集客方法・HP制作

【Web集客は必須!】今すぐ始めたい!集客に有効な5つの無料サービスとは?

開店ポータル編集部
2018/06/14
 ”新規顧客が来なくて客数が増えない”、”リピーターがつかなくて入客が不安定”など、多くの飲食店が抱えている”集客”の悩み。お客様に店舗の存在を知ってもらい、来てもらうきっかけを作るために広告の掲載やお得なクーポンの発行、期間限定キャンペーンなどさまざまな試みをしています。しかしそれをするにもけっこうな費用がかかり、なかなか継続が難しいことも。
 そこで”集客はしたいけど費用はできるだけ抑えたい”といった経営者のみなさまに、無料で始められる集客に有効な5つのサービスと簡単な登録の流れをご紹介していきます。まだ導入していないものがあれば是非参考にしてみてください。


1.”Googleマイビジネス”でマップ上に店舗情報を掲載しよう

 道に迷ったときやお店を探すときなどに利用されるGoogleマップですが、地図上に店舗情報が掲載されているのを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。実はこちら、”Googleマイビジネス”というサービスに登録するだけで、どの店舗でも簡単に情報掲載ができるのです。もし付近の住所が検索された時、地図に店舗名が出ていれば訪れてもらえるチャンスになります。無料で広告を掲載しているのと同じような効果が期待できるので、登録しておきたいですよね。
 登録は、下記URLからビジネス名(店舗名)・住所・電話番号・カテゴリを入力すると、ビジネスオーナーであることを確認するためのハガキが郵送されます。ハガキに記載されているコードをマイページに入力すれば登録は完了です。ハガキが届くまでに多少時間がかかるので、早めに登録を済ませておきましょう。万が一、登録時に新築物件などでGoogleが住所情報が認識しなかった場合でも、マップ上のピンで住所を指定できます。情報の更新は随時可能なので、もし営業時間や定休日などが変わった時でも安心ですよ。

Googleマイビジネス登録:
http://www.google.co.jp/intl/ja/business/

2.ホームページがわりにもなる”Facebookページ”

 写真も文章も投稿できる点から飲食店の登録率が高いFacebook。店舗や会社などビジネス用の”Facebookページ”は、Facebookに登録していない人でも閲覧が可能なため、ホームページのかわりとして利用するケースもあります。予約や問い合わせが簡単にできたり、チェックインや店舗評価、クーポン発行など便利な機能が備わっています。ページや投稿をシェアしてもらえれば宣伝効果もありますよ。
 Facebookページを作成するには大前提として、個人アカウントを持っている必要があります。もしお持ちでなければアカウント作成から行いましょう。名前や生年月日など基本情報の入力で完了します。そして”ページ作成”ボタンから”ビジネスまたはブランド”を選択して、アカウント作成時同様、案内に従ってカテゴリや店舗名・電話番号・住所など入れていくだけで簡単にFacebookページが作れます。

Facebookアカウント登録:
https://www.facebook.com/

Facebookページ作成:
https://www.facebook.com/pages/create/

Facebookページ作成手順:
http://smmlab.jp/?p=28438

3.Instagramを使って料理を写真でアピール

 Instagramは写真を中心としたSNSです。店舗で提供している料理や商品の写真を投稿することで視覚的にアピールができる、飲食店にもおすすめのアプリです。投稿時のポイントは、””(ハッシュタグ)を付けて関連キーワードを入れておくこと。例えばハンバーグの料理なら”#ハンバーグ”と入れることで、ハンバーグで検索されたときにより多くの人に投稿を見てもらえる可能性が高まります。
 登録方法は、携帯電話番号もしくはメールアドレス、アカウント名を登録するもののほか、他のSNSと連動させるといった2つの方法があります。連動させる場合には、該当SNSのID、パスワードを入力してログインするだけなのでとても簡単。アカウントはわかりやすいよう店舗名にしたり、名前やプロフィールも店舗名や住所などにしておけば見つけてもらいやすくなります。
 
Instagramアカウント登録:
https://instagram.com/

 

4.まだまだ人気!SNS代表のTwitterでつぶやきを発信しよう

 ”つぶやき”と呼ばれる短い文章で投稿できる気軽さとリアルタイムの情報を配信できることが魅力のTwitter。投稿をすれば”いいね”や”リツイート”、”アクティビティ”で、どれだけの人に見てもらえたか、どのような人が気になってくれているのかなどお客様の反応を確認できます。また、アンケート機能を活用すれば新メニューの開発にも役立ちますよ。リプライでコミュニケーションがとりやすいため、親近感をもってもらいやすいのも特徴です。営業時間や本日のおすすめメニュー・商品、混雑状況などこまめに更新することが大切です。Instagram同様にハッシュタグをつければ多くの人に見てもらえます。
 アカウント登録はパソコンや携帯のメールアドレスだけでも可能です。ただし原則として1つのメールアドレスからは1つのアカウントしか作成できないので、複数店舗分のアカウントを揃えたければ同じ数だけメールアドレスが必要になります。

Twitterアカウント登録:
https://twitter.com/

5.既存客とのコミュニケーションツールLINE@

 いまやLINEはコミュニケーションツールとして最も利用されているといっても過言ではないほど人気のサービスです。LINE@はそれの企業版。元々は有料プランがメインですが、プランの一つに無料のものも用意されています。導入を悩んでいる店舗には嬉しいですね。”友だち”になってくれた方々には一斉にメッセージを送信できますが、コミュニケ―ションは1:1でとることが可能です。友だち限定のお得な情報配信やクーポン発行で、リピーター獲得に繋げることができます。
 登録するには、まず”LINE@”のアプリをインストールし、既存でお持ちのLINEアカウント情報でログインする必要があります。そこで企業名(店舗名)や住所などを入力してアカウント作成の申請をします。無事に申請が通れば、企業向けの”認証済みアカウント”と認められて運用できるのです。

さまざまな工夫で効率的な集客を

 ほとんどが基本情報入力のみの簡単登録ですぐに始められるため、手間や負担なく導入ができます。無料なのでどれも試してみる価値ありです。しかしここで大切なのは、導入することでなくそのサービスをどのように活かしていくのかということ。せっかく登録しても更新がおざなりになってしまったり有効的に使えなければ意味がありません。さまざまな方法を試し、店舗独自の活用法を見つけてをお客様にあわせた取り組みを行っていく必要があります。集客にかけるコストが浮いた分、料理やサービスの向上により一層力を入れてお客様に”行ってみたい”、”また来たい”と思ってもらえる店舗を目指していきましょう。


 
開店ポータル編集部
2018/06/14