経営支援

飲食店の人手不足は「負のスパイラル」解消する方法とは

開店ポータル編集部
2019/08/17
 飲食店にとって人手不足は頭の痛い問題です。大手チェーン店のワンオペ過労死が問題となって以来、飲食店にマイナスイメージを持つ人が増え、働き盛りの世代の飲食店離れが加速しています。

 では、どうしたら人手不足を解消出来るのでしょうか。今回は人手不足の原因と、解消方法について考えていきましょう。

人手不足の原因は「負のスパイラル」


 近頃世間を騒がせた大手チェーン店のワンオペ問題、過労死問題から、飲食店にブラックなイメージが付き、飲食店を希望する求職者が少なくなりました。では、「なぜそのような問題が起きたのか?」というと、ここで関係してくるのも離職率の高さ。「人手不足により、ワンオペにせざるを得なくなった」という負のスパイラルが挙げられます。

なぜ従業員は辞めていくのか

・給料が安い
・拘束時間が長い
・仕事が厳しい、パワハラ・セクハラがある
・シフトが不規則で休みが潰れる、または急に休みになる日がある
・お客様のクレームによるストレス


 原因はさまざまありますが、飲食店では、これらが原因となり短期間で辞めてしまうことが多いようです。
 そして、次々と従業員が辞めていくことで、以下の状態に陥ることになります。

・スタッフ一人ひとりの仕事量が増える
・料理の提供時間が遅れがちになる
・教育に時間を割けない、十分な教育が受けられない
・サービスの質が低下する
・クレームが増え、ストレスが増える
・売り上げが減り、給料が払えなくなる


 こうなってしまっては、いくらオープニングの時にホワイト経営だったとしても、ブラック経営化してしまい従業員がますます定着しなくなってしまうでしょう。

 この状態を打破するには、人手不足を解消するしか方法はありません。
 求職者を集める方法を見ていきましょう。

求職者を集める方法3つ

 求職者を集める方法は3つあります。

①SNSやホームページでアピールする
②働くメリットを作る
③外国人を雇用する


 それでは、一つずつ順に見ていきましょう。

①SNSやホームページでアピールする


 第一に、アルバイト情報誌やタウン情報誌でアピールする方法が挙げられますが、情報誌の限られたスペースでは十分にアピールすることが出来ません。

 そこで、SNSやホームページを作って、店の雰囲気や求める人材をアピールしましょう。普段から楽しい雰囲気をアピールしていれば、求職者も「ここで働きたい!」という気持ちを抱きやすくなります。

②働くメリットを作る


 「楽しい職場です」「元気な人を募集」だけでは他店の求人情報に埋もれてしまいます。そこで、他店に負けないメリットを作りましょう。

・時給が高い
・福利厚生がしっかりしている
・まかないが美味しい
・従業員割引がある
・社員登用有
・シフトにゆとりがある
・副業可能
・海外研修がある


 など、自分の店にしかないメリットをアピールして、求職者にとって魅力的な求人情報を打ち出しましょう。
 

③外国人を雇用する


 2019年4月に入管法が改正され、「特定技能1号」「特定技能2号」という外国人の在留資格が創設されました。これは熟練した技能を持つ人、専門的な知識を持つ人に在留資格を与えるというもの。

 これにより、外国人も飲食店で働けるようになりました。外国人スタッフを雇えばインバウンド対策に力を発揮してくれることが見込めます。

スタッフを長期に定着させる方法

 せっかく新たにスタッフを雇用出来ても、長続きしなければ意味がありません。
 長期にわたり定着してもらうために、以下の3つについて、考えましょう。

①トライアル期間を設けて教育する
②労働基準を守り、休日や勤務時間を調整する
③券売機や食洗器を導入してスタッフの負担を減らす

 

①トライアル期間を設けて教育する


 例え他のお店で経験があったとしても、あなたのお店のルールはあなたのお店で働かなければわかりません。
 新人であっても経験者であっても、トライアル期間をしっかり設け、時間をかけて教育していきましょう。

 当たり前ですが、その際に、怒鳴る、パワハラ・セクハラなどをするようでは定着から遠のくばかりです。教育する側も学ぶ気持ちで指導にあたりましょう。
 

②労働基準を守り休日や勤務時間を調節する


 労働基準法を守らなければ法律違反です。労働基準を守り、スタッフに無理なく働ける労働時間、休日を設定しましょう。

 スタッフが休みを取りやすいように、シフトの申請スパンを短くして、柔軟に対応出来るよう労働環境を整えるのもいいですね。もちろん、求人募集時に約束した福利厚生を守ることを忘れてはいけません。
 

③券売機や食洗器などを導入してスタッフの負担を減らす


 それでも人手が足りない場合は、業務効率を高める機械やサービスを導入して、作業の効率化を図りましょう。

 券売機や食洗器もいいですが、少ない人数でお店を回すには、まずはオーダー業務を見直しましょう。

 ハンディを導入することで、リアルタイムで厨房とホール、そしてレジでオーダーの情報を共有することが出来ます。メモのように書き漏らしや読み間違いをするリスクも減り、オーダーミスによる食材のロスやクレーム処理を未然に防ぐことが出来ます。
>>飲食店経営の救世主! 「ハンディ」導入のメリットとは?こちらをクリック!

 テーブルに設置した端末からお客様が直接オーダーできるテーブルトップオーダーシステムもおすすめです。このシステムを導入すれば、オーダーを取りにいく従業員は必要ありません。人手不足の飲食店にとっては強い味方となってくれますよ。
>>テーブルトップオーダーシステムが飲食店にもたらすメリットとは?こちらをクリック!

快適な労働環境を整える


 人手不足の問題は、ブラック飲食店化の負のスパイラルに陥り、最悪の場合、倒産・閉店を招きます。

 そうなる前に、人手不足解消のために自店で出来る対策を考え、快適な労働環境を整えましょう。

 
開店ポータル編集部
2019/08/17