用もおすすめです
 光回線を使ったサービスなので、別途の電話回線工事は必要ありません。なお、初期費用の内訳にはひかり電話の工事費1,000円が含まれているため、利用しない場合はそのぶん安くなります。

 表にある「2ねん割」と「光はじめ割」は、通常よりも月額料金が安くなる割引サービスです。解約時は、それぞれの解約金と工事費用の残債をあわせた金額が請求されます。

 固定回線以外にも、ルーターを用意すればWi-Fiとしても利用可能です。NTT西日本では、そのWi-Fiを利用した店舗向けのオプションを用意しています。


BGM配信サービス「DoMUSIC」
 アプリのインストールとスピーカーの設置だけで簡単にはじめられ、約1,000タイトルのなかから店舗の雰囲気に合ったものを選んでBGMとして利用可能です。

コミック配信サービス「Doコミック」
 お客さまが自身のスマートフォンやタブレットで店舗のWi-Fiにアクセスするだけで、約2,500冊ものコミックが読み放題になります。

>>著作権料やJASRACを気にせずに使える店内BGMサービス5選!
 
 「DoMUSIC」「Doコミック」は、お客さま満足度の向上が期待できるサービス。ほかでBGMの利用料金などを支払っている場合は、そこにかかるコストを削減することもできますよ。

 このほか、万が一インターネット回線に不具合がみられたときや設定に困ったときには、電話や遠隔操作、訪問にてしっかりとサポートしてくれるので安心です。
「店にあったインターネット回線はどれ?」
>>開店ポータルBizに無料相談する<<

光回線とプロバイダを一元化!光コラボレーションは料金がお得!

 フレッツ光を導入する場合は、NTTプロバイダの2つの契約が必要です。そのため、料金の支払いやサポートも別々で対応しなければなりません。

 そこで、回線業者とプロバイダを一元化し、支払いもサポートもひとつにまとめたサービス光コラボレーションが誕生しました!さまざまな会社が提供していますが、特におすすめなのがドコモ光です。

【関連記事】回線事業者とプロバイダを一体化「光コラボ」の仕組みや乗り換え時の注意点とは?

【飲食店向け】②フレッツ光利用店舗は工事不要のドコモ光



 「ドコモ光」は光コラボレーションサービスのひとつです。フレッツ光と同じ品質で、最大1GBbpsの速度で提供しています。ドコモのスマートフォンを持っていれば、セット割引があるのでさらにお得になるのもうれしいポイント。もちろんほかの携帯キャリアをお使いの方でも利用できます。

 通常、インターネット回線を申し込む場合には工事が必要です。しかし、既にフレッツ光を利用していれば、工事が不要。転用承諾番号を取得するだけで簡単に切り替えられます。毎日つづく営業で、工事日をもうけられない飲食店には、ぴったりのサービスですね。

 料金は安くなりながらも、インターネットや固定電話、Wi-Fiなどのサービスを変わらない品質のまま利用できるのも同サービスならでは。全国で約2,300店舗(2019年12月時点)あるドコモショップでもサポートしているので安心です。

 料金体系は以下の通りです。

 料金は税抜きです。既にフレッツ光を利用しているユーザーは転用、他社で利用している方やなにも利用していない方は新規となります。新規でドコモ光電話を申し込む場合には、事務手数料がプラス1,000円かかります。

 工事費用は、一括もしくは12、24、36、48、60回の分割払いから選択可能。ただし、工事の際に屋内配線を新設しない場合は、一括7,600円、派遣工事無しの場合は一括2,000円になります。
 「もっと詳しくしりたい!」
>>開店ポータルBizに無料相談する<<

【飲食店向け】③快適なネット環境を整えたいなら高速回線NURO光で決まり!



 速さと安さを重視するなら「NURO光」がおすすめです。NURO光は先述したドコモ光同様にプロバイダを一元化したサービス。最大2Gbpsを実現した高速回線で、料金もお得です。
 以前は関東エリアの戸建向けサービスとして提供していましたが、現在は東海エリアや関西エリア、九州エリアと提供範囲が広がっています。「NURO光 for マンション」であればマンションでの利用も可能です。

 またNURO光にはルーターやセキュリティ機能も備わっているので、個々で購入や契約をする必要がないのもポイントです。余計な手間やコストがかからないのはうれしいですよね。

 NURO光の料金体系は以下の通りです。

【戸建て】

【集合住宅】

 料金は税抜き表示です。集合住宅の場合はHands-up会員になる必要があります。Hands-upとは、NURO光の導入にあたり発生する工事費や管理費の支払いに同意している任意団体のことです。月額基本料金とあわせてHands-up会費がかかり、その建物に会員が何人いるかで月額料金が変わります。もしも工事費用の支払いが完了しないうちに解約すると、解約金に工事費の残債が上乗せされた金額が請求されます。

固定電話サービス「NURO光でんわ」
 NURO光でんわは、北海道や関東エリアは月額500円から、東海や関西、九州エリアは月額300円からで利用できます。NURO光同士はもちろん、ソフトバンクグループが提供するBBフォンなど、無料通話サービス連携機能も豊富に揃っています。なお、NURO光でんわを利用する場合は、回線工事費が別途で3,000円かかります。
 「NURO光についてもっと細かく知りたい」
>>開店ポータルBizに無料相談する<<


【飲食店向け】インターネット回線選びのポイント


 上記でご紹介したもの以外にも、インターネット回線にはたくさんのサービスがあります。自分のお店にあうものはどれなのか、選ぶときのポイントをご説明します。

 注目するポイントは、「お店がある地域」「建物のタイプ」「使用予定量」「用途」「予算」「携帯電話のキャリア」です。

 地域や建物によって使える光回線は異なるため、まずは自分のお店で何が使えるのかを確認しましょう。そのなかから、希望の利用スタイルにあったものを予算と相談しながら決めていきましょう。携帯電話のキャリアや契約内容によっては割引が適用されることもあるので、それも加味して選べばよりお得に使うことができます。

 また、光回線によっては、個人向けのプランと法人向けのプランを用意しているものもあります。よほど使用量が多かったり規模の大きいお店でなければ、個人用プランで充分使えます。
★光回線の比較に関する記事はこちら★
法人・個人に人気の光回線15選!【ご相談無料】

開店ポータルBizに無料相談!ネット回線を導入・見直して集客アップを目指そう


 飲食店におすすめなのは、フレッツ光、ドコモ光、NURO光です。どの光回線にも、便利なサービスがさまざま備わり、飲食店にとって大きなメリットをもたらします。それらのサービスを上手に活用すれば、集客効果やお客さま満足度の向上も期待できるはずです。
 開店ポータルBizでは、お客さまにあったインターネット回線を専任のコンシェルジュが無料でご提案しております。お客さまの状況をヒヤリングしたうえで最適なサービスをご紹介いたします。ご相談は無料となっておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

開店ポータルBizへ無料相談する

お困りごとはありませんか?お気軽にご相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2019/12/15