集客方法・HP制作

緊急事態宣言解除 営業再開のお知らせ文の書き方【例文・サンプル】

開店ポータル編集部
2020/05/18
 5月14日、特に感染状況が深刻な8つの都道府県を除く39県で緊急事態宣言が解除されました。とはいえ、完全にもとの生活に戻れるわけではありません。感染拡大の第二波に注意しながら、新しい生活様式を続けるべきといわれています。それでは、営業再開のさいにはどのようなことに気を付け、どのようなお知らせを出すべきなのでしょうか。
 
 これまで休業していた店舗が営業再開するさいに掲示するお知らせ文について、考えてみましょう。

緊急事態宣言が解除されたら通常営業しても良い?


 緊急事態宣言の解除を受けて、続々と飲食店も営業を再開しはじめました。とはいえ、まったく今まで通りに営業をはじめていいというわけではありません。なぜなら、いま騒がれているウイルスが消滅したわけではないからです。

 感染拡大の第二波、第三波がいつ襲ってくるか、誰にも予測がつきません。そこでいま一番大事なのは、感染防止対策を徹底して、規模を縮小するなどして営業し、様子を見ること。
 営業再開した途端に自店でクラスターが発生するようなことがあれば、この先、いつまでも営業を再開できなくなってしまいます。

営業の際は「感染防止対策」を徹底しよう


 飲食店ですぐに実践できる感染防止対策をみていきましょう。

①席数を減らして席の間隔をあける

 「密接」「密集」を避けるために、席数を減らして、席の間隔を広げましょう。店前に行列ができる場合は、間隔をあけて並んでもらえるよう誘導することも忘れてはいけません。

②定期的に窓や入口を開放して換気する

 「密閉」を避けるために、定期的に窓や入口を開放し、換気をおこないましょう。また、入口を開放することは営業を再開しているという何よりのアピールになります。お客さまを呼び込む方法としても有効です。

③しばらくは時短営業で様子を見る

 お客さまが長時間滞在すると、ウイルスに感染しやすい状況が生まれてしまいます。時短営業をすることで、感染のリスクを減らすこよにつながります。

④消毒用アルコールや次亜塩素酸水で除菌を徹底する

 消毒用アルコールや次亜塩素酸水で、ドアノブやテーブルなど人が触れやすい場所を定期的に消毒しましょう。アルコールと次亜塩素酸が混ざると塩素ガスが発生してしまうため危険です。二つの消毒液が混ざらないように、使い分けをおこなうなど徹底しましょう。

⑤入り口に消毒用アルコールを置く・トイレに除菌石鹸を設置する

 入店時に手指を消毒できるよう、入り口には消毒用アルコールを用意しましょう。トイレの洗面台には殺菌効果のある石鹸を設置し、手指を洗浄できるようにするとよいです。

⑥大皿料理の提供やトングの共有を避け、個別提供する

 大皿料理を提供してカトラリーやトングを共有すると、感染のリスクが高くなってしまいます。大皿料理やグリルを囲んで料理をつつくような提供方法はやめ、個別で料理を提供しましょう。

【人気記事】新型コロナ 通常営業再開に向けて飲食店に必要な「ウイルス対策」おすすめアイテムはコレ!

営業再開のお知らせ文に盛り込む内容は?


 営業再開を決めたら、HPや店頭にお知らせ文を掲示しましょう。そのさい、明記しておくとベストな内容はつぎのとおりです。お知らせを出すときの参考にしてみてください。

●日頃の感謝の言葉

 書き出しに一言、お客さまへの日頃の感謝を述べましょう。

●営業を再開する期日、新しい営業時間

 何月何日、何時から営業を再開するか、見やすいように太字や大文字で表示しましょう。時短営業をする場合は、新しい営業時間についても明記しましょう。

●再び営業を自粛する場合があることを記載する

 新型コロナウイルスの流行は、第二波、第三波の流行が予測されています。再び緊急事態宣言が発令された場合に、営業を自粛する可能性があることについても触れておきましょう。

●取り組んでいる感染防止対策を提示する

 店側が取り組んでいる感染防止策について明記すると、お客さまに安心感を与えることができます。

●お客さまにも協力してもらいたい感染防止対策を提示する

 手指の消毒や短時間滞在への協力など、感染防止のためにお客さまの協力は欠かせません。お客さまにも協力してほしいことについて触れるとよいでしょう。
「客離れに困ってる…」
>>開店ポータルBizに無料相談する<<


 
>>テイクアウトのメリット・注意点・接客ポイント!売上をアップさせる方法は?

営業再開のお知らせ文【例文・サンプル】



▼テキスト▼

※メール・LINEなどで送るさいに、コピーしてお使いください

営業再開のお知らせ
 平素は当店をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 長らく営業を休止しておりましたが、5月14日の緊急事態宣言の解除を受けまして、当店は下記の日程で営業を再開いたします。

 営業再開に際して、感染防止対策を徹底いたします。安心して当店をご利用ください。
 お客様のご来店をお待ちしております。
 
【期日】
○月〇日

【営業時間】
11:00~14:00 17:00~20:00
(当面の間時短営業をおこないます)
 

 感染状況が悪化し、再び緊急事態宣言が発令された場合など、状況を見て再び営業を休止する場合がございます。その際は、改めてお知らせいたします。
 

●●●(店舗名)
お問い合わせ XXXX-XX-XXXX
URL https://XXXX.jp

感染防止対策の取り組み【例文・サンプル】




 

▼テキスト▼

※メール・LINEなどで送るさいに、コピーしてお使いください

当店の感染防止対策に関する取り組み
 当店では感染防止のため、以下の取り組みをおこなっています。当店のご利用に際して、お客様にも感染防止のご協力をいただきますので、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

1.ドアノブやテーブルを消毒薬で除菌いたします。

2.スタッフはマスクを着用して営業いたします。

3.定期的に換気のため窓や入口を開放いたします。暑さ寒さに対応できる服装でお越しください。

4.入店時に手指の消毒をお願いいたします。また、トイレをご利用の際は石鹸で手を洗浄していただきますようお願いいたします。

5.密接・密集を避けるために席数を減らしております。なるべく間隔をあけて密接になる状況を避けてご利用いただきますようお願いいたします。

6.当面は大皿料理の提供を中止し、お客様一人ひとりに個別で料理を提供いたします。トングや箸の共有はせず、お客様一人ひとりが使い分けていただきますようお願いいたします。

7.滞在時間が長くなると感染のリスクが高まります。長時間ご利用のお客様には、スタッフからお声がけをさせていただく場合がございます。



【人気記事】 【デリバリー】UberEats出店で赤字脱却!売上・集客力向上の仕組みと注意点

営業再開・店舗経営のお悩みは、開店ポータルBizにご相談ください!


 営業再開のためには、店側の取り組みだけでなく、お客さまにも協力してもらうことが大切です。なにより、自店でクラスターを発生させることは避けなければなりません。
 感染防止対策を徹底して、きちんと対策をおこなっていることをアピールし、お客さまに安心して来店してもらえるお店づくりをおこないましょう。

【人気記事】 アフターコロナ営業 飲食店経営はどうすべき?
 開店ポータルBizでは、店舗運営に関するお悩みのご相談を無料で承っております。あわせて、固定コストの大幅削減方法をご提案しているほか、地域やお店にあった集客方法をご提案いたします。相談費用はかかりませんので、まずはお気軽に、下記フォームよりお問い合わせください。

開店ポータルBizへ無料相談する

お困りごとはありませんか?お気軽にご相談ください。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号
お問い合わせ内容必須

お問い合わせには、当社の「プライバシーポリシー」への同意が必要となります。

開店ポータル編集部
2020/05/18