集客方法・HP制作

飲食店にWeb集客は必須!集客に有効な5つの無料サービスとは?

開店ポータル編集部
2018/06/14
 「新規顧客が来なくて客数が増えない」、「リピーターがつかなくて入客が不安定」など、多くの飲食店が抱えている集客の悩み。

 一人でも多くの人にお店の存在を知ってもらい足を運んでもらうきっかけを作るために、多くの飲食店が広告掲載やクーポンの発行、期間限定キャンペーンなどさまざまな試みをしています。しかしそれをするにもけっこうな費用がかかり、なかなか継続が難しいことも。

 そこで「集客はしたいけど費用はできるだけ抑えたい」といった方に、無料で始められる集客に有効な5つのサービスをご紹介します。まだ導入していないものがあれば是非参考にしてみてください。


1.「Googleマイビジネス」でマップ上に店舗情報を掲載

 道に迷ったときやお店を探すときなどに利用されるGoogleマップですが、地図上に店舗情報が掲載されているのを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 実はこちら、Googleマイビジネスというサービスに登録するだけで、どの店舗でも簡単に店舗情報を載せることができるのです。もし付近の住所が検索された時、地図に店舗名が出ていれば訪れてもらえるチャンスに繋がります。

 登録は簡単。下記URLからビジネス名(店舗名)・住所・電話番号・カテゴリを入力すると、ビジネスオーナーであることを確認するためのハガキもしくはメールが届きます。ハガキに記載されているコードをマイページに入力すれば登録完了です。

 万が一、登録時に新築物件などでGoogleが住所情報が認識しなかった場合でも、マップ上のピンで住所を指定できます。情報の更新は随時可能なので、もし営業時間や定休日などが変わった時でも安心ですよ。

Googleマイビジネス登録:
http://www.google.co.jp/intl/ja/business/

2.ホームページにもなる「Facebookページ」

 写真も文章も投稿できる点から飲食店の登録率が高いFacebook。店舗や会社などビジネス用のFacebookページは、Facebookに登録していない人でも閲覧が可能なため、ホームページのかわりとして利用されるケースもあります

 予約や問い合わせが簡単にできたり、チェックインや店舗評価、クーポン発行など便利な機能が備わっています。ページや投稿をシェアしてもらえれば宣伝効果もありますよ。

 Facebookページを作成するには大前提として、個人アカウントを持っている必要があります。もしお持ちでなければアカウント作成から行いましょう。名前や生年月日など基本情報の入力で完了です。
 そして「ページ作成」ボタンから「ビジネスまたはブランド」を選択、個人アカウント作成時と同様に、案内に従ってカテゴリや店舗名・電話番号・住所など入れていくだけで簡単にFacebookページが作れます。

Facebookアカウント登録:
https://www.facebook.com/

Facebookページ作成:
https://www.facebook.com/pages/create/
 

3.Instagramを使って料理を写真でアピール

 Instagramは写真の投稿がメインのSNS。店舗で提供している料理や商品の写真を投稿することで視覚的にアピールができる、飲食店におすすめです。Instagramのユーザーは若い年齢層や流行に敏感な層が多いため、20代~40代、女性客、カップルなどをターゲットとしている店舗には特におすすめです。

 投稿時のポイントは、「#(ハッシュタグ)」を付けて関連キーワードを入れておくこと。例えばハンバーグの料理なら”#ハンバーグ”と入れることで、ハンバーグで検索されたときにより多くの人に投稿を見てもらえる可能性が高まります。

 登録方法は、携帯電話番号もしくはメールアドレス、アカウント名を登録するもののほか、他のSNSと連動させるといった2つの方法があります。連動させる場合には、該当SNSのID、パスワードを入力してログインするだけなのでとても簡単です。

 登録する際には、「ビジネスアカウント」の設定を忘れずに。そうすることで、予約やお問い合わせ機能を設置できますよ。
 
Instagramアカウント登録:
https://instagram.com/

 

4.「Twitter」のつぶやきで情報を発信

 ”つぶやき”と呼ばれる短い文章で投稿できる気軽さとリアルタイムの情報を配信できることが魅力のTwitter。投稿をすれば「いいね」や「リツイート」、「アクティビティ」や「アナリティクス」で、どれだけの人に見てもらえたか、どのような層の人が気になってくれているのかなどユーザーの反応を確認できます。

 投稿にコメントが寄せられたら、返信をすることができます。コミュニケーションがとりやすいため、親近感をもってもらいやすいのも特徴です。営業時間や本日のおすすめメニュー・商品、混雑状況などこまめに更新することが大切です。Instagram同様にハッシュタグをつければ多くの人に見てもらえます。

 アカウントはパソコンや携帯のメールアドレスがあれば簡単に登録できます。ただし、一つのメールアドレスにつき、作れるアカウントは一つだけ。複数店舗分のアカウントを揃えたければ同じ数だけメールアドレスが必要になります。

Twitterアカウント登録:
https://twitter.com/

5.既存客とのコミュニケーションツール「LINE@」

 いまやLINEはコミュニケーションツールとして最も利用されているといっても過言ではないほど人気のサービスです。LINE@はそれの企業版。

 有料プランがメインですが、無料のプランもあります。LINE同様、まずはユーザーに「友だち」になってもらう必要があります。友だち限定のお得な情報配信やクーポン発行で、リピーター獲得に繋げましょう。

 登録方法も簡単。まずLINE@のアプリをインストールし、既存でお持ちのLINEアカウント情報でログインします。企業名(店舗名)や住所などを入力してアカウント作成を申請。無事に申請が通れば、運用を開始できます。

さまざまな工夫で効率的な集客を

 どれも無料でありながら、登録も簡単。手間や負担なく導入できるのはうれしいところです。大切なのは、導入して満足するのではなく、きちんと運用して活かすこと

 せっかく登録しても更新がおざなりになっていては、かえってお店の印象を悪くしてしまいます。おすすめの運用方法としては、それぞれを組み合わせること。LINE@のQRコードをInstagram に投稿、さらにInstagramの投稿をFacebookページ・Twitterでシェア…さまざまな方法を試し、店舗独自の活用法を見つけましょう。

 
開店ポータル編集部
2018/06/14