集客方法・HP制作

飲食店 売り上げUPの近道は女性客を意識すること?!女性客に対して効果的なアプローチ法とは

開店ポータル編集部
2019/06/01

 お店を開店する際に、必ず考えなければならないターゲット。あなたのお店はどのようなお客様をターゲットにしていますか?サラリーマン、ファミリー、主婦、学生、カップル…想定するターゲットに見合ったメニューや内装、サービスを提供しているにもかかわらず売上が伸び悩み、“ターゲットを見直そう”と考えているお店も多いのではないでしょうか。

 そんなお店におすすめしたい効果的なターゲットは、ズバリ“女性客”。
 本記事では、女性客を意識することはなぜ売上げUPに繋がるのかそして女性客に対して効果的なアプローチ法を見ていきましょう。


男性の消費活動にも女性が大きく関わっているって知ってた?

 日本の消費財の80%は、女性が決定していることを、ご存知でしょうか。これは、女性客を意識した店づくりをおこなうこと=集客に繋がるといっても過言ではありません。女性は、消費活動にとても積極的です。美容や健康、習い事など、女性は自分を高めるためには時間もお金も惜しみません。さらには交際相手、夫、子供、親の消費活動にも積極的に関わろうとします。食事、日用品、保険、車の購入や住宅ローンまで、財布の紐は女性が握っている場合が多いのです。

 また、直接的な面だけではなく、間接的な消費活動も期待できるのが女性の特徴でもあります。女性は自身で購入したものや、食べたもの、行ったお店などを周囲の人たちに惜しみなく伝えてくれます。自分が良いと思ったものを口コミで拡散し、その感動を分かち合おうとするのも女性ならではの特徴なのです。最近ではSNSの普及によりその拡散力は勢いを増し、“気付いたらお客様が広告塔になってくれていた”なんてこともあります。
 

女性客の心を掴むには“女性の思考”を知るべし!

 日本の管理職の9割は男性と言われています。そのため、新商品の開発やマーケティング戦略は男性目線・男性主導で行われる場合が多いのです。しかし、消費活動に積極的なのは女性。女性の心を理解しようとせずに、男性目線で消費者に訴え続けていては、すれ違いが生まれるのは当然のこと。お店のメニュー開発や広告、内装などには、積極的に女性目線を取り入れていきたいところです。では、女性の思考の傾向にあわせたアプローチには、どのようなものがあるのでしょうか。

1.“安心感のある広告”で訴える

 ラーメン店で“この激辛に耐えられるか?!”などの挑戦的な広告を目にしたとき、“試してやろう!”と思わず注文してしまうのが男性ですが、女性は“試食・試着・試供品”など、堅実な方法で試し、安心感を得ようとする傾向にあります。たとえばメニュー表の、“お店No.1人気!”などの情報を見て「多くの人が食べているメニューなら、きっと美味しいはず!」と思うことで、安心して注文できるのです。買い物にはリスクがあるもの。それをなるべく避けたいと思うのが女性です。
 

2.視覚効果を狙った“美しいもの”

 男性は、はっきりとしたわかりやすい色を好むことが多く、メニュー表ひとつとっても、整列した活字を好み、分かりやすくインパクトのあるものを選びがちです。この点、女性は男性より微細な色の違いを見分けることを得意としています。メニュー表は写真を大きくし、やわらかい書体を使用すると良いでしょう。手作り感のあるお洒落な内装や、可愛い盛り付けなど、視覚効果を狙った演出は女性の大好物。写真に撮ってSNSで拡散し「美しい!」「おいしい!」を他人と分かち合ってくれるはずです。
 

3.“変化”が楽しめるもの

 男性は、一度「このお店が美味しい。」と感じると、通い詰める傾向にあります。また、食べ物も“日替わり定食”より、好みのメニューで「いつもの!」と注文する方が多いのではないでしょうか。それに対して女性は、新しいお店や、新メニューに興味を持ちます。また、いろいろなものを少しずつ食べて味の変化を楽しみ、デザートは別腹というのも女性の特徴です。これを上手に利用して、リーズナブルにその欲を満たしてくれる“レディースセット”を提供しているお店も多いですよね。



 ひとむかし前と比べて、女性のライフスタイルが多様化している現代では、独身のまま仕事を続ける人、専業主婦になる人、仕事と育児をする人、結婚して子供を作らない人、育児がひと段落して仕事に復帰する人。女性の社会進出が増加したことで、女性の消費行動はより活発になっています。そのため、商品を女性の消費活動に結びつけるためには、多様化した女性のニーズを理解し、“今欲しい物”に訴える必要があります。とはいえ、全てのニーズにこたえることはなかなか難しいこと。まずは、ここで取り上げた3つのポイントをおさえてアプローチをするとよいでしょう。


女性心を理解することは人気店への近道!

 女性客の来店が増えることで、さらにほかの女性客はお店に入りやすくなります。そして、それは男性客に対しても同様です。女性に人気のお店ならば、彼女や女友達を連れて訪れやすくなるものです。

 日本の管理職の9割は男性と言われていますが、日本の消費財の80%を決定しているのは女性です。人気店を目指すならば、このことに焦点をあてて女性マーケティングをおこないましょう。いまひとつ売上が伸び悩んでいるとお悩みのオーナーさんは、思い切って女性向けに路線を変更してみるのも一つの手ではないでしょうか。
 
開店ポータル編集部
2019/06/01